« 徹底した自家生産馬、サスガにHis Highness。 | トップページ | 無敗のジョッケクルブ賞(仏GI)馬もご紹介。 »

2008年6月12日 (木)

7週間で帰れ。

どうも。好きな架空馬はヴィップクオリティのオオハシです。ええ、熱い競馬漫画ですね(笑)

という訳で表題の件に関して少しだけ。

カジノドライヴが帰国(netkeiba.com)

今回の米国遠征におけるカジノドライヴの各種日程について
日本を出国した日 ピーターパンS出走日 ベルモントS出走予定日 日本に帰国した日
4月29日 5月10日
(日本では5月11日早朝)
6月7日
(日本では6月8日早朝)
6月11日

出国から帰国まで44日。管理される藤沢和雄調教師、ホンマかウソかは分かりませんが

また、美浦の藤沢和雄調教師は私に、
「中島さんの磁場の記事(『競馬最強の法則』平成10年1月号)が、あと半年早ければ、タイキブリザードを、あのようなローテーションでB.Cには走らせなかった」
と語ってくれたことがあった。その後、師はタイキシャトルを1発勝負でジャックル・マロワ賞に挑戦させ見事制した直後に帰国している。

-中島国治著、サラブレッド0の理論、P59より引用。-

とのことです。この磁場の影響云々については、

サラブレッドは自身が生息している地域の磁場の支配下にある。
同一の磁場の支配地域は経度にして2度以内であり、その範囲で生活するならばなんら支障がない。
しかし、経度2度を超えた場合には脳の視交差上核が元に帰るように指令する。その指令は7週間の間、元の地点の磁場の支配下のままで生きていける。つまり7週間で帰れである。

-中島国治著、サラブレッド0の理論、P60~P61より引用。-

7週間、それは、言わずもがなで49日。間に合うように44日で帰ってこられたのでしょうか?

もし藤沢先生の頭の中で、磁場についての考慮があったならば、中島理論的な考え方も捨てたものではありませんね(笑)

ではでは、今日はこのへんで。

2008/06/15追記。よろしければ、カジノドライヴの4代血統表を。

カジノドライヴ(2005.3.7)の4代血統表
Mineshaft
黒鹿毛 1999.5.17
種付け時活性値:1.25
A.P.Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Prospectors Delite
栗毛 1989.3.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Up the Flagpole
黒鹿毛 1978.5.12
Hoist the Flag 1968.3.31
The Garden Club 1966.4.17
Better Than Honour
鹿毛 1996.2.27
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:0.00
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty's Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Blush With Pride
栗毛 1979.6.5
仔受胎時活性値:2.00
Blushing Groom
栗毛 1974
種付け時活性値:1.00
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Best in Show
栗毛 1965.4.29
仔受胎時活性値:1.25
Traffic Judge
栗毛 1952
種付け時活性値:1.00
Stolen Hour
栗毛 1953.4.15
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:なし>

カジノドライヴの中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Mineshaft 6.00 or 4.00 近親活躍馬目白押し
(No.8-F)
5番仔
(5連産目)

|

« 徹底した自家生産馬、サスガにHis Highness。 | トップページ | 無敗のジョッケクルブ賞(仏GI)馬もご紹介。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

ベルモントS1本に絞られたのは、やはり磁場のことも考慮にあったのでは、と個人的には思っております。

投稿: ゴリ | 2008年6月14日 (土) 13時51分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。

>磁場
やはり「短期決戦が良い」という考えがおありだったのでしょうか。

まま、今回は残念でしたが、また秋に頑張って欲しいものです♪

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました。

投稿: オオハシ | 2008年6月15日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41512868

この記事へのトラックバック一覧です: 7週間で帰れ。:

« 徹底した自家生産馬、サスガにHis Highness。 | トップページ | 無敗のジョッケクルブ賞(仏GI)馬もご紹介。 »