« 第60回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 2015年の香港国際競走の勝ち馬2騎。 »

2015年12月27日 (日)

第60回有馬記念(GI)の勝ち馬。

ゴールドアクター 牡 青鹿毛 2011.5.18生 新冠・北勝ファーム生産 馬主・居城要氏 美浦・中川公成厩舎

ゴールドアクター(2011.5.18)の4代血統表
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
種付け時活性値:1.50

グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダイナアクトレス
鹿毛 1983.5.4
ノーザンテースト 1971.3.15
モデルスポート 1975.2.23
ヘイロンシン
黒鹿毛 1999.4.14
仔受胎時活性値:0.75

キョウワアリシバ
鹿毛 1990.3.31
種付け時活性値:0.00
Alysheba
鹿毛 1984.3.3
★Alydar 1975.3.23
Bel Sheba 1970.1.29
Sulemeif
栗毛 1980.4.26
Northern Dancer 1961.5.27
Barely Even 1969.4.22
ハッピーヒエン
栗毛 1987.3.30
仔受胎時活性値:0.75
マナード
黒鹿毛 1973.2.26
種付け時活性値:1.25
Captain's Gig 1965.3.5
Slipstream 1967
ブゼンフブキ
鹿毛 1977.4.3
仔受胎時活性値:0.25
セダン
鹿毛 1955.3.9
種付け時活性値:1.25
トサクイン
鹿毛 1960.3.16
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason5×5、Northern Dancer5×5×4>

ゴールドアクター(2011.5.18)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スクリーンヒーロー
(Roberto系)
★キョウワアリシバ
(Alydar系)
マナード
(Turn-to系)
セダン
(Prince Bio系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
スクリーンヒーロー 3.75 or 1.75 母がジャンプOP特別勝ち馬
(No.1-p ミアンダー系)
3番仔
(2連産目)

*

第60回有馬記念(GI)の結果(上位8頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 ゴールドアクター 牡4 57 吉田隼人 2:33.0    34.8 494
[+4]
中川公成 8
2 9 サウンズオブアース 牡4 57 M.デムーロ 2:33.0 クビ 34.7 502
[0]
藤岡健一 5
3 11 キタサンブラック 牡3 55 横山典弘 2:33.1 3/4 35.1 526
[-4]
清水久詞 4
4 16 マリアライト 牝4 55 蛯名正義 2:33.1 アタマ 35.0 434
[+4]
久保田貴士 12
5 4 ラブリーデイ 牡5 57 川田将雅 2:33.2 1/2 34.7 488
[+2]
池江泰寿 2
6 10 トーセンレーヴ 牡7 57 H.ボウマン 2:33.3 クビ 34.4 480
[+2]
池江泰寿 14
7 5 アドマイヤデウス 牡4 57 岩田康誠 2:33.3 ハナ 34.9 484
[+4]
橋田満 11
8 15 ゴールドシップ 牡6 57 内田博幸 2:33.3 クビ 35.2 508
[-2]
須貝尚介 1

銀幕の英雄の仔が、2015年最後の大舞台で最優秀主演男優賞を勝ち取りました。ゴールドアクター満4歳の秋、父スクリーンヒーローの軌跡をなぞるかのように、アルゼンチン共和国杯(GII)を制した後に挑んだGIレースで見事に戴冠。オーナーブリーダーである居城要氏(=北勝ファーム)、管理される中川公成調教師、鞍上の吉田隼人騎手、そしてゴールドアクターと、皆が皆、GI初勝利となりました。本当におめでとうございました。

ゴールドアクターの父であるスクリーンヒーローは、完全にコマーシャルベースに載る種牡馬となりましたね。初年度産駒にモーリス(2011.3.2)、ゴールドアクター、2年度産駒にミュゼエイリアン(2012.2.1)、グァンチャーレ(2012.2.27)と、GI勝ち馬2頭を含む4頭のJRA重賞勝ち馬を輩出。その父グラスワンダーが満8歳時の0交配により、父系に活が入り、先祖が多く消却された自力型の種牡馬です。このスクリーンヒーローの種牡馬成績を以て、最強世代と呼ばれた1995年生まれ世代の活躍馬で父系継承できるのは、もしかしたら、栗毛の怪物なのかも知れません。右回りならば最強のグランプリ3連勝馬、グラスワンダー。毛色は違えど、久しぶりに「非根幹距離はRoberto系」を思い出させてくれたのは、孫のゴールドアクターでした。

合わせて、キョウワアリシバがグランプリホースのブルードメアサイアーになる日が来ようとは、驚きと共に嬉しいことです。こちらもゴールドアクターの母であるヘイロンシンに満8歳時の0交配を与えており、0リフレッシュの意味を改めて教えてくれます。キョウワアリシバ、「高性能外車」なんて言葉がもてはやされていた1990年代初頭、キョウワアリシバもマル外として走っていたことを思い出します。よく見直すレースである1995年の朝日チャレンジカップ(現チャレンジカップ、GIII)、マイシンザン(1990.3.7)、スプリングバンブー(1990.5.26)の後に続いたのがキョウワアリシバでした。キョウワアリシバの母Sulemeifの血はその後も日本で活躍し、3冠牝馬スティルインラブ(2000.5.2)、ローブデコルテ(2004.4.28)と、孫の世代で2頭の優駿牝馬(GI)勝ち馬を送り込んでいます。

そしてまた、直牝系の1号族ミアンダー(1948)系にとっても、ゴールドアクターが初めてのGI勝馬となりました。ミアンダー系の分枝馬として、ゴールドアクターの前にJRA重賞を制したのは、1990年の目黒記念(GII)の勝ち馬マルタカタイソン(1986.5.18)というのですから、ゴールドアクターはミアンダー系から四半世紀ぶりに出たJRA重賞勝ち馬だったのです。見れば、ゴールドアクターとマルタカタイソンは同じ5月18日生まれ。同じ生まれ日の2頭によって府中芝2500mのハンデGII勝ちが成され、そうして、ゴールドアクターにより、ついにGI勝ちが果たされました。

意外な血脈から現れた黄金の役者、ゴールドアクター。地味な血統であろうと、強いものは強く、走るものは走る。古馬の中長距離路線の新しい王者として、2016年も強い姿を見せ続けて欲しいと願います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

おまけ。有馬記念の決勝点前後のオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第60回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 2015年の香港国際競走の勝ち馬2騎。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。府中市つのだです。待ちに待っていたゴールドアクターのGⅠ出走。昨年の菊花賞も、一気に流れが早くなる苦しい展開を良く凌いで3着、スローが予想される今年の有馬記念の展開と前走までの馬自身の成長を合わせて期待しておりました。オオハシさんのご指摘のように種牡馬スクリーンヒーローは直父グラスワンダーの0遺伝が高い潜在的素質を産駒に与えているようです。ゴールドアクターはその昨年菊花賞から先着された2頭よりもゆったりとしたローテーションと1000万下条件からの始動となったことが戴冠につながったのではと思います。来年も吉田隼人騎手とゴールドアクターを応援して行きたいと思います。今年もお世話になりました。それでは、良いお年を。

投稿: つのだ | 2015年12月30日 (水) 15時15分

東スポの虎石さんが書いていましたが、吉田隼人ジョッキーは右膝がまだ痛かったみたいです。
しかし、有馬までに絶対に治す、と言っていたそうで、執念が籠もった騎乗だったように思います。
中島理論的にも、おもしろくなってきた、という1年だったような気がします。
来年はどんな馬に出会えるでしょうか。
よいお年を。

追伸
オオハシさん、BCの記事も、首を長くして待っております。

投稿: ゴリ | 2015年12月30日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62949384

この記事へのトラックバック一覧です: 第60回有馬記念(GI)の勝ち馬。:

« 第60回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 2015年の香港国際競走の勝ち馬2騎。 »