« 空胎後に名馬あり。 | トップページ | 第32回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »

2015年11月15日 (日)

第40回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬+α。

マリアライト 牝 黒鹿毛 2011.2.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・久保田貴士厩舎

マリアライト(2011.2.19)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
クリソプレーズ
黒鹿毛 2002.4.7
仔受胎時活性値:2.00
エルコンドルパサー
鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
サドラーズギャル
鹿毛 1989.4.29
Sadler's Wells 1981.4.11
Glenveagh 1986.3.9
キャサリーンパー
青鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.50
Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:0.25
★Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
Regal Exception
鹿毛 1969.5.22
仔受胎時活性値:0.25
★Ribot
鹿毛 1952.2.27
種付け時活性値:0.00
Rajput Princess
栗毛 1961
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

マリアライト(2011.2.19)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
エルコンドルパサー
(Mr.Prospector系)
Riverman
(Never Bend系)
Ribot
(Havresac系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エルコンドルパサー
(Bold Reason)
5.50 半兄クリソライト&半弟リアファル
(No.16-a)
3番仔
(3連産目)

*

第40回エリザベス女王杯(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 マリアライト 牝4 56 蛯名正義 2:14.9    34.7 430
[-10]
久保田貴士 6
2 18 ヌーヴォレコルト 牝4 56 岩田康誠 2:14.9 クビ 34.3 448
[-2]
斎藤誠 1
3 8 タッチングスピーチ 牝3 54 C.ルメール 2:14.9 ハナ 34.3 458
[+2]
石坂正 4
4 15 ルージュバック 牝3 54 戸崎圭太 2:15.0 1/2 34.2 452
[+2]
大竹正博 3
5 16 スマートレイアー 牝5 56 浜中俊 2:15.0 クビ 34.0 466
[+2]
大久保龍志 8

3歳年明けのデビュー以来13戦目のGI初挑戦で女王の座を射止めました、マリアライト。大事に育てられて来た陣営に応えるべく、この大一番で最高の走りを見せました。管理される久保田貴士調教師は、2003年の開業以来、13年目のGI初制覇となりました。そしてまた、淀のGI上手とも思える蛯名正義騎手は、今回のエリザベス女王杯勝利により、京都で行われるGI及び牝馬限定GIの完全制覇と相成りました。今年は重賞をなかなか勝てなかった蛯名騎手ですが、秋が深まるにつれて、ダノンプラチナ(2012.3.23)の富士S(GIII)、ボールライトニング(2013.4.21)の京王杯2歳S(GII)、そしてマリアライトのエリザベス女王杯と、ホップステップジャンプとばかりに勝利を収められています。サスガにエビショー。

マリアライト、古馬女王として次に挑む舞台は果たして何処か。半兄クリソライト(2010.2.2)、半弟リアファル(2012.2.5)という良血馬、マリア様が見ている光の先に、幸多からんことを。

*

第51回 農林水産省賞典 福島記念(GIII)

ヤマカツエース 牡 栗毛 2012.3.22生 新ひだか・岡田牧場生産 馬主・山田和夫氏 栗東・池添兼雄厩舎

ヤマカツエース(2012.3.22)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ヤマカツマリリン
栗毛 2004.4.9
仔受胎時活性値:1.75

グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.00
Silver Hawk
栗毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
イクセプトフォーワンダ
鹿毛 1995.5.11
仔受胎時活性値:2.00
Tejabo
鹿毛 1985.4.23
種付け時活性値:0.25
Deputy Minister 1979.5.17
Cutty 1969.4.28
Unique Gal
黒鹿毛 1990.4.27
仔受胎時活性値:1.00
Bold Ruckus
黒鹿毛 1976.2.6
種付け時活性値:1.25
Spin to Win
黒鹿毛 1976.4.4
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

ヤマカツエース(2012.3.22)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
★グラスワンダー
(Roberto系)
Tejabo
(Deputy Minister系)
Bold Ruckus
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bold Ruckus
(Unique Gal)
6.00 祖母が加GIII勝ち馬
(No.2-k)
初仔

いや、昨日「空胎後に名馬あり。」という記事をアップしましたので、ね。春のニュージーランドトロフィー(GII)に続いて、重賞2勝目を果たしたヤマカツエース。現3歳世代の、マイルから中距離にかけてのエースを目指して欲しいものです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 空胎後に名馬あり。 | トップページ | 第32回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

SSフリーのキングカメハメハ産駒。今週のJCのヒットザターゲットともども応援してるよ!ヤマカツエース君!!

投稿: ゴリ | 2015年11月24日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62683015

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬+α。:

« 空胎後に名馬あり。 | トップページ | 第32回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »