« マイネルラヴ(1995.3.8)。 | トップページ | ウイングアロー(1995.3.25)。 »

2011年3月17日 (木)

エルコンドルパサー(1995.3.17)。


エルコンドルパサー 牡 黒鹿毛 1995.3.17生 米国・タカシ・ワタナベ氏生産 馬主・渡邊隆氏 美浦・二ノ宮敬宇厩舎





































































エルコンドルパサー(1995.3.17)の4代血統表

Kingmambo

鹿毛 1990.2.19

種付け時活性値:1.00

Mr.Prospector

鹿毛 1970.1.28

★Raise a Native

栗毛 1961.4.18

Native Dancer 1950.3.27

Raise You 1946

Gold Digger

鹿毛 1962.5.28

Nashua 1952.4.14

Sequence 1946

Miesque

鹿毛 1984.3.14

Nureyev

鹿毛 1977.5.2

Northern Dancer 1961.5.27

Special 1969 ♀

Pasadoble

鹿毛 1979

Prove Out 1969

Santa Quilla 1970

サドラーズギャル

鹿毛 1989.4.29

仔受胎時活性値:1.25

Sadler's Wells

鹿毛 1981.4.11

種付け時活性値:1.75

Northern Dancer

鹿毛 1961.5.27

Nearctic 1954.2.11

Natalma 1957.3.26

Fairy Bridge

鹿毛 1975

Bold Reason 1968

Special 1969 ♀

Glenveagh

鹿毛 1986

仔受胎時活性値:0.50

Seattle Slew

黒鹿毛 1974.2.15

種付け時活性値:0.75

Bold Reasoning 1968

My Charmer 1969

Lisadell

鹿毛 1971

仔受胎時活性値:1.50

Forli

栗毛 1963.8.10

種付け時活性値:1.625

Thong

鹿毛 1964 ♀

仔受胎時活性値:1.50


<5代血統表内のクロス:Special(♀)=Lisadell(♀)4×4×3、Northern Dancer4×3、Native Dancer4×5>



















エルコンドルパサー(1995.3.17)の中島理論的総括

形相の遺伝

料の遺伝

牝系

何番仔?

Sadler's Wells

(Fairy Bridge)

4.75

世界的名牝系

(No.5-H)

2番仔

(2連産目)


最強世代の一角を担った、もう1頭のマル外の怪物。日本調教馬初の満3歳時のジャパンカップ(GI)制覇を遂げたエルコンドルパサー。
































































































第18回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)









馬名

性齢





騎手

走破

時計

着差

上り

3F

馬体重

[前走比]

調教師





1

11

エルコンドルパサー

牡3

55

蛯名正義

2:25.9

  

35.0

472

[+2]

二ノ宮敬宇

3

2

1

エアグルーヴ

牝5

55

横山典弘

2:26.3

2 1/2

35.1

472

[-6]

伊藤雄二

2

3

9

スペシャルウィーク

牡3

55

岡部幸雄

2:26.4

1/2

35.3

470

[-6]

白井寿昭

1

4

6

チーフベアハート

牡5

57

J.サントス

2:26.7

2

35.0

460

[]

M.R.フロスタッド

4

5

5

マックスジーン

牝5

55

C.アスムッセン

2:26.7

ハナ

35.0

504

[]

T.スキフィントン

9


今となっては笑い種ですが、当時のエルコンドルパサーには、一部で「距離不安」が叫ばれていましたね。そりゃ、2000m超級のレースの初めて出走がジャパンカップになるのであれば、致し方なし。けれど、強いものは強い。世界的名牝系の多重クロス馬、その絶対能力の奥深さ。名前の通り、コンドルは飛んで行きました。



*



サンクルー大賞(仏GI)、ジャパンカップ、NHKマイルC(GI)のGI3勝は勿論ですが、やはり、彼の競走馬生のハイライトは、引退レースとなった1999年の凱旋門賞(仏GI)ではないでしょうか。













改めて見直しても、本当に惜しいレース。逃げて自分でレースをつくり、そして尚、最後の最後でもう1回差し返しに行っている姿に、胸が熱くなります。外からやって来たモンジュー(1996.4.4)とM.キネーン騎手、言っちゃあなんですけれど、憎々しかったもの(^^;)



その仇と言ってはなんですが、モンジューが次のレースとして選んだジャパンカップでは、最強世代のもう一角が、返り討ちにしてくれました。スペシャルウィーク(1995.5.2)と武豊騎手。



*



2002年7月16日。飛翔は定めだったのか、誰も望んでいないのに、満7歳の夏、エルコンドルパサーは大空へ還っていきました。翌週の週刊競馬ブックで彼の死亡を初めて知った私。それはそれは、衝撃を受けたものでした。



種牡馬としては僅か3世代しか産駒を残せなかったものの、菊花賞(GI)を3分2秒7のレースレコードで駆けたソングオブウインド(2003.2.20)、実は厩舎の先輩より早くGI制覇を遂げていたアロンダイト(2003.5.4)、そしてジーワン9勝の金字塔を打ち立てたヴァーミリアン(2002.4.10)と3頭のGI馬を送り込んでいます。他にもトウカイトリック(2002.2.26)、エアジパング(2003.3.27)、サクラオリオン(2002.3.1)、アイルラヴァゲイン(2002.4.5)、ビッググラス(2001.4.24)とJRA重賞を制した馬がいます。しかし、芝ダート、長短と多様なタイプが出たものです。そして、やはり牡馬に活躍馬が多いということは、父系が統領性を失っていないということの証左と考えます。もっともっと、産駒の走りを見たかったですね。



11戦8勝、2着3回。 いつでもどこでも、どんな条件でも、勝っても負けても、懸命で有り続けたエルコンドルパサー。「黄、青一本輪、赤袖」の勝負服を背にした、クビ差しのたくましい黒鹿毛馬。見る者を熱くさせたその姿、いつまでも、心に留めておきたいと思います。








では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« マイネルラヴ(1995.3.8)。 | トップページ | ウイングアロー(1995.3.25)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルコンドルパサー(1995.3.17)。:

« マイネルラヴ(1995.3.8)。 | トップページ | ウイングアロー(1995.3.25)。 »