« 第74回菊花賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第148回天皇賞・秋(GI)の出走予定馬について。 »

2013年10月23日 (水)

過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。

過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
2
0
1
2
1 エイシンフラッシュ
(2007.3.27)
[8-a]
3番仔
(3連産目)
キングズベスト プラティニ Sure Blade Konigsstuhl
2 フェノーメノ
(2009.4.20)
[11-d]
5番仔
(5連産目)
ステイゴールド デインヒル Averof Major Portion
2
0
1
1
1 トーセンジョーダン
(2006.2.4)
[9-a]
5番仔
(5連産目)
ジャングルポケット ノーザンテースト Crafty Prospector ★Secretariat
2 ダークシャドウ
(2007.2.17)
[A4]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Private Account Danzig Sir Ivor
2
0
1
0
1 ブエナビスタ
(2006.3.14)
[16-c]
6番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Caerleon Lord Gayle Luciano
2 ペルーサ
(2007.3.20)
[6-a]
4番仔
(3連産目)
ゼンノロブロイ Candy Stripes Propicio Samos
2
0
0
9
1 カンパニー
(2001.4.24)
[9-a]
6番仔
(6連産目)
ミラクルアドマイヤ ノーザンテースト Crafty Prospector ★Secretariat
2 スクリーンヒーロー
(2004.4.18)
[1-s]
5番仔
(3連産目)
★グラスワンダー サンデーサイレンス ノーザンテースト モデルフール
2
0
0
8
1 ウオッカ
(2004.4.4)
[3-l フロリースカップ系]
4番仔
(2連産目)
タニノギムレット ルション トウショウボーイ ダンディルート
2 ダイワスカーレット
(2004.5.13)
[4-d]
10番仔
(4連産目)
アグネスタキオン ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
2
0
0
7
1 メイショウサムソン
(2003.3.7)
[3-l フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ
2 アグネスアーク
(2003.4.25)
[4-r]
7番仔
(7連産目)
アグネスタキオン ベリファ ★Mr.Prospector Bold Reason
2
0
0
6
1 ダイワメジャー
(2001.4.8)
[4-D]
7番仔
(空胎後)
サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
2 スウィフトカレント
(2001.4.9)
[8-D]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Machiavellian Bustino Lorenzaccio
2
0
0
5
1 ヘヴンリーロマンス
(2000.3.5)
[13-C]
8番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス Sadler's Wells Ribot Dedicate
2 ゼンノロブロイ
(2000.3.27)
[2-B]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マイニング Clever Trick Pia Star
2
0
0
4
1 ゼンノロブロイ
(2000.3.27)
[2-B]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マイニング Clever Trick Pia Star
2 ダンスインザムード
(2001.4.10)
[7]
12番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス Nijinsky Key to the Mint Raise a Native
2
0
0
3
1 シンボリクリスエス
(1999.1.21)
[8-H]
2番仔
(不受胎後)
Kris S. ★Gold Meridian Tri Jet Francis S.
2 ツルマルボーイ
(1998.3.5)
[6-A]
初仔 ダンスインザダーク サッカーボーイ アローエクスプレス ダイハード

勝ち馬について大雑把に言えば、SS直仔全盛が終わった後は、それ以外の血統というところでしょうか。メイショウサムソンが勝った2007年以降の近6年を見れば、勝ち馬は非SS、あるいはSSの0化がなされていますね。

今年2013年の出走予定馬のうち、非SS(Halo含む)あるいはSSの0化がなされている馬たちを獲得賞金順に列記します。

  1. トーセンジョーダン
  2. エイシンフラッシュ
  3. ヒットザターゲット
  4. ヴェルデグリーン
  5. アンコイルド

むぅ、前哨戦のGIIを勝った馬が3頭含まれていますね。エイシンフラッシュ(2007.3.27)、ヒットザターゲット(2008.3.6)、ヴェルデグリーン(2008.3.26)。そして、一昨年の勝ち馬にして日本レコードホルダー、トーセンジョーダン(2006.2.4)。最後に夏に力を付け直してきた、アンコイルド(2009.5.1)。

果たして、第148回天皇賞・秋の結果や、如何に。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第74回菊花賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第148回天皇賞・秋(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58434639

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。:

« 第74回菊花賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第148回天皇賞・秋(GI)の出走予定馬について。 »