« 第35回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »

2015年12月 7日 (月)

第16回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。

サンビスタ 牝 黒鹿毛 2009.3.18生 新ひだか・グランド牧場生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 栗東・角居勝彦厩舎

サンビスタ(2009.3.18)の4代血統表
スズカマンボ
鹿毛 2001.4.28
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スプリングマンボ
鹿毛 1995.4.16
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
キーフライヤー
鹿毛 1986.3.30
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
ホワイトカーニバル
芦毛 2000.3.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ミシル
芦毛 1988.2.23
種付け時活性値:0.75
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
April Edge
芦毛 1977.3.9
The Axe 1958.5.15
April Bloom 1970.2.28
イエローブルーム
栗毛 1989.3.13
仔受胎時活性値:0.50
パークリージェント
鹿毛 1981.5.26
種付け時活性値:1.75
Vice Regent 1967.4.29
Miss Attractive 1970.3.19
グランドリーム
栗毛 1982.2.18
仔受胎時活性値:1.50
★トウショウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:0.00
エリモルーシー
栗毛 1970.3.5
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4、Northern Dancer5×5>

サンビスタ(2009.3.18)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スズカマンボ
(Halo系)
ミシル
(Mr.Prospector系)
パークリージェント
(Northern Dancer系)
★トウショウボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
スズカマンボ 4.75 or 2.75 母がGIII勝ち馬
(No.16-h)
4番仔
(2連産目)

*

第16回チャンピオンズカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 サンビスタ 牝6 55 M.デムーロ 1:50.4    37.4 476
[+3]
角居勝彦 12
2 1 ノンコノユメ 牡3 56 C.ルメール 1:50.6 1 1/2 36.7 452
[0]
加藤征弘 3
3 2 サウンドトゥルー せん5 57 大野拓弥 1:50.7 クビ 36.6 472
[-2]
高木登 5
4 16 ロワジャルダン 牡4 57 浜中俊 1:50.7 アタマ 37.1 500
[+2]
戸田博文 8
5 13 ホッコータルマエ 牡6 57 幸英明 1:50.7 ハナ 38.1 510
[+8]
西浦勝一 2

「強い牝馬の時代」はまだまだ続きそうです。と、先週の第35回ジャパンカップ(GI)を制したショウナンパンドラ(2011.3.10)の記事でも書きましたが、JRAの砂の王者決定戦でも牝馬が強いところを見せてくれました。サンビスタ、父スズカマンボ、母ホワイトカーニバルというグランド牧場さんの愛の結晶が、中京ダート1800mで、華麗に舞いました。

そうして果たされたのは、JRAのダートGI史上初の牝馬制覇。そしてまた、馬主のヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンにとっては、1989年のエリザベス女王杯(GI)における、サンドピアリス(1986.5.17)以来26年ぶりのJRAGI勝ちとなりました。「サンドピアリスに間違いない!!」と叫ばれた時は20頭立ての20番人気、そして今回のサンビスタも16頭立ての12番人気。「緑、赤襷、赤袖白一本輪」の勝負服を乗せた女馬の一発が、四半世紀をまたいで久しぶりに見られた、という結果でした。

報道によると、サンビスタは、お母さんになる前に、もう1、2走するかもしれないそうな。女という性の素敵なところは、咲き誇る花になれて、なおかつ、いのちを生み出す樹にもなれるところ。サンビスタ、21世紀の砂の女王の血、次代につなげて欲しいと願います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 第35回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62827431

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。:

« 第35回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »