« ノーリーズン(1999.6.4)。 | トップページ | California Chrome(2011.2.18)。 »

2014年6月 8日 (日)

第64回安田記念(GI)の勝ち馬。

ジャスタウェイ 牡 鹿毛 2009.3.8生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・大和屋暁氏 栗東・須貝尚介厩舎

ジャスタウェイ(2009.3.8)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビューパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
シビル
鹿毛 1999.5.16
仔受胎時活性値:0.25
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
種付け時活性値:0.50
Icecapade
芦毛 1969.4.4
Nearctic 1954.2.11
Shenanigans 1963.3.17
Bushel-n-Peck
黒鹿毛 1958.3.21
Khaled 1943
Dama 1950
シャロン
栗毛 1987.5.10
仔受胎時活性値:0.75
Mo Exception
栗毛 1981.4.8
種付け時活性値:1.25
Hard Work 1967.3.14
With Exception 1972.6.9
Double Wiggle
鹿毛 1978.2.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Sir Wiggle
黒鹿毛 1967.3.13
種付け時活性値:0.50
Blue Double
鹿毛 1973.4.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

ジャスタウェイ(2009.3.8)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(Halo系)
Wild Again
(Nearctic系)
Mo Exception
(Owen Tudor系)
Sir Wiggle
(Son-in-Law系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ
(アイリッシュダンス)
4.00 or 2.00 祖母がCCAオークス馬
(No.2-n)
5番仔
(5連産目)

*

以下にジャスタウェイのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Double Wiggle 1978.2.4 米2勝
|シャロン 1987.5.10 米7勝 CCAオークス(GI) ブラックアイドスーザンS(GII)含む重賞5勝
||シビル 1999.5.16 中央0勝
|||スカイノダン 2006.2.17 中央4勝 北九州記念(GIII)2着
|||ジャスタウェイ 2009.3.8 (本馬) ドバイDF(GI) 天皇賞・秋(GI) 安田記念(GI) 中山記念(GII) アーリントンC(GIII)ほか
|トーヨーレインボー 1994.5.30 中央7勝 中京記念(GIII) シリウスS(GIII)ほか
|エターナルビート 1996.5.10 中央3勝 クリスタルC(旧GIII)2着
||マルカジーク 2002.3.25 中央4勝+地方1勝 シンザン記念(GIII)3着 共同通信杯(GIII)3着
||フォーエバーモア 2011.2.6 現役 クイーンC(GIII) 阪神JF(GI)3着

*

第64回安田記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 ジャスタウェイ 牡5 58 柴田善臣 1:36.8    37.1 498
[前走計量不能]
須貝尚介 1
2 12 グランプリボス 牡6 58 三浦皇成 1:36.8 ハナ 37.2 502
[-8]
矢作芳人 16
3 11 ショウナンマイティ 牡6 58 北村宏司 1:37.3 3 37.3 502
[-2]
梅田智之 10
4 9 ダノンシャーク 牡6 58 内田博幸 1:37.4 クビ 38.2 444
[-4]
大久保龍志 9
5 17 ワールドエース 牡5 58 C.ウィリアムズ 1:37.4 クビ 37.8 466
[0]
池江泰寿 3

伊達や酔狂で国際クラシフィケイション単独トップには立てません。

鞍上ノ乗リ替ワリニモマケズ、1番人気ニモマケズ、雨ニモマケズ、ジャスタウェイ。

最後の最後、本当に最後の最後の決勝点で、グランプリボス(2008.3.28)を差し切りました。

恐るべしは、その勝負強さ。そうして、ハーツクライ産駒の3週連続GI制覇は遂げられたのでした。

 

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« ノーリーズン(1999.6.4)。 | トップページ | California Chrome(2011.2.18)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

グランプリボスが勝ったと思ったんですが、ジャスタウェイが追い抜いていく最後の数完歩はしびれました。
中島理論的にも注目していたのですが、父系が非SSでも、母系にSSが残っていると、闘争心に影響があるのだなぁと
思った次第です。
血の飽和という観点だけからいえば、とうに臨界点は超えてしまっているように思います。今回のメンバーを見ても
グロリアスデイズを除いたら、SSフリーはレッドスパーダだけですし。

投稿: ゴリ | 2014年6月 8日 (日) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/59781844

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回安田記念(GI)の勝ち馬。:

« ノーリーズン(1999.6.4)。 | トップページ | California Chrome(2011.2.18)。 »