« 第151回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 »

2015年8月 6日 (木)

第20回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬。

クラリティスカイ 牡 鹿毛 2012.3.7生 新冠・パカパカファーム生産 馬主・杉山忠国氏 栗東・友道康夫厩舎

クラリティスカイ(2012.3.7)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
タイキクラリティ
鹿毛 2003.4.10
仔受胎時活性値:2.00
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:1.75
★サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レディーシラオキ 1978.4.3
タイキダイヤ
鹿毛 1996.4.1
仔受胎時活性値:1.50
オジジアン
鹿毛 1983.3.17
種付け時活性値:1.00
Damascus 1964.4.14
Gonfalon 1975.5.9
パテントリークリア
鹿毛 1988.4.19
仔受胎時活性値:1.75
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.25
Badge of Courage
鹿毛 1983.4.5
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

クラリティスカイ(2012.3.7)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
オジジアン
(Damascus系)
Miswaki
(Mr.Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
スペシャルウィーク 6.25 大伯父タイキフォーチュン
(No.2-f)
3番仔
(3連産目)

*

第20回NHKマイルカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 クラリティスカイ 牡3 57 横山典弘 1:33.5    33.9 478
[-4]
友道康夫 3
2 9 アルビアーノ 牝3 55 柴山雄一 1:33.7 1 34.4 512
[+6]
木村哲也 4
3 12 ミュゼスルタン 牡3 57 柴田善臣 1:33.7 クビ 33.8 470
[-6]
大江原哲 2
4 1 アヴニールマルシェ 牡3 57 北村宏司 1:33.9 1 1/2 33.8 488
[-4]
藤沢和雄 5
5 2 グランシルク 牡3 57 戸崎圭太 1:33.9 クビ 34.1 480
[+2]
戸田博文 1

クラリティスカイ、まさにその名の通り、澄み切った空のもとで戴冠を果たしました。府中マイル戦で活きるDeputy Minister~フレンチデピュティの血に、母父スペシャルウィーク。見れば「御用達」の感もある、その組み合わせ。

昨年2014年に重賞昇格したいちょうSを制した際が1分33秒5、そして今回のNHKマイルカップも1分33秒5。クラリティスカイ、きっちり額面通りの走りを見せて、府中芝1600m2戦2勝。NHKマイルカップ史上初の父仔2代制覇と共に、第1回を制した大伯父タイキフォーチュン(1993.2.9)に続いてのNHKマイルカップ制覇となりました。

思えば、あの第1回は衝撃的でした。タイキフォーチュン、ツクバシンフォニー(1993.1.22)、ゼネラリスト(1993.3.25)とマル外が上位を占めて、叩き出された時計が1分32秒6。バンブーピノ(1993.6.1)の快速逃げがあったにせよ、当時の府中マイル戦のレコード、オグリキャップ(1985.3.27)が持っていた1分32秒4から0秒2差しかなかったのですから。あれから19年。19歳になる直前だったオオハシも既に38歳。……そりゃ、オッサンになりますわ(^^;)

ともあれ、競馬者の素敵なところのひとつは、走っていた姿を知っている馬の仔や近親たちを、時が流れた後に見られること。競馬が点から線になった時。そんな時、とても嬉しく、とても優しくなれるものです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 第151回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62032059

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬。:

« 第151回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第10回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 »