« 2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の参)。 | トップページ | 懐かしい馬とともに。 »

2016年5月 5日 (木)

2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の四)。

2016年の3歳GIで覇を競う2013年生まれ世代の馬たちは、稀に見るハイレベルの様相を呈していますね。タイトルは「2016年のクラシック候補生を確認する」のままですが、距離の長短、芝ダートを問わず、3歳GIを狙う馬たちをじわじわとご案内して行こうと思います。

チェッキーノ 牝 栗毛 2013.2.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

チェッキーノ(2013.2.8)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.75
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ハッピーパス
鹿毛 1998.6.3
仔受胎時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ハッピートレイルズ
鹿毛 1984.5.29
仔受胎時活性値:1.25
ポッセ
栗毛 1977.5.15
種付け時活性値:1.50
Forli 1963.8.10
In Hot Pursuit 1971.5.12
ロイコン
鹿毛 1975.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
High Top
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.25
Madelon
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

チェッキーノ(2013.2.8)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ポッセ
(Hyperion系)
High Top
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ポッセ 5.75 or 3.75 全兄コディーノ
(No.4-d)
6番仔
(6連産目)

強ければ府中芝2000mの大外18番も何も関係なし。チェッキーノ、フローラS(GII)を1分59秒7のレースレコードによる3馬身差勝ちを以て、全兄がつかめなかったGI勝利を目指します。

チェッキーノの最優性先祖である祖母父ポッセは、現役時代に英愛2勝でサセックスS(英GI)、セントジェームズパレスS(英GI)を勝ち、英2000ギニー(GI)ではNureyev(1977.5.2)の失格により3着入線2着繰り上がりでした。種牡馬としての代表産駒には、サンクルー大賞(仏GI)とコロネーションC(英GI)を制したシェリフズスター(1985.4.27)-セイウンスカイ(1995.4.26)の父-、ヨークシャーオークス(英GI)とリブルズデイルS(英GII)の勝ち馬Sally Brown(1982.3.14)、モーリスドニュイ賞(仏GII)とコンセイユドパリ賞(仏GII)を制して仏ダービー(GI)は2着だったAltayan(1983.2.21)、ジョンポーターS(英GIII)勝ちのLinpac West(1986.4.10)等がいます。ポッセ自身はマイラーでしたが、代表産駒はクラシックディスタンスを得意とした馬が揃いました。また、ポッセは1991年から日本で種牡馬供用されるはずでしたが、事故で繁殖能力を失い、日本では産駒を残せませんでした。

*

エンジェルフェイス 牝 黒鹿毛 2013.3.5生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・(株)ロードホースクラブ 栗東・藤原英昭厩舎

エンジェルフェイス(2013.3.5)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.75
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ワンフォーローズ
黒鹿毛 1999.5.26
仔受胎時活性値:1.25
Tejano Run
栗毛 1992.5.5
種付け時活性値:1.50
Tejano
栗毛 1985.3.10
Caro 1967.4.11
アンファンテ 1980.1.29
Royal Run
鹿毛 1986.4.26
Wavering Monarch 1979.2.22
Kazadancoa 1978.5.7
Saucyladygaylord
黒鹿毛 1989.5.22
仔受胎時活性値:0.25
Lord Gaylord
黒鹿毛 1970.4.21
種付け時活性値:0.50
Sir Gaylord 1959.2.12
Miss Glamour Gal 1961.5.11
Lady Sauce Boat
鹿毛 1980.3.22
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Sauce Boat
栗毛 1975.5.2
種付け時活性値:1.00
Lady Barbizon
鹿毛 1970.3.7
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Green Dancer5×5、Khazaeen5×5>

エンジェルフェイス(2013.3.5)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
Tejano Run
(フォルティノ系)
Lord Gaylord
(Sir Gaylord系)
Sauce Boat
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tejano Run
(Tejano)
3.75 or 1.75 全姉レディアルバローザ
(No.12-d)
5番仔+
(空胎後)

全姉レディアルバローザ(2007.4.21)が連覇を果たした中山牝馬S(GIII)。同じ中山芝1800mの舞台で重賞初制覇を決めたのは、その名も愛らしいエンジェルフェイス。エンジェルフェイス、1番人気に応えて、レディアルバローザ、キャトルフィーユ(2009.3.3)に続いての3姉妹重賞勝ち馬となりました。なお、3姉妹の重賞勝ちは、いずれも福永祐一騎手とのコンビです。

エンジェルフェイスの最優性先祖である母父Tejano Runは、現役時代に米8勝でその主な勝ち鞍にフリーダーズフューチュリティ(米GII)、ケンタッキーCジュヴェナイルS(米GIII)、フォートハロドS(米GIII)、ワイドナーH(米GIII)、ターフウェイチャンピオンシップH(米GIII)と重賞5勝があり、ケンタッキーダービー(米GI)ではサンダーガルチ(1992.5.23)の2着でした。Tejano Runは1992年生まれですから、スキーキャプテン(1992.4.24)と一緒にケンタッキーダービーに出走していた、ということですね。Tejano Runの代表産駒には伊オークス(当時GI、現GII)の勝ち馬ディオニージア(2003.2.4)、レイルバードS(米GIII)の勝ち馬Million Dollar Run(2005.1.27)、マリーンS(加GIII)の勝ち馬Anglian Prince(1999.4.4)、そして加国のソヴリン賞で3年連続最優秀古馬牝馬に選ばれたワンフォーローズ、つまりはエンジェルフェイスの母等がいます。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の参)。 | トップページ | 懐かしい馬とともに。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/63584369

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の四)。:

« 2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の参)。 | トップページ | 懐かしい馬とともに。 »