« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の八-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 »

2008年7月23日 (水)

何故か未登録でしたので。

噂の"ハート馬"をPedNet登録しておきました。という訳で彼の血統を改めて確認してみましょう。

マサノウイズキッド 牡 黒鹿毛 2006.3.16生 日高・道見牧場生産 馬主・中村正子氏 北海道・堂山芳則厩舎

マサノウイズキッド(2006.3.16)の4代血統表

ゴールドヘイロー[A]
黒鹿毛 1997.4.16
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニアーザゴールド
鹿毛 1991.4.15
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr.Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
ニヤー
栗毛 1985.2.22
Northern Dancer 1961.5.27
Far 1979.3.19
ファーストクラス
栗毛 1989.3.1
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.75
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
Your Host 1947
Wisteria 1948
スイートコンコルド
鹿毛 1978.3.13
仔受胎時活性値:0.50
パーソロン[E]
鹿毛 1960
種付け時活性値:0.25
Milesian 1953
Paleo 1953
スイートルナ
栗毛 1972.5.4
仔受胎時活性値:1.25
スピードシンボリ[A]
黒鹿毛 1963.5.3
種付け時活性値:0.00
ダンスタイム
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

マサノウイズキッド(2006.3.16)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トウショウボーイ
(Black Servant)
5.25 or 3.25 祖母の全弟シンボリルドルフ
(No.11-C)
13番仔
(不受胎後)

で、出たな。父0遺伝+母2遺伝で、かつ母が不受胎後の仔。配合については何も言いますまい……、と思いましたが、父ゴールドヘイローについてちょっとだけ記述しておきます。

ゴールドヘイローは南関東・大井で現年齢表記2歳から4歳時に8戦5勝。脚元の不安との戦いもあり条件クラスのみの勝利でした。引退後は、父SSと母方の血筋の良さから、ミルジョージ(1975.4.12)の繋養で知られる中村畜産で種牡馬入りしました。

ゴールドヘイローのごく簡単な近親牝系図を示しておくと、

Foreseer 1969.4.12 米3勝 サンタイネスS2着
|Good Thyne 1977.2.18 愛英3勝 愛セントレジャー(GI)2着
|Far 1979.3.19 米4勝 ジューンダーリングS3着
||ニヤー 1985.2.22 米3勝
|||ニアーザゴールド 1991.4.15 不出走
||||ロードプラチナム 1996.3.11 中央5勝 函館記念(現JpnIII) 大阪杯(GII)2着 AJC杯(JpnII)2着
||||ゴールドヘイロー 1997.4.16 (本馬) 南関東5勝
||Yonder 1987.4.10 米4勝 ジャージーダービー(GII) レムスンS(GII)
|Caerleon 1980.3.27 仏英愛4勝 仏ダービー(GI) ベンソン&ヘッジスGC(英GI) アングルシーS(愛GIII)
|ヴィジョン 1981.4.5 米5勝 セクレタリアトS(GI) ピルグリムS(GIII)
|Merce Cunningham 1984.5.16 仏英米6勝 モーリスドニュイ賞(仏GII)

半兄にロードプラチナム、高祖母Foreseerの仔にCaerleon、ヴィジョンなどの活躍馬がいます。やはり、特にCaerleonと同牝系であることが強調点だったのでしょう。肌馬を初年度2004年に58頭、2005年に86頭、2006年に92頭と右肩上がりで集めています。2005年生まれの初年度産駒25頭の中から、交流重賞エーデルワイス賞(JpnIII)2着のモエレプット(2005.3.19)、中央で産駒として初勝利を挙げて葵S(OP)2着にも入ったアポロラムセス(2005.1.29)などが出ています。

競走歴がマイナーな成績あるいは不出走で、種牡馬として功名を遂げたSS産駒には、エイシンサンディ(1993.4.4)、ニューイングランド(1997.4.4)などの名前が挙がります。ゴールドヘイロー、彼らに続いていけそうな勢いはあります。

閑話休題。

では、以下にマサノウイズキッドのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

スイートルナ 1972.5.4 中央1勝
|シンボリフレンド 1977.2.27 中央5勝 京王杯SH(現京王杯SC、GII)
|スイートコンコルド 1978.3.13 中央3勝
||ファーストクラス 1989.3.1 不出走
|||アズサユミ 1995.3.21 中央1勝
||||クランエンブレム 2004.2.23 現役ウォーエンブレム(1999.2.20)産駒として最初に勝利-
||||ラルケット 2005.3.5 現役 クイーンC(JpnIII)3着
|||タカオサクセス 1996.2.23 中央2勝 サフラン賞 ダリア賞(OP)2着 芙蓉S(OP)3着
||||タカオルビー 2000.3.27 中央5勝 アイビスサマーダッシュ(現JpnIII)2着
|||マサノウイズキッド 2006.3.16 (本馬)
|シンボリルドルフ 1981.3.13 日米13勝 GI(現JpnI含)7勝含む重賞10勝

曾祖母の仔に絶対皇帝の姿が見えますね。また、近親馬の活躍から、ファーストクラスの子孫がスイートルナ系のメインストリームと成りつつあるようです。

大叔父の額には三日月、そしてマサノウイズキッドの額にはハート。果たして、同じく特徴ある星を持つ偉大すぎる大叔父に、少しでも近づくことが出来るでしょうか。マサノウイズキッドのこれからに刮目しましょう♪

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の八-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41943602

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か未登録でしたので。:

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の八-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 »