« 第149回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | イナリワン(1984.5.7)。 »

2014年5月 5日 (月)

第149回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。

フェノーメノ 牡 青鹿毛 2009.4.20生 平取・追分ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・戸田博文厩舎

フェノーメノ(2009.4.20)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
ディラローシェ
鹿毛 1999.3.17.
仔受胎時活性値:0.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Sea Port
鹿毛 1980.5.13
仔受胎時活性値:0.50
★Averof
黒鹿毛 1971
種付け時活性値:0.00
Sing Sing 1957
Argentina 1957
Anchor
栗毛 1966
仔受胎時活性値:1.25
Major Portion
栗毛 1955
種付け時活性値:0.50
Ripeck
黒鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Ribot5×5(母方)、Natalma(♀)5×5(母方)>

フェノーメノ(2009.4.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
デインヒル
(Danzig系)
Averof
(Owen Tudor系)
Major Portion
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ステイゴールド
(サンデーサイレンス)
3.50 伯父インディジェナス
(No.11-d)
5番仔+
(5連産目+)

*

では、以下にフェノーメノのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Anchor 1966 英2勝 ネルグウィンS(GIII)
|Sea Anchor 1972 英5勝 キングエドワード7世S(GII) ヘンリー2世S(GIII) ドンカスターC(GIII)他
|Killick 1975 不出走
||Cavalry 1983.10.12 豪6勝 ブラックダグラスS(GIII)
|Sea Harrier 1978.3.29 英0勝
||Water Boatman 1984.4.6 豪英愛11勝 アデレードS(豪GI) レインラヴァープレート(豪GIII) チェルトナムC(GIII) ウエストエンドエクスポートS(豪GIII)
||Hill Hopper 1991.3.22 英4勝 クライテリオンS(GIII)
|||Nannina 2003.2.9 英愛仏5勝 コロネーションS(英GI) フィリーズマイル(英GI) ウィンザーフォレストS(英GII) プレスティージS(GIII)他
||Castara Beach 1996.3.11 英0勝
|||Steinbeck 2007.2.9 愛英米香5勝 ソロナウェーS(愛GIII)他
|Sea Port 1980.5.13 英愛0勝
||インディジェナス 1993.4.25 海外16勝+中央0勝 香港国際ヴァーズ(当時GII。現香港ヴァーズ、GI) ジャパンカップ(GI)2着他
||ディラローシェ 1999.3.17 愛米2勝
|||フェノーメノ 2009.4.20 (本馬) 天皇賞・春(GI)2回 日経賞(GII) セントライト記念(GII) 青葉賞(GII)他

*

第149回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 フェノーメノ 牡5 58 蛯名正義 3:15.1    34.3 498
[+10]
戸田博文 4
2 12 ウインバリアシオン 牡6 58 武幸四郎 3:15.1 クビ 34.1 526
[0]
松永昌博 3
3 6 ホッコーブレーヴ 牡6 58 田辺裕信 3:15.1 ハナ 34.0 478
[-2]
松永康利 12
4 14 キズナ 牡4 58 武豊 3:15.2 1/2 34.0 492
[-6]
佐々木晶三 1
5 9 タニノエポレット 牡7 58 和田竜二 3:15.4 1 1/2 34.1 506
[-2]
村山明 13

果たされたのは、メジロマックイーン(1987.4.3)テイエムオペラオー(1996.3.13)に次ぐ史上3頭目の春の盾連覇。

防衛王者の意地。

フェノーメノ、ポルトガル語の「怪物」をその名に戴く青鹿毛馬は、左前脚の繋靱帯炎を乗り越えて、フェノーメノで在り続けました。

 

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第149回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | イナリワン(1984.5.7)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/59590262

この記事へのトラックバック一覧です: 第149回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。:

« 第149回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | イナリワン(1984.5.7)。 »