« 第35回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬について。 | トップページ | 第16回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。 »

2015年11月29日 (日)

第35回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。

ショウナンパンドラ 牝 鹿毛 2011.3.10生 白老・社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・国本哲秀氏 栗東・高野友和厩舎

ショウナンパンドラ(2011.3.10)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
キューティゴールド
栗毛 2004.1.9
仔受胎時活性値:1.50
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.75
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
仔受胎時活性値:1.75
ディクタス
栗毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.00
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.75
ロイヤルサッシュ
鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5・5>

ショウナンパンドラ(2011.3.10)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
ディクタス
(Fine Top系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーザンテースト
(Hyperion)
6.25 or 4.25 伯父ステイゴールド
(No.1-t)
3番仔
(3連産目)

*

第35回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添謙一 2:24.7    33.9 442
[+4]
高野友和 4
2 6 ラストインパクト 牡5 57 R.ムーア 2:24.7 クビ 33.9 494
[+2]
松田博資 7
3 1 ラブリーデイ 牡5 57 川田将雅 2:24.8 クビ 34.3 486
[0]
池江泰寿 1
4 4 ジャングルクルーズ せん6 57 北村宏司 2:25.0 1 1/4 33.9 510
[0]
藤沢和雄 17
5 10 サウンズオブアース 牡4 57 M.デムーロ 2:25.0 ハナ 34.4 502
[-2]
藤岡健一 5

「よう我慢してくれた」。検量室前に戻って来た際に池添謙一騎手が発せられた一言。道中から直線に掛けてじっと我慢して、ラスト200mで先に抜け出したラブリーデイ(2010.1.30)を目標に定めると、外から矢のように伸びました。最後は、内伸びの馬場を察知してかラチ沿いを鋭く駆けたラストインパクト(2010.1.21)とライアン・ムーア騎手との勝負。決勝点、わずかに「クビ」だけ差し切って、ショウナンパンドラと池添騎手。ショウナンパンドラ、その見事な切れ味で、ジェンティルドンナ(2009.2.20)に続いて父ディープインパクトとの父娘制覇を遂げました。そして、池添騎手、高野友和調教師、国本哲秀オーナー、いずれもジャパンカップ初勝利となりました。おめでとうございました。

「強い牝馬の時代」はまだまだ続きそうです。今年2015年も含めると近5年で牝馬が4勝。忘れ物を取り返したブエナビスタ(2006.3.14)、連覇を果たしたジェンティルドンナ、そして禁忌の箱を改めて開いたショウナンパンドラ。見れば、2009年のウオッカ(2004.4.4)からとすると、この7年のうち6年で、牝馬が先頭でゴールしていることになりますね。むぅ、大和撫子たちの強さよ。

ショウナンパンドラ、この後の進路が気になりますが、今秋は中山芝2200mのオールカマー(GII)でも絶品の切れ味を見せてくれましたので、中山芝2500mとなるのでしょうか。ショウナンパンドラ、牡牝を超えた日本のエースの1頭として、また強いところを見せて欲しいものです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 第35回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬について。 | トップページ | 第16回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62773130

この記事へのトラックバック一覧です: 第35回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。:

« 第35回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬について。 | トップページ | 第16回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。 »