« 第19回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | イングランディーレ(1999.5.21)。 »

2014年5月18日 (日)

第9回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。

ヴィルシーナ 牝 青毛 2009.3.5生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・佐々木主浩氏 栗東・友道康夫厩舎

ヴィルシーナ(2009.3.5)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28

Burghclere
鹿毛 1977.4.26

Busted 1963
Highclere 1971
ハルーワスウィート
栗毛 2001.3.12
仔受胎時活性値:1.75
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:1.25
★Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Coup de Folie
鹿毛 1982.4.2
Halo 1969.2.7
Raise the Standard 1978.3.31
ハルーワソング
栗毛 1996.5.15
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Morn of Song
鹿毛 1988.3.20
仔受胎時活性値:1.75
Blushing Groom
栗毛 1974
種付け時活性値:1.25
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Halo3×4・5、Northern Dancer5×4、Natalma(♀)5×5(母方)>

ヴィルシーナ(2009.3.5)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Machiavellian
(Mr.Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 5.25 4代母が言わずもがなの名牝
(No.12-c)
2番仔
(2連産目)

*

では、以下にヴィルシーナのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Morn of Song 1988.3.20 英米3勝
|ハルーワソング 1996.5.15 不出走
||ハルーワスウィート 2001.3.12 中央5勝
|||ヴィルシーナ 2009.3.5 (本馬) ヴィクトリアマイル(GI)2回 クイーンC(GIII)ほかGI2着4回
||フレールジャック 2008.5.25 中央4勝 ラジオNIKKEI賞(GIII) 神戸新聞杯(GII)3着
||マーティンボロ 2009.8.20 現役 中日新聞杯(GIII)
|Mezzo Soprano 2000.3.1 仏米英UAE4勝 ヴェルメイユ賞(仏GI) リブルズデイルS(英GII)3着 プシシェ賞(仏GIII)3着
||Claremont 2006.4.25 仏英UAE4勝 リス賞(仏GIII) ジョッキークラブS(英GII)3着 オカール賞(仏GII)3着ほか英GIII3着

同い年の叔父マーティンボロが「8月生まれ」ということに目が行きますね。井崎センセイのWeb記事「【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】遅生まれのサラブレッド 重賞初勝利 - MSN産経west」によりますと、

実はこの馬、ディープインパクトの産駒を南半球のオーストラリアへ輸出するために、実験的にわざと遅生まれにした馬なのである。

とのこと。マーティンボロは、検疫の問題などもあり、結果的に日本で走ることになったそうですが、日本の馬産も多様性を増していますね。

*

第9回ヴィクトリアマイル(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ヴィルシーナ 牝5 55 内田博幸 1:32.3    34.3 456
[-4]
友道康夫 11
2 4 メイショウマンボ 牝4 55 武幸四郎 1:32.4 1/2 33.5 486
[+6]
飯田祐史 3
3 1 ストレイトガール 牝5 55 岩田康誠 1:32.4 アタマ 33.2 456
[+2]
藤原英昭 6
4 9 ホエールキャプチャ 牝6 55 蛯名正義 1:32.4 クビ 33.7 480
[-2]
田中清隆 2
5 10 キャトルフィーユ 牝5 55 C.ウィリアムズ 1:32.4 ハナ 34.0 464
[+2]
角居勝彦 13

レース史上初めての連覇、成る。昨年2013年は1番人気に推された、ヴィルシーナ。1年経った今年2014年は11番人気と大幅に人気を下げていましたが、馬は自分の得意なコースは嬉々として走るのでしょう。気が付けば、ヴィルシーナの制した3つの重賞は、すべて東京芝1600m。

ましてや、この連覇について見直してみれば、

2013年と2014年のヴィクトリアマイルのラップ比較
   1F 2F 3F 4F 5F 6F 7F 8F 合計
2013年 12.4 10.8 11.4 11.7 11.9 11.4 11.2 11.6 92.4
2014年 12.4 10.7 11.6 11.5 11.8 11.4 11.2 11.7 92.3
2013年-2014年
(ラップ差)
0.0 0.1 -0.2 0.2 0.1 0.0 0.0 -0.1 0.1

なんという、再現ラップ。抜群のスタートを切ったのは昨年も今年も同じ。昨年は差のない先行2番手から、今年は逃げて自らペースを作った結果です。

淀みない流れで前に行き、最後の我慢比べとなった時に生きる、その勝負根性。

ヴィルシーナ、1年ぶりに見せた、強いレースぶり。そうして、再度掴んだのは、GI2勝目の頂きでした。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第19回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | イングランディーレ(1999.5.21)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/59665305

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。:

« 第19回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | イングランディーレ(1999.5.21)。 »