« 第33回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第65回阪神JF(GI)の勝ち馬。 »

2013年12月 8日 (日)

第14回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。

ベルシャザール 牡 青鹿毛 2008.4.25生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・松田国英厩舎

ベルシャザール(2008.4.25)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
マルカキャンディ
青鹿毛 1996.5.13
仔受胎時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ジーナロマンティカ
鹿毛 1988.3.31
仔受胎時活性値:1.75
セクレト
鹿毛 1981.2.12
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Betty's Secret 1977.5.4
Waya
鹿毛 1974.3.30
仔受胎時活性値:1.25
Faraway Son
鹿毛 1967.3.30
種付け時活性値:1.50
War Path
鹿毛 1963.3.4
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5・5×4>

ベルシャザール(2008.4.25)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
セクレト
(Northern Dancer系)
Faraway Son
(Tourbillon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ 4.25 母がGIII勝ち馬
(No.1-e)
5番仔
(5連産目)

*

では、以下にベルシャザールのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の格付は施行当時のものです。

Waya 1974.3.30 米仏14勝 マンノウォーS(米GI) ベルデイムS(米GI) サンタバーバラH(米GI) トップフライトH(米GI)含む重賞7勝
|Vidalia 1981.3.13 伊米2勝 クリテリウムフェミニーレ(伊GIII)
||Prospect Dalia 1990.5.26 米1勝
|||Lermontov 1997.2.4 英米4勝 ベレスフォードS(英GIII) レーシングポストトロフィー(英GI)2着
|Wayage 1984.5.6 仏0勝
||Secrage 1990.3.4 仏伊英4勝 カブール賞(仏GIII) モルニー賞(仏GI)2着ほか
||Crystal Castle 1998.3.6 英仏米UAE加5勝 ダイアデムS(英GII) モートリー賞(仏GIII) カブール賞ほか
|ジーナロマンティカ 1988.3.31 米3勝 ロングアイランドH(米GII)3着
||マルカキャンディ 1996.5.13 中央7勝 府中牝馬S(GIII)
|||ライムキャンディ 2005.5.4 中央2勝 クイーンC(GIII)2着
|||ベルシャザール 2008.4.25 (本馬) ジャパンカップダート(GI) 武蔵野S(GIII) スプリングS(GII)2着 東京優駿(GI)3着ほか
|Seattle Way 1990.4.17 米0勝
||Pretty Prolific 2006.3.13 米3勝 シュガースワールS(米GIII) テストS(GI)2着ほか
|De Niro 1992.5.14 米2勝 トレモントBCS(GIII)

活力充分な1号族。ベルシャザールの母マルカキャンディは、かつて"「府中牝馬S(GIII)」と聞くと、マルカキャンディ(1996.5.13)を思う。" と書いておりました。マルカキャンディ、ティコティコタック(1997.3.11)、スリーローマン(1997.5.20)の関西馬3頭で決まった2001年のレース。ふと思えば、2着の秋華賞(GI)馬を挟んで、1着馬、3着馬がGI馬の勝ち馬の母になりました。スリーローマンの仔は、伝説の新馬戦の4着馬にして菊花賞(GI)馬スリーロールス(2006.4.26)ですね。

また、マルカキャンディは京都芝1800mの下鴨S(準OP)で1分44秒7のレコードタイムを叩き出しましたが、2013年現在も、京都芝1800mのレコードタイムとして燦然と輝いています(参考:中央競馬レコードタイム 京都競馬場 -芝コース-)。ちなみに、マルカキャンディが下鴨Sを制したのは2001年5月13日。自身満5歳の誕生日を勝利で祝ったのでした。

*

第14回ジャパンカップダート(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 ベルシャザール 牡5 57 C.ルメール 1:50.4    36.1 538
[+2]
松田国英 3
2 8 ワンダーアキュート 牡7 57 武豊 1:50.4 クビ 35.9 522
[+3]
佐藤正雄 6
3 6 ホッコータルマエ 牡4 57 幸英明 1:50.5 1/2 36.6 506
[-2]
西浦勝一 1
4 7 ブライトライン 牡4 57 福永祐一 1:51.0 3 36.8 528
[+6]
鮫島一歩 7
5 14 ニホンピロアワーズ 牡6 57 酒井学 1:51.2 1 1/4 37.2 540
[+8]
大橋勇樹 5

2年前の東京優駿3着馬が、バビロニアの王ならぬ、砂の王となりました。ベルシャザール、左前脚の骨折を乗り越えてのGI制覇は、ただただ立派。

マツクニ先生にとっても、古馬年齢に達した牡馬によるGI初制覇でした。ましてや、かつて自身の手掛けたキングカメハメハの仔だったのですから、喜びもひとしおだったでしょう。

ベルシャザール、新マツクニ流で育てられた牡馬として、これからも砂の強者として、勝利を重ねていって欲しいものです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第33回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第65回阪神JF(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。府中市つのだです。阪神JFはオオハシさん推奨のフォーエバーモアが人気薄を跳ね返して3着でしたね。そして1、2着は★ステイゴールドと★ディープインパクト。また中島理論の凄さを垣間見た気がします。後は牡馬の中島理論的良馬を期待します。ロードカナロア産駒も早く見たいですね。

投稿: つのだ | 2013年12月 8日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58718473

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。:

« 第33回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第65回阪神JF(GI)の勝ち馬。 »