« 第9回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第75回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »

2014年5月21日 (水)

イングランディーレ(1999.5.21)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2014年も毎週水曜日にお届けしたいと思います。その第12回は「芝ダート兼用の長距離砲」を。

イングランディーレ 牡 鹿毛 1999.5.21生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田千津氏 美浦・清水美波厩舎

イングランディーレ(1999.5.21)の4代血統表

ホワイトマズル
鹿毛 1990.3.21
種付け時活性値:0.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
Fair of the Furze
鹿毛 1982.6.15
Ela-Mana-Mou
黒鹿毛 1976.2.28
ピットカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Autocratic
鹿毛 1974.4.22
Tyrant 1966.3.23
Flight Table 1965.2.13
マリリンモモコ
栗毛 1986.3.10
仔受胎時活性値:1.00
リアルシャダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:1.50
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Desert Vixen
黒鹿毛 1970.4.19
In Reality 1964.3.1
Desert Trial 1963.5.14
ピーチクリアー
栗毛 1979.6.8
仔受胎時活性値:1.50
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
シャダイクリアー
栗毛 1972.5.14
仔受胎時活性値:1.50
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:1.50
ペルルピーチ
黒鹿毛 1964.4.10
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

イングランディーレ(1999.5.21)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ホワイトマズル
(Lyphard系)
リアルシャダイ
(Roberto系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
ガーサント
(Hermit系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーザンテースト
(Gainsborough)
5.75
(No.4-r クヰツクランチ系)
7番仔
(5連産目)

*

第129回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 イングランディーレ 牡5 58 横山典弘 3:18.4    36.1 518
[-3]
清水美波 10
2 16 ゼンノロブロイ 牡4 58 D.オリヴァー 3:19.5 7 35.1 494
[-8]
藤沢和雄 4
3 8 シルクフェイマス 牡5 58 四位洋文 3:19.8 1.3/4 35.6 482
[+2]
鮫島一歩 5
4 9 チャクラ 牡4 58 後藤浩輝 3:19.9 1/2 35.5 460
[-4]
安達昭夫 9
5 2 ナリタセンチュリー 牡5 58 吉田稔 3:20.1 1.1/4 34.9 470
[+2]
藤沢則雄 13

気分良くスイスイと逃げた、イングランディーレと横山典弘騎手。だから、淀の長距離戦でノリさんを単騎で行かせるなと。そう思ってみても、後続勢は、後の祭り。終わってみれば、7馬身差の大楽勝。

「4歳4強」と目された馬たちは、先行流れ込みで2着に踏ん張ったゼンノロブロイ(2000.3.27)以外、ネオユニヴァース(2000.5.21)10着、リンカーン(2000.3.18)13着、ザッツザプレンティ(2000.5.26)16着と、見事にトンコロを食らってしまいました。

淀芝3200mの舞台の難しさを改めて思った、2004年の天皇賞・春でした。

*

天皇賞・春、日経賞(GII)、ダイヤモンドS(GIII)とJRAの長距離芝重賞3勝の他にも、ブリーダーズGC(統一GII)、白山大賞典(統一GIII)とダート交流重賞2勝も挙げ、芝ダート兼用の長距離砲として名を成した、イングランディーレ。

天皇賞・春を制した2004年には英国遠征を果たし、距離20ハロンのGIであるアスコット開催のゴールドカップ(英GI)にも出走しました。ブリーダーズGCが今年2014年から牝馬限定重賞(JpnIII)になったこともあり、「『ブリーダーズゴールドカップ』と『ゴールドカップ』に出走した馬」は、イングランディーレが最初にして最後になるでしょう。もとより、ゴールドカップに挑む日本馬が、これから出てくるのか、どうか……。

長距離での活躍が顕著な馬は、なかなかに種牡馬として需要がない、現在の日本。それでも、イングランディーレは芝ダート兼用ぶりが見込まれたのか、現在のところダート競馬のみの韓国は金岳牧場で種牡馬入りし、2012年のコリアンダービー馬チグミスンガン(2009.3.23)を輩出しています。

いずこでも、「ダービー馬の父」になったのですから、イングランディーレ、立派です。彼の地で、これからも良い仔を残していって欲しいと願います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第9回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第75回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/59679391

この記事へのトラックバック一覧です: イングランディーレ(1999.5.21)。:

« 第9回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第75回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »