« 第65回朝日杯FS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第31回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 »

2013年12月22日 (日)

第58回有馬記念(GI)の勝ち馬。

オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

オルフェーヴル(2008.5.14)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト
栗毛 1971
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961
Lady Victoria 1962
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

オルフェーヴル(2008.5.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Djebel系)
◆ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Lt.Stevens
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lt.Stevens
(エレクトロアート)
5.00 or 3.00 全兄ドリームジャーニー
(No.8-c)
5番仔
(5連産目)

*

以下にオルフェーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 中央9勝 有馬記念(GI) 宝塚記念(GI) 朝日杯FS(現GI)含む重賞7勝
|||オルフェーヴル 2008.5.14 (本馬) 東京優駿(GI) 菊花賞(GI) 皐月賞(GI) 有馬記念(GI)2回 宝塚記念(GI) フォア賞(仏GII)2回 大阪杯(GII) 神戸新聞杯(GII) スプリングS(GII)ほか

兄弟で重ねたJRAGI勝利は合計9つで、ダイワメジャー(2001.4.8)&ダイワスカーレット(2004.5.13)兄妹と並ぶ最多勝記録となりました。素晴らしきはオルフェーヴル、敬うべきはドリームジャーニー、そして尊ぶべきは母オリエンタルアート。

*

第58回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 オルフェーヴル 牡5 57 池添謙一 2:32.3    36.0 466
[不明]
池江泰寿 1
2 4 ウインバリアシオン 牡5 57 岩田康誠 2:33.6 8 37.3 534
[-4]
松永昌博 4
3 14 ゴールドシップ 牡4 57 R.ムーア 2:33.8 1 1/2 37.8 498
[-2]
須貝尚介 2
4 11 ラブイズブーシェ 牡4 57 武豊 2:34.2 2 1/2 37.6 456
[+6]
村山明 12
5 7 タマモベストプレイ 牡3 55 和田竜二 2:34.3 クビ 38.3 496
[-6]
南井克巳 16

強かった。圧巻のマクリ一発、同期のウインバリアシオン(2008.4.10)を8馬身置き去りにした末脚。

金色の三冠馬は、その褪せることのない記録と記憶で、後世に語り継がれていくのでしょう。

世代を重ねる役目が待っています。願わくは、自身の仔から、自身の果たせなかった凱旋門賞(仏GI)を制する馬を送り込んで欲しいもの。

時は馬と共に駆け、血は馬と共に巡り、夢も馬と共に続いて行きます。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第65回朝日杯FS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第31回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

オオハシさん、ご無沙汰しております、blandfordでございます。
ご連絡したいことがあります。恐縮ですがメールいただけないでしょうか。
以前使用していたPCが壊れ、オオハシさんのメアドが
分からなくなってしまいました。
お時間のあるときにでも、ご一報いただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

投稿: blandford | 2013年12月23日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58800552

この記事へのトラックバック一覧です: 第58回有馬記念(GI)の勝ち馬。:

« 第65回朝日杯FS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第31回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 »