« 無題。 | トップページ | 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 »

2005年11月 8日 (火)

「エリザベス女王杯(GI)」と聞くと、ホクトベガ(1990.3.26)とヒシアマゾン(1991.3.26)の揃い踏みを思う。

古馬開放初年度、1996年の第21回エリザベス女王杯。中野隆良厩舎の名牝2頭、生涯初めての揃い踏みでした。かたやダートの女王、こなた前年の最優秀古馬牝馬、そのまた前年の最優秀3歳牝馬、そのまた前年の最優秀2歳牝馬(笑)。

ホクトベガ、ダートの女王は芝GI馬でもあります。5着入線でしたが、上がり3ハロン33秒7の鬼脚は、出走馬中最速の上がりでした。記録によると、この上がりタイムは、全レースにおけるホクトベガ自身の最速上がりタイムでした。

ヒシアマゾン、初めての揃い踏みが嬉しかったのでしょうか。ゲートにもぐりこんで、外枠発走。それでも、キッチリと「2着入線」を果たしました。レース前からアピールを続けて、女王はしっかりと女王であり続けました。

厩舎にいる時は、鼻面を並べ、いっしょに水浴びをしていた両頭。放牧に出された時は、くつわを並べ、いっしょに並足で歩みを進めた両頭。すごい2頭が、時を同じくして、よくぞ同じ厩舎にいたものです。

皆様お気付きですよね、ホクトベガとヒシアマゾン、両頭は同じ3月26日生まれでもあります。仲良しだったという名牝2頭は、生まれ日から結び付きがありました。

|

« 無題。 | トップページ | 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/6976815

この記事へのトラックバック一覧です: 「エリザベス女王杯(GI)」と聞くと、ホクトベガ(1990.3.26)とヒシアマゾン(1991.3.26)の揃い踏みを思う。:

« 無題。 | トップページ | 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 »