« 過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第75回日本ダービー(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

2008年5月30日 (金)

過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬における母の交配時年齢について。

表題件について簡単に。

過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬における母の交配時年齢について
年次 馬名
(生年月日)
(上が1着、下が2着)
Family
No.
母馬名
(生年月日)
母の交配時年齢
(活性値)
母の連産状況 母の何番仔?
1998年 スペシャルウィーク
(1995.5.2)
3 キャンペンガール
(1987.4.19)
7歳
(1.75)
5連産目 5番仔
ボールドエンペラー
(1995.4.28)
19 シュペリーヌ
(1987.4.18)
7歳
(1.75)
2連産目 4番仔
1999年 アドマイヤベガ
(1996.3.12)
9 ベガ
(1990.3.8)
5歳
(1.25)
初仔
ナリタトップロード
(1996.4.4)
18 フローラルマジック
(1985.4.20)
10歳
(0.50)
6連産目 6番仔
2000年 アグネスフライト
(1997.3.2)
1 アグネスフローラ
(1987.6.18)
9歳
(0.25)
3連産目 4番仔
エアシャカール
(1997.2.26)
4 アイドリームドアドリーム
(1987.3.31)
9歳
(0.25)
不受胎後 3番仔
2001年 ジャングルポケット
(1998.5.7)
11 ダンスチャーマー
(1990.4.18)
7歳
(1.75)
4連産目 4番仔
ダンツフレーム
(1998.4.19)
21 インターピレネー
(1990.4.25)
7歳
(1.75)
3連産目 3番仔
2002年 タニノギムレット
(1999.5.4)
9 タニノクリスタル
(1988.4.4)
10歳
(0.50)
4連産目 4番仔
シンボリクリスエス
(1999.1.21)
8 Tee Kay
(1991)
7歳
(1.75)
不受胎後 2番仔
2003年 ネオユニヴァース
(2000.5.21)
1 ポインテッドパス
(1984.4.27)
15歳
(1.75)
3連産目 10番仔
ゼンノロブロイ
(2000.3.27)
2 ローミンレイチェル
(1990.4.18)
9歳
(0.25)
5連産目 5番仔
2004年 キングカメハメハ
(2001.3.20)
22 マンファス
(1991.2.23)
9歳
(0.25)
3連産目 4番仔
ハーツクライ
(2001.4.15)
6 アイリッシュダンス
(1990.4.15)
10歳
(0.50)
5連産目 5番仔
2005年 ディープインパクト
(2002.3.25)
2 ウインドインハーヘア
(1991.2.20)
10歳
(0.50)
7連産目 7番仔
インティライミ
(2002.4.6)
19 アンデスレディー
(1986.3.30)
15歳
(1.75)
4連産目 10番仔
2006年 メイショウサムソン
(2003.3.7)
3 マイヴィヴィアン
(1997.3.29)
5歳
(1.25)
流産後 初仔
アドマイヤメイン
(2003.3.13)
13 プロモーション
(1994.3.30)
8歳
(2.00)
3連産目 3番仔
2007年 ウオッカ
(2004.4.4)
3 タニノシスター
(1993.3.22)
10歳
(0.50)
2連産目 4番仔
アサクサキングス
(2004.3.23)
4 クルーピアスター
(1996.5.7)
7歳
(1.75)
2連産目 2番仔

よくよく見ると、意外に面白いですね。改めて見ると、

  • 母の交配時の年齢は「5歳、7歳、8歳、9歳、10歳、15歳」で占められる

ということに気付きます。その内訳は、5歳2頭、7歳6頭、8歳1頭、9歳4頭、10歳5頭、15歳2頭です。

過去10年の連対馬20頭のうち、母の交配年齢でいちばん多いのは7歳の6頭です。そして、データとして興味深いのは10歳を超えて突如現れる15歳の2頭。中島理論的な観点から見ると、「7歳」「15歳」というのはポイントとなる年齢ですね。そう、太陽のサイクルによる活性値が「1.75」を示す年齢です。この1.75ポイントの年齢は、2.00の交配よりも上手くかみ合うことが多いのか、良駒が送り込まれる印象が強いですね。

1998年は1着スペシャルウィーク、2着ボールドエンペラー共に「父満8歳時、母満7歳時の交配」という組み合わせでした。中島理論的な見解をする時にちょっとした黄金パターンである「父0交配+母1.75交配」が実際に示されたダービーでした。

2001年は1着ジャングルポケット、2着ダンツフレーム共に母満7歳時の交配でした。この年はクロフネ(1998.3.31)もおり、彼もまた母満7歳時の交配でした。

母が1.75ポイントの交配で他に挙がる馬は、後のGI4勝馬シンボリクリスエス、2冠馬ネオユニヴァース、現役で頑張っているインティライミ、後の菊花賞(JpnI)馬アサクサキングスと、力のあるところが揃っています。

中島理論的には太陽のサイクルが最高潮を示す活性値「2.00」の交配はアドマイヤメインただ1頭と寂しい感じも致します。ただ、やはりこの交配で送り込まれたダービー馬もおり、近30年ほどで見直すと、ウイニングチケット(1990.3.21)ウィナーズサークル(1986.4.10)、そしてシンボリルドルフ(1981.3.13)と3頭がいます。この3頭では、やはり絶対皇帝の名がさん然と輝きますね。彼は、母スイートルナ(1972.5.4)が2年連続不受胎後というバックボーンも持ち合わせていることを、併せてお伝えしておきます。

また、ウイニングチケットが制した1993年は、2着ビワハヤヒデ(1990.3.10)、3着ナリタタイシン(1990.6.10)と、上位3頭がいずれも母満8歳時交配でした。なお、まったく余談ながら、ウイニングチケットとナリタタイシンは母どうしが同じ誕生日です。かたやパワフルレディ(1981.5.27)、こなたタイシンリリィ(1981.5.27)。共にクラシック馬を出し、さらには他にも重賞勝ち馬を送り込むという素晴らしい繁殖成績を収めています。あ、そんなことを言い出したら、ビワハヤヒデの母パシフィカス(1981.5.29)は、それはもう、とびっきりですね(笑)。言わずもがなのナリタブライアン(1991.5.3)、ついでと言っては失礼ですがビワタケヒデ(1995.4.29)もいますものね。

という訳で、第75回日本ダービーに出走する馬たちの馬柱作成に取り掛かるため、今回はここまで。「母の連産状況」「母の何番仔?」については、思い付かれたことをご教示頂ければ幸いです(笑)

ではでは、今日はこのへんで♪

|

« 過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第75回日本ダービー(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41374968

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬における母の交配時年齢について。:

« 過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第75回日本ダービー(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »