« 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第82回東京優駿(GI)の勝ち馬。 »

2015年8月12日 (水)

第76回優駿牝馬(GI)の勝ち馬。

ミッキークイーン 牝 鹿毛 2012.2.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・野田みづき氏 栗東・池江泰寿厩舎

ミッキークイーン(2012.2.8)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
▲Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ミュージカルウェイ
栗毛 2002.5.9
仔受胎時活性値:0.25
Gold Away
鹿毛 1995.1.27
種付け時活性値:1.50
★Goldneyev
黒鹿毛 1986.1.29
★Nureyev 1977.5.2
Gold River 1977.1.11
Blushing Away
栗毛 1987.3.12
Blushing Groom 1974.4.8
スイートリベンジ 1978.5.5
Mulika
鹿毛 1987.4.4
仔受胎時活性値:1.50
Procida
黒鹿毛 1981.3.23
種付け時活性値:1.25
Mr.Prospector 1970.1.28
With Distinction 1973.5.5
Gazelia
鹿毛 1981.4.20
仔受胎時活性値:1.25
Icecapade
芦毛 1969.4.4
種付け時活性値:0.75
Dols Jaminque
栗毛 1975.3.31
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ミッキークイーン(2012.2.8)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Gold Away
(Nureyev系)
Procida
(Mr.Prospector系)
Icecapade
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Gold Away
(Away)
4.25 母が仏重賞3勝
(No.2-s)
3番仔
(3連産目)

*

第76回優駿牝馬(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 ミッキークイーン 牝3 55 浜中俊 2:25.0    34.0 430
[+4]
池江泰寿 3
2 14 ルージュバック 牝3 55 戸崎圭太 2:25.1 3/4 34.5 450
[+6]
大竹正博 1
3 17 クルミナル 牝3 55 池添謙一 2:25.2 1/2 34.4 478
[-10]
須貝尚介 6
4 12 アースライズ 牝3 55 三浦皇成 2:25.5 2 34.3 444
[+6]
矢作芳人 13
5 13 アンドリエッテ 牝3 55 川田将雅 2:25.6 クビ 34.3 438
[+6]
牧田和弥 7

終わってみればディープインパクト産駒が1、3、5着、マンハッタンカフェ(1998.3.5)産駒が2、4着と、2頭の種牡馬の仔が上位5頭を占めた、第76回優駿牝馬。

桜花賞(GI)まさかの9着から巻き返しを図ろうとした1番人気ルージュバック(2012.4.22)。先行5番手辺りから正攻法の競馬で期待に応えようと頑張りましたが、女王の戴冠に「待った」を掛けたのは、忘れな草賞(OP)の勝ち馬ミッキークイーン。桜花賞への出走を「3分の2」の抽選で敗れてしまったものの、その鬱憤を晴らすかのように、出走17頭中最速となる上がり3ハロン34秒フラットの鋭脚を繰り出して、優駿牝馬史上2位の好時計となる府中芝2400m2分25秒0で、その名の通り3歳女王を戴冠したのでした。

小さな馬が頑張る優駿牝馬ですが、近年は女馬でも大きな馬が目立ちます。ミッキークイーンの馬体重430kgは、近10年の勝ち馬では最軽量でした。近20年とすると、エリモエクセル(1995.5.18)の422kg、シルクプリマドンナ(1997.4.22)の424kg、ウメノファイバー(1996.5.5)の428kg、そしてダイワエルシエーロ(2001.5.11)とミッキークイーンの430kgとなります。それぞれに懐かしい名前が並びますけれど、フォーゲットミーノットつながりということでは、エリモエクセルが軽やかに駆けた1998年を想います。

閑話休題。2012年生まれの3歳牝馬どうしの戦いの最終章は秋華賞(GI)。春に桜冠を戴いたレッツゴードンキ(2012.4.6)、女王となったミッキークイーンは共に前哨戦のローズS(GII)から始動の模様。その一方で、大器と目されながら不完全燃焼だったルージュバックは、札幌記念(GII)の結果如何によって、秋の進路が定まるのでしょうか。

乙女たちの再戦を楽しみにしつつ、秋を待ちたいと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第82回東京優駿(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62065027

この記事へのトラックバック一覧です: 第76回優駿牝馬(GI)の勝ち馬。:

« 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第82回東京優駿(GI)の勝ち馬。 »