« 第47回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。 »

2013年10月13日 (日)

第18回秋華賞(GI)の勝ち馬。

メイショウマンボ 牝 鹿毛 2010.2.25生 浦河・高昭牧場生産 馬主・松本好雄氏 栗東・飯田明弘厩舎

メイショウマンボ(2010.2.25)の4代血統表

スズカマンボ
鹿毛 2001.4.28
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スプリングマンボ
鹿毛 1995.4.16
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
キーフライヤー
鹿毛 1986.3.30
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
メイショウモモカ
栗毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.75
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:1.50
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
メイショウアヤメ
鹿毛 1995.3.2
仔受胎時活性値:1.50
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.75
Mr.Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ウイルムーン
鹿毛 1987.4.6
仔受胎時活性値:1.75
ミルジョージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:0.75
ダイアンベンチャ
鹿毛 1978.3.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4、Nijinsky4×5、Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5>

メイショウマンボ(2010.2.25)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スズカマンボ
(Halo系)
グラスワンダー
(Roberto系)
ジェイドロバリー
(Mr.Prospector系)
ミルジョージ
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジェイドロバリー
(Aristophanes)
7.00 or 5.00 祖母がOP特別2勝馬
(No.9-c ダイアンケー系)
4番仔
(4連産目)

*

では、以下にメイショウマンボのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ウイルムーン 1987.4.6 中央1勝
|メイショウアヤメ 1995.3.2 中央3勝 葵S(OP) フェニックス賞(OP) 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)2着
||メイショウモモカ 2002.4.5 中央0勝
|||メイショウマンボ 2010.2.25 (本馬) 優駿牝馬(GI) 秋華賞(GI) フィリーズレビュー

1952年に米国から輸入されたダイアンケー(1950.4.12)を祖とする牝系。ダイアンケーの仔ダイコーター(1962.6.8)が勝利した菊花賞(現GI)から48年、同じ淀の舞台で再び花開きました。

*

第18回秋華賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 メイショウマンボ 牝3 55 武幸四郎 1:58.6    34.2 488
[+2]
飯田明弘 3
2 1 スマートレイアー 牝3 55 武豊 1:58.8 1 1/4 34.0 466
[+4]
大久保龍志 2
3 13 リラコサージュ 牝3 55 池添謙一 1:58.8 アタマ 34.1 414
[-12]
藤原英昭 15
4 14 デニムアンドルビー 牝3 55 内田博幸 1:58.8 ハナ 34.3 442
[-4]
角居勝彦 1
5 11 リボントリコロール 牝3 55 横山典弘 1:58.9 1/2 33.8 444
[0]
菊沢隆徳 12

「正直、自信がありました」。そう言い切った、武幸四郎騎手の期待に応えた、メイショウマンボ。優駿牝馬に続いての秋華賞制覇で、牝馬2冠達成。優駿牝馬と秋華賞の2冠は2006年のカワカミプリンセス(2003.6.5)以来7年ぶり。

7年前といえば、秋華賞の翌週に行われた菊花賞で、メイショウサムソン(2003.3.7)の3冠を阻んで勝利を収めたのが、ソングオブウインド(2003.2.20)と武幸四郎騎手でした。

時は流れ、血は通い、人は巡ります。

そうして、メイショウマンボとその周りにいる人々に、これからも幸多からんことを。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。秋華賞のゴール前後のオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第47回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58377575

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回秋華賞(GI)の勝ち馬。:

« 第47回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。 »