« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の弐)-サクラシンゲキ(1977.3.5)-。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の参)-ヒカリデユール(1977.3.6)-。 »

2013年3月 6日 (水)

ハイセイコー(1970.3.6)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第1回は「特別な馬」を。

ハイセイコー 牡 黒鹿毛 1970.3.6生~2000.5.4没 新冠・武田牧場生産 馬主・(株)王優→ホースマンクラブ 大井・伊藤正美厩舎→東京・鈴木勝太郎厩舎

ハイセイコー(1970.3.6)の4代血統表

チヤイナロツク
栃栗毛 1953
種付け時活性値:0.00
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Rockfel
黒鹿毛 1935
Felstead 1925
Rockliffe 1928
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha
鹿毛 1927
Son-in-Law 1911
Cos 1920
Wezzan
栗毛 1924
Friar Marcus 1912
Woodsprite 1916
ハイユウ
黒鹿毛 1961.4.1
仔受胎時活性値:2.00
カリム
鹿毛 1953
種付け時活性値:1.75
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920
Nogara 1928
Skylarking
栗毛 1947
Mirza 1935
Jennie 1936
ダルモーガン(AUS)
黒鹿毛 1950.8.12
仔受胎時活性値:0.375
Beau Son(AUS)
黒鹿毛 1938
種付け時活性値:0.75
Beau Pere 1927
Banita 1933
Reticent(AUS)
鹿毛 1941
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Hua(AUS)
鹿毛 1934
種付け時活性値:1.50
Timid(GB)
鹿毛 1922
仔受胎時活性値:0.625

<5代血統表内のクロス:Son-in-Law4×5>

ハイセイコー(1970.3.6)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
チヤイナロツク
(Hyperion系)
カリム
(Nearco系)
Beau Son
(Son-in-Law系)
Hua
(Cyllene系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
カリム
(Prestige)
5.00 or 3.00 豪州牝系
(No.12-g)
3番仔?
(前年産駒無し後?)

*

第33回皐月賞(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 調教師
1 7 ハイセイコー 牡3 57 増沢末夫 2:06.7    鈴木勝太郎 1
2 1 カネイコマ 牡3 57 蛯沢誠治 2:07.1 2.1/2 成宮明光 6
3 13 ホウシユウエイト 牡3 57 野平祐二 2:07.1 アタマ 日迫淸 2
4 12 イチフジイサミ 牡3 57 郷原洋行 2:07.3 1.1/2 松永光雄 10
5 5 シヤダイオー 牡3 57 中島啓之 2:07.6 1.3/4 上田武司 7

*

第15回宝塚記念(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 調教師
1 10 ハイセイコー 牡4 55 増沢末夫 2:12.9 レコード 鈴木勝太郎 2
2 8 クリオンワード 牡4 55 安田伊佐夫 2:13.7 5 栗田勝 3
3 9 トーヨーチカラ 牡4 55 田島良保 2:13.9 1 斉藤義美 8
4 1 シヤダイオー 牡4 55 中島敏文 2:14.1 1.1/4 上田武司 11
5 4 ベルワイド 牡6 55 加賀武見 2:14.5 2.1/2 阿部正太郎 6

*

ハイセイコー。その成績を紐解けば、2200m以下の距離では[13-2-0-0]、2200mを超えると[0-2-2-3]。ハイセイコーは母父カリムの血に抗うべく距離に挑みましたが、本質はやはり「中距離の名馬」だったのでしょう。皐月賞、宝塚記念、高松宮杯(現高松宮記念、現GI)、中山記念(現GII)、弥生賞(現GII)、スプリングS(現GII)、NHK杯(旧GII)と1800mから2200mまでの中央重賞7勝を挙げたのでした。

こうなると2200m以下で敗れた2着2回が気になるもので、1回目が満3歳10月の不良馬場の京都新聞杯(現GII)でトーヨーチカラ(1970.5.11)に0秒1差、2回目が満4歳11月の1800mのオープンで「オープン大将」にして最後の中央20勝馬かも知れないヤマブキオー(1970.4.11)に0秒3差でした。

もっとも、そんな記録で推し量れないのが、ハイセイコー。「東京都 ハイセイコー様」で郵便物が届くという伝説を残した馬は、後にも先にも、ハイセイコーだけです。

そしてまた、ハイセイコーが「特別な馬」たる所以は、自身が3着に敗れた日本ダービー(現GI)は初年度産駒カツラノハイセイコ(1976.5.13)が勝利を収めたことにより「ダービー馬の父」となり、サンドピアリス(1986.5.17)でビックリさせ、そしてハクタイセイ(1987.4.17)が父仔2代の皐月賞制覇を飾る等、世代重ねても輝きを失わなかったところ。

ハイセイコー。やはり、空前にして絶後の「特別な馬」でした。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

#余談。

中央時代の主戦騎手が歌を歌って50万枚以上レコードを売り上げられる馬もハイセイコーだけ。

|

« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の弐)-サクラシンゲキ(1977.3.5)-。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の参)-ヒカリデユール(1977.3.6)-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/56895944

この記事へのトラックバック一覧です: ハイセイコー(1970.3.6)。:

« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の弐)-サクラシンゲキ(1977.3.5)-。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の参)-ヒカリデユール(1977.3.6)-。 »