« 第8回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »

2013年5月15日 (水)

アグネスデジタル(1997.5.15)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第11回は「平成のオールラウンダー」を。

アグネスデジタル 牡 栗毛 1997.5.15生 米国・C・W・クレイ氏&P・J・キャラハン氏生産 馬主・渡辺孝男氏 栗東・白井寿昭厩舎

アグネスデジタル(1997.5.15)の4代血統表
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
種付け時活性値:0.25

Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Real Crafty Lady
栗毛 1975.4.2
▲In Reality
鹿毛 1964.3.1
Intentionally 1956.4.2
My Dear Girl 1957.2.17
Princess Roycraft
栗毛 1967.1.25
Royal Note 1952
Crafty Princess 1958.2.22
Chancey Squaw
鹿毛 1991.4.9
仔受胎時活性値:1.25

Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
種付け時活性値:0.00

Danzig
鹿毛 1977.2.12

Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Allicance
鹿毛 1980.4.1
仔受胎時活性値:0.50
Alleged
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:1.25
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Runaway Bride
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:0.25
Wild Risk
鹿毛 1940
種付け時活性値:1.25
Aimee
青毛 1957
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

アグネスデジタル(1997.5.15)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Crafty Prospector
(Mr.Prospector系)
★Chief's Crown
(Danzig系)
Alleged
(Ribot系)
Wild Risk
(Rabelais系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Alleged
(Princess Pout)
3.00 半弟ジャリスコライト
(No.22-d)
初仔

*

第17回マイルチャンピオンシップ(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 アグネスデジタル 牡3 55 的場均 1:32.6 レコード 34.3 444
[+2]
白井寿昭 13
2 11 ダイタクリーヴァ 牡3 55 安藤勝己 1:32.7 1/2 34.6 494
[+14]
橋口弘次郎 1
3 7 メイショウオウドウ 牡5 57 飯田祐史 1:32.8 3/4 34.3 462
[+8]
飯田明弘 12
4 4 ダイタクヤマト 牡6 57 江田照男 1:33.0 1.1/2 35.5 488
[0]
石坂正 6
5 2 エイシンプレストン 牡3 55 福永祐一 1:33.2 3/4 35.6 466
[-4]
北橋修二 4

それまでの5勝をすべてダートで挙げていたアグネスデジタル。前走武蔵野S(GIII)2着から挑んだここは13番人気もやむなし。ところがどっこい「京都の外回りは的場均」に導かれて、1分32秒6のレコードタイムで快勝。このマイルCS勝利は、的場騎手にとっても、最後のGI勝利となりました。

*

第14回マイルチャンピオンシップ南部杯(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[前走比]
調教師
1 7 アグネスデジタル 牡4 56 四位洋文 1:37.7    445
[+1]
白井寿昭 1
2 1 トーホウエンペラー 牡5 56 村上忍 1:37.8 3/4 506
[+7]
千葉四美 5
3 3 ノボトゥルー 牡5 56 菅原勲 1:37.9 1/2 450
[-4]
森秀行 3
4 4 ゴールドティアラ 牝5 54 蛯名正義 1:38.0 1/2 486
[+27]
松田国英 4
5 6 ウイングアロー 牡6 56 岡部幸雄 1:38.8 5 463
[-7]
南井克巳 2

不本意だった4歳初頭から春にかけての3戦の後、夏季休暇明けの日本テレビ盃(現JpnII、当時統一GIII)を楽勝して挑んだマイルCS南部杯。見れば強いメンツが集まったこのレースも制して、芝ダート共にGI勝ちを収めたという結果でした。

*

第124回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 アグネスデジタル 牡4 58 四位洋文 2:02.0    35.4 452
[+7]
白井寿昭 4
2 6 テイエムオペラオー 牡5 58 和田竜二 2:02.2 1 35.8 470
[-8]
岩元市三 1
3 2 メイショウドトウ 牡5 58 安田康彦 2:02.6 2.1/2 36.5 510
[+2]
安田伊佐夫 2
4 8 イブキガバメント 牡5 58 河内洋 2:02.7 3/4 35.9 490
[+6]
橋口弘次郎 5
5 11 ダイワテキサス 牡8 58 柴田善臣 2:02.8 クビ 36.3 478
[+4]
増沢末夫 11

ひとつの決断が他馬にとっての分水嶺となることもあります。マルチプルな活躍を見せるアグネスデジタルの天皇賞・秋出走に伴い、武蔵野Sに回ることになったクロフネ(1998.3.31) 。アグネスデジタル、間接的にではありますが、後のもう1頭の芝ダートGI勝ち馬を生み出すことに寄与することとなりました。

ともあれ、戦前の謂れ無きそしりを結果で見返したこの天皇賞・秋は、アグネスデジタルという異端の才能が、真に非凡であることを示したレースでした。なお、外国産馬による天皇賞・秋制覇は1956年のミツドフアーム(1951.9.17)以来45年ぶりのことでした。

*

「ラストコーナー、グッドフィーリング」。

香港マイル(GI)のエイシンプレストン(1997.4.9)、香港ヴァーズ(GI)のステイゴールド(1994.3.24)、そして香港カップ(GI)のアグネスデジタル。この2001年の香港GIデーは日本馬の見事な3タテでした。

*

第19回フェブラリーS(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 アグネスデジタル 牡5 57 四位洋文 1:35.1    35.6 452
[-1]
白井寿昭 1
2 12 トーシンブリザード 牡4 57 石崎隆之 1:35.3 1 35.6 486
[-5]
佐藤賢二 4
3 2 ノボトゥルー 牡6 57 O.ペリエ 1:35.4 1/2 36.3 460
[0]
森秀行 2
4 3 トゥザヴィクトリー 牝6 55 武豊 1:35.5 1/2 36.6 494
[+6]
池江泰郎 3
5 8 トーホウエンペラー 牡6 57 菅原勲 1:35.6 1/2 36.3 506
[+2]
千葉四美 6

盛岡ダート1600m、府中芝2000m、シャティン芝2000m、そして迎えた府中ダート1600m。国内外、そして芝ダート問わずにGI4連勝を遂げたアグネスデジタル。環境に負けない、そのタフネスぶりも素晴らしい。なお、GI昇格後のフェブラリーSを1番人気馬が制したのは施行6回目で初めてでした。また、このフェブラリーSは鞍上の四位騎手にとって、JRA700勝の区切りの勝利でもありました。

*

第53回安田記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 アグネスデジタル 牡6 58 四位洋文 1:32.1 レコード 33.7 468
[-4]
白井寿昭 4
2 16 アドマイヤマックス 牡4 58 武豊 1:32.1 クビ 34.0 478
[+16]
橋田満 6
3 8 ローエングリン 牡4 58 後藤浩輝 1:32.2 3/4 34.3 474
[-4]
伊藤正徳 1
4 14 イーグルカフェ 牡6 58 D.オリヴァー 1:32.2 ハナ 33.6 468
[-10]
小島太 10
5 7 ダンツフレーム 牡5 58 藤田伸二 1:32.3 1/2 34.1 508
[+2]
山内研二 3

異端児の最後のGI勝利は、改めて、その絶対能力の奥深さを思わされるものでした。前年のクイーンエリザベスII世C(香GI)2着以来1年ぶりの出走となった、前走かきつばた記念(現JpnIII)4着を叩いて挑んだこの一戦。アドマイヤマックス(1999.4.9)の先行抜け出しの様が絶妙に見えたところで、外から追い込んで来たのは、黒の帽子に「黄、赤袖、水二本輪」の勝負服、栗毛も鮮やかにアグネスデジタル。追い詰めて追い詰めて、決勝点では「クビ」だけ交わし切っていました。そうして、計時されたタイムは1分32秒1のレコード。恐るべきは、アグネスデジタル。この勝利を以て、4年連続GI制覇の偉業を遂げたのでした。

*

アグネスデジタルという馬は、国内外のGI6勝という実績において「真の強者」であったことは言わずもがなです。

そんな彼の真骨頂は、追い込み脚の鋭さや、立ち回りの器用さよりも、最後の最後まで諦めずに頑張ろうとする「精神力」にあったように思います。

その内に秘めたる「チカラ」が、どのレースでもよく現れていると、彼の戦歴を辿り直してみて、改めて感じました。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第8回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/57386595

この記事へのトラックバック一覧です: アグネスデジタル(1997.5.15)。:

« 第8回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第74回優駿牝馬(GI)の出走予定馬について。 »