« 第148回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第30回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »

2013年11月10日 (日)

第38回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬。

メイショウマンボ 牝 鹿毛 2010.2.25生 浦河・高昭牧場生産 馬主・松本好雄氏 栗東・飯田明弘厩舎

メイショウマンボ(2010.2.25)の4代血統表

スズカマンボ
鹿毛 2001.4.28
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スプリングマンボ
鹿毛 1995.4.16
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
キーフライヤー
鹿毛 1986.3.30
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
メイショウモモカ
栗毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.75
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:1.50
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
メイショウアヤメ
鹿毛 1995.3.2
仔受胎時活性値:1.50
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.75
Mr.Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ウイルムーン
鹿毛 1987.4.6
仔受胎時活性値:1.75
ミルジョージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:0.75
ダイアンベンチャ
鹿毛 1978.3.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4、Nijinsky4×5、Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5>

メイショウマンボ(2010.2.25)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スズカマンボ
(Halo系)
グラスワンダー
(Roberto系)
ジェイドロバリー
(Mr.Prospector系)
ミルジョージ
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジェイドロバリー
(Aristophanes)
7.00 or 5.00 祖母がOP特別2勝馬
(No.9-c ダイアンケー系)
4番仔
(4連産目)

*

では、以下にメイショウマンボのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ウイルムーン 1987.4.6 中央1勝
|メイショウアヤメ 1995.3.2 中央3勝 葵S(OP) フェニックス賞(OP) 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)2着
||メイショウモモカ 2002.4.5 中央0勝
|||メイショウマンボ 2010.2.25 (本馬) 優駿牝馬(GI) エリザベス女王杯(GI) 秋華賞(GI) フィリーズレビュー

1952年に米国から輸入されたダイアンケー(1950.4.12)を祖とする牝系。ダイアンケーの仔である菊花賞(現GI)馬ダイコーター(1962.6.8)から連なる淀上手の血なのか、メイショウマンボ、淀は[4-1-0-0]と100%連対を継続中です。

*

第38回エリザベス女王杯(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 メイショウマンボ 牝3 54 武幸四郎 2:16.6    34.1 488
[0]
飯田明弘 2
2 18 ラキシス 牝3 54 川田将雅 2:16.8 1 1/4 34.6 456
[-4]
角居勝彦 6
3 7 アロマティコ 牝4 56 三浦皇成 2:16.8 クビ 34.1 466
[-2]
佐々木晶三 5
4 17 トーセンアルニカ 牝3 54 池添謙一 2:17.1 1 3/4 34.7 438
[0]
木村哲也 13
5 14 デニムアンドルビー 牝3 54 内田博幸 2:17.1 アタマ 34.1 440
[-2]
角居勝彦 3

統一女王、成る。終わってみれば、ただただ強かった、2013年の2冠牝馬メイショウマンボ。雨ニモマケズ、重馬場ニモマケズ、そして古馬ニモマケズ。中団7番手からメンバー最速タイの上がり3ハロン34秒1を繰り出して、堂々と戴冠。お見事でした。

お見事といえば、古馬混合GIなのに、上位5頭中4頭までもが3歳馬。戦前、世代のレベル云々を問われたようですが、なんのなんの。粒ぞろい。

世代の牽引役として、メイショウマンボ、これからも強い姿を見せ続けて欲しいものです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第148回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第30回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

pednetがまた落ちてます。復旧すればいいのですが。かなり頑張って登録したので、消えてしまうと非常につらいです。
もしどこかに移転していた場合、見つけたら教えてください。

投稿: much_better | 2013年11月16日 (土) 22時14分

無事復旧しましたね。

投稿: much_better | 2013年11月21日 (木) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58549467

この記事へのトラックバック一覧です: 第38回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬。:

« 第148回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第30回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬。 »