« 第236回英ダービー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第150回愛ダービー(GI)の勝ち馬-少しでも無念を晴らせたか、W.ビュイック騎手-。 »

2015年8月23日 (日)

第175回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬。

New Bay 牡 栗毛 2012.2.14生 米国・ジャドモントファーム生産 馬主・ハーリド・ビン・アブドゥラー殿下 仏国・A.ファーブル厩舎

New Bay(2012.2.14)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:0.25
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr.Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975
Slightly Dangerous 1979.4.8
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Cinnamon Bay
栗毛 2004.3.9
仔受胎時活性値:1.75
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
種付け時活性値:0.25
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr.Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Zaizafon
栗毛 1982.1.18
The Minstrel 1974.3.11
Mofida 1974.3.21
Trellis Bay
鹿毛 1996.3.17
仔受胎時活性値:1.75
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Bahamian
栗毛 1985.2.8
仔受胎時活性値:0.50
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:0.00
Sorbus
鹿毛 1975
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4、Northern Dancer5×5×4、Mill Reef5×4>

New Bay(2012.2.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dubawi
(Mr.Prospector系)
Zamindar
(Mr.Prospector系)
Sadler's Wells
(Northern Dancer系)
★Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sadler's Wells
(Bold Reason)
4.25 Kingmanと同牝系
(No.19)
3番仔?

*

第175回ジョッケクルブ賞で勝利を収めたのは、それまでジャンプレースを主戦場としていた21歳のヴァンサン・シュミノー騎手を鞍上に据えられた、New Bay。おなじみのアブドゥラー殿下の勝負服で平地GI初制覇を飾ったシュミノー騎手は、これからはフラットレースに専念されるそうな。「仏国の熊沢重文騎手」を目指すのも悪くはないと思いますが、まま、そこはご本人の決断というところですね。

*

しっかし、Dubawiの仔は、バリバリ走りますねー。Dubawi自身は愛2000ギニー(GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、愛ナショナルS(GI)、スーパーレイティヴS(英GIII)と8Fまでの重賞勝ちでしたが、英ダービー(GI)3着もあったように、距離の融通性も見せていました。産駒は、距離の長短や芝ダートを問わず、多数のGI馬がいます。Dubawiの父であるDubai Millenniumは、急性グラスシックネスという奇病により、わずかに一世代を残しただけで早逝。「一子相伝」の感もある中、Dubawi、20世紀末の欧州最強馬の血を見事に次代へ伝えています。

そんなDubawiの仔のGI勝ち馬を、調べられる範囲で調べてみると、、、

  1. ドバウィハイツ(2007.2.11)
    →ゲイムリーS(米GI)、イエローリボンS(現ロデオドライブS、米GI)
  2. Happy Archer(2007.10.7)
    →ガーデンプロヴィンスS(南アGI)、セクウィニS(南アGI)
  3. ラッキーナイン(2007.3.12)
    →香港スプリント(GI)、クリスフライヤーインターナショナルスプリント(星GI)2回
  4. Makfi(2007.3.4)
    →英2000ギニー(GI)、ジャック・ル・マロワ賞
  5. モンテロッソ(2007.2.14)
    →ドバイワールドカップ(UAEGI)
  6. Poet's Voice(2007.3.7)
    →クイーンエリザベス2世S(英GI)
  7. Prince Bishop(2007.2.10)
    →ドバイワールドカップ、マクトゥームチャレンジラウンド3(UAEGI)
  8. Secret Admirer(2007.9.13)
    →フライトS(豪GI)、エプソムH(豪GI)
  9. Tiger Tees(2007.10.4)
    →ザギャラクシー(豪GI)
  10. Al Kazeem(2008.4.15)
    →エクリプスS(英GI)、プリンスオブウェールズS(英GI)、タタソールズ金杯(愛GI)2回
  11. Hunter's Light(2008.1.26)
    →ローマ賞(伊GI)、マクトゥームチャレンジラウンド3、ジェベルハッタ(UAEGI)
  12. Waldpark(2008.3.29)
    →独ダービー(GI)
  13. Akeed Mofeed(2009.2.14)
    →香港カップ(GI)
  14. Shamal Wind(2009.8.19)
    →オークレイプレート(豪GI)
  15. Sheikhzayedroad(2009.3.29)
    →ノーザンダンサーターフS(加GI)
  16. Srikandi(2010.10.10)
    →ストラドブロークH(豪GI)、タタソールズティアラ(豪GI)
  17. Willow Magic(2010.10.20)
    →サウスアフリカンナーサリー(南アGI)
  18. Night of Thunder(2011.3.12)
    →英2000ギニー、ロッキンジS(英GI)
  19. Postponed(2011.4.4)
    →"キング・ジョージ"(英GI)
  20. Arabian Queen(2012.2.23)
    →英インターナショナルS(GI)
  21. Erupt(2012.2.13)
    →パリ大賞典(仏GI)
  22. New Bay(2012.2.14)
    →ジョッケクルブ賞

むぅ。洋の東西ならぬ半球の南北問わず、走りまくりですね。恐れ入谷の鬼子母神です。

なお、紹介馬の先頭に来ているドバウィハイツは、現在社台ファームで繁殖牝馬として供用されています。彼女の勝ち鞍にイエローリボンSがありますが、彼女が制した2011年のレースが最後のイエローリボンSで、2012年から現名称のロデオドライブSとなっています。イエローリボンSは、可愛らしい名称で好きな響きの牝馬限定の米GIレースだったのですが、ロデオドライブSに改称して一気にイカツイ感じになりましたね^_^;

あと、上記22頭の内、モンテロッソ、Akeed Mofeed、そして本稿で取り上げたNew Bayと、3頭が2月14日生まれですね。中島理論的には、太陽のサイクルに当たったということでしょうか。なお、モンテロッソは種牡馬として日本に輸入されており、2014年よりダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスにて繋養されています。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

|

« 第236回英ダービー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第150回愛ダービー(GI)の勝ち馬-少しでも無念を晴らせたか、W.ビュイック騎手-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/62141752

この記事へのトラックバック一覧です: 第175回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬。:

« 第236回英ダービー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第150回愛ダービー(GI)の勝ち馬-少しでも無念を晴らせたか、W.ビュイック騎手-。 »