« 第56回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第57回東京大賞典(GI)の勝ち馬。 »

2011年12月25日 (日)

第56回有馬記念(GI)の勝ち馬。

オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

オルフェーヴル(2008.5.14)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト
栗毛 1971
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961
Lady Victoria 1962
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

オルフェーヴル(2008.5.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Djebel系)
◆ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Lt.Stevens
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lt.Stevens
(エレクトロアート)
5.00 or 3.00 全兄ドリームジャーニー
(No.8-c)
5番仔
(5連産目)

*

以下にオルフェーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 中央9勝 有馬記念(GI) 宝塚記念(GI) 朝日杯FS(現GI)含む重賞7勝
|||オルフェーヴル 2008.5.14 (本馬) 日本ダービー(GI) 菊花賞(GI) 皐月賞(GI) 有馬記念(GI) 神戸新聞杯(GII) スプリングS(GII)

*

第56回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 オルフェーヴル 牡3 55 池添謙一 2:36.0    33.3 462
[-4]
池江泰寿 1
2 5 エイシンフラッシュ 牡4 57 C.ルメール 2:36.1 3/4 33.6 488
[-4]
藤原英昭 7
3 7 トゥザグローリー 牡4 57 福永祐一 2:36.1 クビ 33.3 536
[+12]
池江泰寿 9
4 14 ルーラーシップ 牡4 57 I.メンディザバル 2:36.2 3/4 33.2 504
[+6]
角居勝彦 11
5 10 トーセンジョーダン 牡5 57 C.ウィリアムズ 2:36.3 クビ 33.9 482
[+4]
池江泰寿 3

オルフェーヴル、スローペースのヨーイドンの競馬でもまったく隙を見せず、上がり3ハロン33秒3の鋭脚を以てして、古馬を打ち破りました。全兄ドリームジャーニー(2004.2.24)と同じ6枠9番からの発進、ゴールで待っていたのは史上初の有馬記念兄弟制覇と、ナリタブライアン(1991.5.3)以来となる3歳牡馬3冠馬による有馬記念制覇でした。

やんちゃくれの3冠馬オルフェーヴル、来年の最大目標は凱旋門賞(仏GI)であることを池添騎手が言及されていました。オルフェーヴルの持つ破天荒さが、もしかしたら、ロンシャン芝2400mに新しい歴史を刻んでくれるかも知れません。

今は、ただただ、新しいヒーローの行く末を楽しみにしたいと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「おぅら、ここで来るんか、エイシン」と悲しくつぶやくオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第56回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第57回東京大賞典(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。府中市つのだです。
今年の有馬記念はエイシンをあきらめなかったおかげでなんとか的中できました。
ただ、馬券の半分以上はルーラーシップ絡みだったので3着がルーラーならば言うことなし!
だったのですが、それはかないませんでした。
中島理論のもう1つの側面として、『JRAは誰よりも競馬を熟知している。』という点は
今回も生きていました。JRAのコマーシャルで繰り返し流された1990年のレース、
オグリキャップは3月27日生まれで、今回出走馬ではエイシンフラッシュ唯1頭が3月27日生まれ。
そのエイシンが1990年のレースで2着だったメジロライアンの5番枠に入り、図らずも2着。
JRAが結果を予め解っていたかのような結果でした。
来年はオルフェーブルはどのような路線を歩むのか?
まさかJRAのCM通りに”引退レース”となってしまわぬようには祈っております。

投稿: つのだ | 2011年12月25日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53566946

この記事へのトラックバック一覧です: 第56回有馬記念(GI)の勝ち馬。:

« 第56回有馬記念(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第57回東京大賞典(GI)の勝ち馬。 »