« 2016年のクラシック候補生を確認する(牡馬編・其の八)。 | トップページ | 第76回桜花賞(GI)の勝ち馬。 »

2016年4月 3日 (日)

2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の壱)。

2016年の3歳GIで覇を競う2013年生まれ世代の馬たちは、稀に見るハイレベルの様相を呈していますね。タイトルは「2016年のクラシック候補生を確認する」のままですが、距離の長短、芝ダートを問わず、3歳GIを狙う馬たちをじわじわとご案内して行こうと思います。

ソルヴェイグ 牝 栗毛 2013.3.4生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(株)G1レーシング 栗東・鮫島一歩厩舎

ソルヴェイグ(2013.3.4)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959.5.4
Consentida 1962.4.6
アスドゥクール
栗毛 2005.3.12
仔受胎時活性値:1.75
ジャングルポケット
鹿毛 1998.5.7
種付け時活性値:1.50
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダンスチャーマー
黒鹿毛 1990.4.18
Nureyev 1977.5.2
Skillful Joy 1979.4.8
アイリッシュカーリ
鹿毛 1994.4.5
仔受胎時活性値:0.50
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.25
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Enthraller
鹿毛 1979.4.24
仔受胎時活性値:1.50
Bold Forbes
黒鹿毛 1973.3.31
種付け時活性値:1.25
Goofed
栗毛 1960.3.29
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ソルヴェイグ(2013.3.4)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイワメジャー
(Halo系)
ジャングルポケット
(ゼダーン系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Bold Forbes
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジャングルポケット
(ダンスチャーマー)
4.25 伯父ソルジャーズソング
(No.17-b)
2番仔
(2連産目)

8番人気で挑んだフィリーズレビュー(GII)を先行3番手からの競馬で押し切りました、ソルヴェイグ。その馬名の意味は、イプセンの戯曲「ペールギュント」に登場する金髪の美少女だそうです。ダイワメジャー産駒の現3歳牝馬で栗毛の流星と言えば、2歳牝馬王者のメジャーエンブレム(2013.3.26)を思いますが、ソルヴェイグもまた、ダイワメジャーの仔らしさを見せています。

ソルヴェイグの最優性先祖である父ジャングルポケットは中央5勝を挙げ、その主な勝ち鞍に東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、共同通信杯(GIII)、札幌3歳S(現札幌2歳S、GIII)があります。府中芝3戦3勝、正にトニービンらしさを見せてくれた馬でした。種牡馬としての代表産駒には、菊花賞(GI)馬オウケンブルースリ(2005.2.24)、天皇賞・春(GI)の勝ち馬ジャガーメイル(2004.5.8)、天皇賞・秋(GI)の勝ち馬トーセンジョーダン(2006.2.4)、優駿牝馬(GI)と阪神JF(GI)を勝ったトールポピー(2005.1.30)、トールポピーの全妹となる秋華賞(GI)馬アヴェンチュラ(2008.3.7)、エリザベス女王杯(GI)でアッと言わせたクィーンスプマンテ(2004.4.9)、全日本2歳優駿(JpnI)を制したディアドムス(2012.1.24)等がいます。

*

シンハライト 牝 黒鹿毛 2013.4.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・石坂正厩舎

シンハライト(2013.4.11)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
シンハリーズ
栗毛 2002.3.3
仔受胎時活性値:0.50
シングスピール
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.25
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler's Wells 1981.4.11
ハイホーク 1980.3.17
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
Baize
栗毛 1993.2.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Efisio
鹿毛 1982.5.10
種付け時活性値:0.50
Formidable 1975.4.8
Eldoret 1976.4.2
Bayonne
栗毛 1988.4.29
仔受胎時活性値:1.00
★Bay Express
鹿毛 1971.4.14
種付け時活性値:0.00
Lambay
栗毛 1978.4.17
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Halo3×4、Northern Dancer5×5>

シンハライト(2013.4.11)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
シングスピール
(Sadler's Wells系)
Efisio
(Forli系)
Bay Express
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 3.75 or 1.75 母が米GI勝ち馬
(No.6-e)
6番仔+
(6連産目+)

牝馬戦線にも不敗で本番に挑む馬がいます。シンハライト、新馬、紅梅S(OP)、そしてチューリップ賞(GIII)と3戦3勝。チューリップ賞はジュエラー(2013.1.17)との一騎打ちを「ハナ」だけ制して、1分32秒8というレースレコード勝ちでした。

シンハライトの母シンハリーズは、現役時代米英3勝を挙げ、デルマーオークス(米GI)1着、パカラップS(米GIII)2着、アメリカンオークス招待S(米GI)3着があります。以前、エピファネイア(2010.2.11)ジャパンカップ(GI)を制した際にも書いたのですが、シンハリーズが出走したアメリカンオークス招待Sは、後の名繁殖牝馬が多く出走していたレースでした。

むぅ。言わずもがなの「Japanese superstar!!」を筆頭として、オープン馬4頭の母やら、皐月賞(GI)馬の母やら、マイルCS(GI)の勝ち馬の母やら、よくぞ一堂に会したものですね^_^;

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 2016年のクラシック候補生を確認する(牡馬編・其の八)。 | トップページ | 第76回桜花賞(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/63436072

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のクラシック候補生を確認する(牝馬編・其の壱)。:

« 2016年のクラシック候補生を確認する(牡馬編・其の八)。 | トップページ | 第76回桜花賞(GI)の勝ち馬。 »