« 第18回秋華賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 »

2013年10月16日 (水)

過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。

過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
2
0
1
2
1 ゴールドシップ
(2009.3.6)
[16-h 星旗系]
5番仔
(流産後)
ステイゴールド メジロマックイーン プルラリズム トライバルチーフ
2 スカイディグニティ
(2009.3.10)
[2-c]
8番仔
(4連産目)
ブライアンズタイム ノーザンテースト Alleged Bold Bidder
2
0
1
1
1 オルフェーヴル
(2008.5.14)
[8-c]
5番仔
(5連産目)
ステイゴールド メジロマックイーン ◆ノーザンテースト Lt.Stevens
2 ウインバリアシオン
(2008.4.10)
[19-c]
8番仔
(3連産目)
ハーツクライ Storm Bird Time for a Change Dancing Count
2
0
1
0
1 ビッグウィーク
(2007.3.20)
[2-u]
2番仔
(不受胎後)
バゴ サンデーサイレンス ノーザンディクテイター Hugh Lupus
2 ローズキングダム
(2007.5.10)
[1-w]
3番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Shirley Heights Lyphard
2
0
0
9
1 スリーロールス
(2006.4.26)
[7-d アストニシメント系]
3番仔
(3連産目)
ダンスインザダーク ブライアンズタイム ブレイヴェストローマン ネプテューヌス
2 フォゲッタブル
(2006.4.3)
[8-f パロクサイド系]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
2
0
0
8
1 オウケンブルースリ
(2005.2.24)
[13-C]
6番仔+
(3連産目)
ジャングルポケット Silver Deputy Northern Jove Ribot
2 フローテーション
(2005.4.14)
[9-C]
6番仔
(2連産目)
スペシャルウィーク リアルシャダイ Affirmed Minnesota Mac
2
0
0
7
1 アサクサキングス
(2004.3.23)
[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
2 アルナスライン
(2004.2.18)
[9-C]
8番仔+
(2連産目)
アドマイヤベガ ★El Gran Senor Graustark Raise a Native
2
0
0
6
1 ソングオブウインド
(2003.2.20)
[9-F ファンシミン系]
初仔 エルコンドルパサー サンデーサイレンス トニービン ヒッティングアウェー
2 ドリームパスポート
(2003.3.14)
[1-T]
初仔 フジキセキ トニービン ディクタス ノーザンテースト
2
0
0
5
1 ディープインパクト
(2003.3.25)
[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
2 アドマイヤジャパン
(2002.4.16)
[16-C]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Caerleon Lord Gayle Luciano
2
0
0
4
1 デルタブルース
(2001.5.3)
[3-D]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Dixieland Band Alleged Sir Ivor
2 ホオキパウェーブ
(2001.3.16)
[5-G]
8番仔+
(7連産目+)
カーネギー Mr. Prospector Sir Gaylord Traffic Judge
2
0
0
3
1 ザッツザプレンティ
(2000.5.26)
[1-E]
8番仔
(流産後)
ダンスインザダーク Miswaki Lyphard Prominer
2 リンカーン
(2000.3.18)
[1-L]
初仔 サンデーサイレンス トニービン Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス

菊花賞の歴史に厳然と横たわる事実として、「勝ち馬の4代血統構成には、必ず1系は、Phalaris系ではない異系が組み込まれている」、というものがあります。

つまりは、字面上Phalaris(1913)系の4代累代馬は2着まで。かの「世紀末覇王」テイエムオペラオー(1996.3.13)でも、秋に昇るHampton(1872)系を直父系に持つナリタトップロード(1996.4.4)の2着でした。1999年の第60回菊花賞、現地で見ていた、なんていうのも遠い昔のお話です(^^ゞ

1999年の菊花賞連対馬


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
1 ナリタトップロード
(1996.4.4)
[18]
6番仔
(6連産目)
サッカーボーイ Affirmed Never Bend Double Jay
2 テイエムオペラオー
(1996.3.13)
[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone

詳しくは後日の記事に譲りますが、今年2013年、断然の1番人気と目されるエピファネイア(2010.2.11)は、テイエムオペラオーと同じく、字面上Phalaris系の4代累代馬です。エピファネイア、テイエムオペラオーと同じく、Sadler's Wells(1981.4.11)の血を持ち、母が不受胎後の仔という背景はあります。また、テイエムオペラオーの時のように、春の上位馬が居る訳でもない、今年の菊花賞。果たして、史上初となる字面上Phalaris系の4代累代馬による菊花賞制覇は成されるのか否か。天の配剤や、如何に。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第18回秋華賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/58392813

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の菊花賞(GI)連対馬の4代血統構成について(2013年版)。:

« 第18回秋華賞(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 »