« 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の拾弐)-ハワイアンイメージ(1977.5.22)-。 »

2013年5月19日 (日)

第74回優駿牝馬(GI)の勝ち馬。

メイショウマンボ 牝 鹿毛 2010.2.25生 浦河・高昭牧場生産 馬主・松本好雄氏 栗東・飯田明弘厩舎

メイショウマンボ(2010.2.25)の4代血統表

スズカマンボ
鹿毛 2001.4.28
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スプリングマンボ
鹿毛 1995.4.16
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
キーフライヤー
鹿毛 1986.3.30
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
メイショウモモカ
栗毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.75
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:1.50
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
メイショウアヤメ
鹿毛 1995.3.2
仔受胎時活性値:1.50
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.75
Mr.Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ウイルムーン
鹿毛 1987.4.6
仔受胎時活性値:1.75
ミルジョージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:0.75
ダイアンベンチャ
鹿毛 1978.3.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4、Nijinsky4×5、Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5>

メイショウマンボ(2010.2.25)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★スズカマンボ
(Halo系)
グラスワンダー
(Roberto系)
ジェイドロバリー
(Mr.Prospector系)
ミルジョージ
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジェイドロバリー
(Aristophanes)
7.00 or 5.00 祖母がOP特別2勝馬
(No.9-c ダイアンケー系)
4番仔
(4連産目)

*

では、以下にメイショウマンボのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ウイルムーン 1987.4.6 中央1勝
|メイショウアヤメ 1995.3.2 中央3勝 葵S(OP) フェニックス賞(OP) 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)2着
||メイショウモモカ 2002.4.5 中央0勝
|||メイショウマンボ 2010.2.25 (本馬) 優駿牝馬(GI) フィリーズレビュー

1952年に米国から輸入されたダイアンケー(1950.4.12)を祖とする牝系。ダイアンケーの仔ダイコーター(1962.6.8)が2着に敗れた東京優駿(現GI)から48年、府中芝2400mの舞台で子孫が花開きました。

*

第74回優駿牝馬(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 メイショウマンボ 牝3 55 武幸四郎 2:25.2    34.6 478
[+10]
飯田明弘 9
2 13 エバーブロッサム 牝3 55 戸崎圭太 2:25.4 1 1/4 34.6 460
[-6]
堀宣行 5
3 5 デニムアンドルビー 牝3 55 内田博幸 2:25.7 2 34.7 432
[0]
角居勝彦 1
4 4 アユサン 牝3 55 丸山元気 2:25.9 1 1/4 35.1 486
[+2]
手塚貴久 3
5 12 フロアクラフト 牝3 55 松山弘平 2:26.2 1 3/4 36.0 480
[+4]
西園正都 17

飯田明弘調教師の騎手、調教師通じて初のGIタイトルはクラシックの大舞台で成されました。騎手時代はフリーの先駆けとなられた飯田師、調教師に転じられてから、これまでローブモンタント(1991.3.21)の阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)2着、桜花賞(GI)3着、キョウワジャンヌ(2008.3.15)の秋華賞(GI)2着、メイショウオウドウ(1995.5.29)の安田記念(GI)3着、マイルCS(GI)3着等があったものの、どうしても届かなかったGI勝利。祖母メイショウアヤメ、母メイショウモモカと、自身が管理されてきた厩舎ゆかりの血が、この第74回優駿牝馬でついに結実したのでした。

鞍上の武幸四郎騎手にとっても、ソングオブウインド(2003.2.20)による2006年の菊花賞(GI)以来7年ぶりとなるGI勝利。淡々とした様が、却って、格別の勝利を醸し出していました。

「やはり人の輪が大事なのだな」と思います。飯田師、武幸四郎騎手と聞いて思い浮かべるのは、松本好雄オーナー。縁が重なって見せた第74回優駿牝馬、人気はどうあれ、大団円でした。

オークス馬となったメイショウマンボの未来に幸多からんことを。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。優駿牝馬のゴール前後のオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の拾弐)-ハワイアンイメージ(1977.5.22)-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/57416791

この記事へのトラックバック一覧です: 第74回優駿牝馬(GI)の勝ち馬。:

« 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の拾弐)-ハワイアンイメージ(1977.5.22)-。 »