« ハクタイセイ(1987.4.17)。 | トップページ | エアグルーヴ(1993.4.6~2013.4.23)。 »

2013年4月24日 (水)

ディープスカイ(2005.4.24)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第8回は「第75代日本ダービー馬」を。

ディープスカイ 牡 栗毛 2005.4.24生 浦河・笠松牧場生産 馬主・深見敏男氏 栗東・昆貢厩舎

ディープスカイ(2005.4.24)の4代血統表
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
アビ
栗毛 1995.5.5
仔受胎時活性値:
Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 19712.14
Carmelized
鹿毛 1990.4.9
仔受胎時活性値:
Key to the Mint
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:1.00
Graustark 1963.4.7
Key Bridge 1959.4.10
Carmelize
鹿毛 1972.4.23
仔受胎時活性値:
Cornish Prince
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:0.25
Miss Carmie
鹿毛 1966.2.21 ♀
仔受胎時活性値:

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×5・5、Miss Carmie(♀)5×4(母方)>

ディープスカイ(2005.4.24)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アグネスタキオン
(Halo系)
Chief's Crown
(Danzig系)
Key to the Mint
(Ribot系)
Cornish Prince
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
2.75 近親活躍馬多数
(No.23-b)
4番仔
(不受胎後)

*

では、以下にかつて作成した、割合にディープな、ディープスカイの近親牝系図を示しておきます。

Miss Carmie 1966.2.21 米3勝
|Chris Evert 1971.2.14 米10勝 CCAオークス(GI)などNY牝馬3冠
||Six Crowns 1976.4.21 米5勝 レディースH(GI)3着
|||Chief's Crown 1982.4.7 米12勝 BCジュベナイル(GI)含む重賞9勝(うちGI8勝)
|||クラシッククラウン 1985.4.30 米5勝 フリゼットS(GI) ガゼルH(GI)
|||Tribunal 1997.3.16 米3勝 サンタアニタH(GI)3着 サンベルナルディノH(GII)3着
||Nijinsky Star 1980.5.3 不出走
|||Hometown Queen 1984.2.23 米5勝 ケンタッキーオークス(GI)2着 ヘンプステッドH(GI)2着
|||リバッサー 1989.5.19 米伊仏3勝 タイダルH(米GII)
|||Viviana 1990.6.9 米仏3勝 プシシェ賞(仏GIII)2着
|Carmelize 1972.4.23 米6勝 シープスヘッドベイH(GII)3着
||Carmelized 1990.4.9 北米1勝
|||アビ 1995.5.5 英1勝
||||ディープスカイ 2005.4.24 (本馬) 中央5勝 日本ダービー(GI) NHKマイルC(GI) 神戸新聞杯(GII) 毎日杯(GIII)
|||Royal Dragon 1998.3.20 独仏伊6勝 独2000ギニー(GII)含む独GII4勝
|All Rainbows 1973 米7勝 オープンファイアS(GIII)2着 デラウェアオークス(GI)3着
||All Dance 1978.4.2 米仏1勝
|||Carezza 1989.3.3 米仏5勝 ヴァイオレットH(米GIII)2着
|||タップダンスシチー 1997.3.16 日仏12勝 ジャパンカップ(GI) 宝塚記念(GI)含む重賞7勝
||Winning Colors 1985.3.14 米8勝 ケンタッキーダービー(GI)含むGI3勝
|||ゴールデンカラーズ 1993.4.20 中央3勝 フローラS(旧OP) クイーンC(GIII)2着
||||チアフルスマイル 2000.4.9 中央8勝 キーンランドC(GIII)ほかにGIII2着2回3着2回
||Shareek 1990.5.12 英1勝 ジェフリーフリアS(GII)2着 ゴードンS(GIII)2着
|Center Court Star 1981.5.9 米0勝
||Lyfestar 1986.4.8 米2勝 ミスグリリョS(GII)2着
||Lambent Light 1993.3.1 南ア6勝 シャープエレクトロニクスC(GI)
|Barbara Schurgin 1974.4.25 不出走
||Paristo 1978.3.29 米3勝 イリノイダービー(GIII) プリークネスS(GI)3着
|Social Column 1976.5.3 不出走
||ツータイミング 1986.3.7 米英3勝 プリンスオブウェールズS(英GII)
|Charmie Carmie 1979.4.4 米0勝
||Himmah 1987.4.30 英3勝
|||Mutawwaj 1995.3.26 米英伊仏3勝 伊ダービー(GI)3着
||Faaz 1989.2.10 ペルーチリ英12勝 ペルーGI3勝ほか
|アンスチュアート 1980.4.19 不出走
||Ann Alleged 1985.3.31 英5勝 ビウィッチS(GIII)3着
||Secret Obsession 1986.3.18 英1勝
|||Obsessive 1993.3.4 愛英1勝 ミュージドラS(英GIII)3着
||Beyton 1989.3.18 米英独5勝 キングエドワード7世S(英GII)
|Missed the Wedding 1985.5.28 米0勝
||Missed the Storm 1990.1.23 米6勝 テストS(GI) アスタリタS(GII)
||Green Means Go 1992.2.4 米9勝 レキシントンS(GIII) ヒルプリンスS(GIII)
|Whisper Who Dares 1986.6.6 米1勝
||Confessional 1996.5.7 米4勝 フリゼットS ロイヤルノースH(GIII)2回

図中に見えるクラシッククラウンの孫にリーチザクラウン(2006.2.5)もいます。また、ディープスカイの母父Chief's Crownも見えますね。結果、ディープスカイはMiss Carmie5×4の牝馬クロスを母方に持ち合わせています。

*

第13回NHKマイルカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 ディープスカイ 牡3 57 四位洋文 1:34.2    33.9 508
[0]
昆貢 1
2 5 ブラックシェル 牡3 57 後藤浩輝 1:34.5 1.3/4 34.6 526
[-4]
松田国英 3
3 14 ダノンゴーゴー 牡3 57 藤岡佑介 1:34.8 1.3/4 34.2 456
[-2]
橋口弘次郎 14
4 7 ドリームシグナル 牡3 57 吉田隼人 1:35.4 3.1/2 35.1 464
[0]
西園正都 13
5 15 ファリダット 牡3 57 武豊 1:35.5 1/2 34.9 468
[+2]
松元茂樹 2

第13回NHKマイルカップ。勝ったのは前走毎日杯を制してやって来た、初勝利まで6戦掛かった叩き上げ馬ディープスカイ。生産の笠松牧場さん、馬主の深見敏男さん、管理される昆貢調教師の3者いずれもジーワン初勝利となりました。特に深見敏男オーナーは個人名義の所有馬3頭目でのジーワン制覇で、初めて持たれたディープサマー(2002.3.18)もクリスタルC(旧GIII)の勝ち馬という引きの強さはお見事。

*

第75回日本ダービー(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ディープスカイ 牡3 57 四位洋文 2:26.7    34.2 514
[+6]
昆貢 1
2 7 スマイルジャック 牡3 57 小牧太 2:26.9 1.1/2 35.5 472
[0]
小桧山悟 12
3 3 ブラックシェル 牡3 57 武豊 2:27.0 3/4 34.7 526
[0]
松田国英 6
4 9 マイネルチャールズ 牡3 57 松岡正海 2:27.1 クビ 35.0 454
[+4]
稲葉隆一 2
5 10 レインボーペガサス 牡3 57 安藤勝己 2:27.1 クビ 35.4 484
[+4]
鮫島一歩 5

直線、内を行くスマイルジャック(2005.3.8)が粘る姿を見て「すわ、15号族の馬がGIを、ましてやダービーを勝ってしまうのか!?」と思ったことが、懐かしい思い出です。スマイルジャック、いまも現役で頑張っていますね。

そんな第75回日本ダービーを制したのは、ディープスカイ。皐月賞(GI)馬キャプテントゥーレ(2005.4.5)不在の一戦、ファンは出走馬唯一のジーワン勝ち馬、前走のNHKマイルカップを1番人気で応えたディープスカイを1番人気に支持しました。1枠1番からの発走、白い帽子に「青、白玉霰、白袖青二本輪」の勝負服を背にした栗毛馬は、道中、悠然と後方4、5番手を進みました。決勝点手前、上述したスマイルジャックが頑張り切るのかと思われた瞬間。ある意味四位洋文騎手らしく、大外に持ち出していたディープスカイが、ものすごい脚色で捉え、しっかり1馬身2分の1差し切ったところがゴールでした。混戦と目された2008年春の牡馬クラシック戦線、終わってみれば「変則2冠馬の誕生」、そして鞍上の四位騎手が「史上2人目の日本ダービー連覇」という結末でした。

*

netkeiba.comの矢野吉彦さんの記事「4月24日は何の日かご存知ですか?」に触発されて、そしてまた「ディープスカイ産駒の白毛馬誕生、祖父は日本初の白毛馬ハクタイユー」という記事もあり、第75代日本ダービー馬について触れてみました。

ディープスカイ、毎日杯で表舞台に立ったと思ったら、勢いそのままにNHKマイルカップとダービーを連勝するというキングカメハメハ(2001.3.20)コースを辿ったのでした。そう、気付いてみれば、彼らは毎日杯、NHKマイルカップ、日本ダービー、そして神戸新聞杯と連勝で制した重賞4つが同じで、結果的に神戸新聞杯が最後の勝利になったのも同じですね。

ともあれ、ディープスカイ。早世した父アグネスタキオンの後継種牡馬として掛かる期待は大きいものですし、栗毛三白の大柄な馬体に大作という目立ついでたちも、生産者さんに好まれるのではないでしょうか。SS3世種牡馬の戦いもこれからが本番という感もありますし、今年2013年にデビューする仔どもたちの活躍を期待したいと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« ハクタイセイ(1987.4.17)。 | トップページ | エアグルーヴ(1993.4.6~2013.4.23)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/57239766

この記事へのトラックバック一覧です: ディープスカイ(2005.4.24)。:

« ハクタイセイ(1987.4.17)。 | トップページ | エアグルーヴ(1993.4.6~2013.4.23)。 »