« サクラローレル(1991.5.8)。 | トップページ | アグネスデジタル(1997.5.15)。 »

2013年5月12日 (日)

第8回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。

ヴィルシーナ 牝 青毛 2009.3.5生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・佐々木主浩氏 栗東・友道康夫厩舎

ヴィルシーナ(2009.3.5)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28

Burghclere
鹿毛 1977.4.26

Busted 1963
Highclere 1971
ハルーワスウィート
栗毛 2001.3.12
仔受胎時活性値:1.75
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:1.25
★Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Coup de Folie
鹿毛 1982.4.2
Halo 1969.2.7
Raise the Standard 1978.3.31
ハルーワソング
栗毛 1996.5.15
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Morn of Song
鹿毛 1988.3.20
仔受胎時活性値:1.75
Blushing Groom
栗毛 1974
種付け時活性値:1.25
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Halo3×4・5、Northern Dancer5×4、Natalma(♀)5×5(母方)>

ヴィルシーナ(2009.3.5)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Machiavellian
(Mr.Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 5.25 4代母が言わずもがなの名牝
(No.12-c)
2番仔
(2連産目)

*

では、以下にヴィルシーナのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Morn of Song 1988.3.20 英米3勝
|ハルーワソング 1996.5.15 不出走
||ハルーワスウィート 2001.3.12 中央5勝
|||ヴィルシーナ 2009.3.5 (本馬) ヴィクトリアマイル(GI) クイーンC(GIII)ほかGI2着4回
||フレールジャック 2008.5.25 現役 ラジオNIKKEI賞(GIII) 神戸新聞杯(GII)3着
|Mezzo Soprano 2000.3.1 仏米英UAE4勝 ヴェルメイユ賞(仏GI) リブルズデイルS(英GII)3着 プシシェ賞(仏GIII)3着
||Claremont 2006.4.25 現役 リス賞(仏GIII) ジョッキークラブS(英GII)3着 オカール賞(仏GII)3着ほか英GIII3着

母ハルーワスウィートは「尻尾がない馬」として、現役時代に時折話題に上がる馬でした。佐々木主浩オーナーは、そんな彼女をずっと応援されていて、仔を買い求め続けられているのだとか。佐々木オーナー、ヴィルシーナの活躍は本当に嬉しいでしょうね。

*

第8回ヴィクトリアマイル(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 ヴィルシーナ 牝4 55 内田博幸 1:32.4    34.0 450
[-6]
友道康夫 1
2 8 ホエールキャプチャ 牝5 55 蛯名正義 1:32.4 ハナ 33.4 474
[+2]
田中清隆 12
3 1 マイネイサベル 牝5 55 柴田大知 1:32.5 1/2 34.1 478
[-6]
水野貴広 5
4 3 ジョワドヴィーヴル 牝4 55 川田将雅 1:32.6 1/2 33.3 430
[+2]
松田博資 4
5 6 ドナウブルー 牝5 55 C.ウィリアムズ 1:32.7 1/2 34.1 430
[0]
石坂正 7

5度目の正直、成る。11回目の競走、馬番11番で掴んだ頂点は1番人気に応えた結果でした。脚色が怪しくなったかなと思いきや、外からディフェンディングチャンピオンのホエールキャプチャ(2008.2.24)が鋭脚を見せると、負けじと伸び返しました。見事な勝負根性でした。

また、内田博幸騎手にとっても、このところ2回続けてGI1番人気に応えられずに悔しい思いをされていたでしょうから、溜飲を下げることとなりました。

ただ、いずれは母に成り行く馬たちの、母の日に行われたこのレースで、残念なことが起きてしまいました。いつにも増して、祈りのフレーズを捧げておきます。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてがどうか無事でありますように。

*

おまけ。ヴィクトリアマイルゴール前後のオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« サクラローレル(1991.5.8)。 | トップページ | アグネスデジタル(1997.5.15)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/57368617

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。:

« サクラローレル(1991.5.8)。 | トップページ | アグネスデジタル(1997.5.15)。 »