« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の七)-ラフオンテース(1977.3.30)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第7回はラフオンテース。

ラフオンテース 牝 鹿毛 1977.3.30生~1983.5.28没 浦河・中脇治作氏生産 馬主・小柴タマヲ氏 栗東・布施正厩舎

ラフオンテース(1977.3.30)の4代血統表

フィルモン
鹿毛 1960
種付け時活性値:0.00

Never Say Die
栗毛 1951
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
Singing Grass
鹿毛 1944
War Admiral 1934.5.2
Boreale 1938
Winged Foot
黒鹿毛 1949
Big Game
鹿毛 1939
Bahram 1932
Myrobella 1930
Fieldfare
鹿毛 1934
Bosworth 1926
Molly Adare 1925
コマンチ
鹿毛 1968.5.24
仔受胎時活性値:2.00
ムーティエ
栗毛 1958.3.16
種付け時活性値:0.25
▲Sicambre
黒鹿毛 1948
Prince Bio 1941
Sif 1936
Ballynash
鹿毛 1946
Nasrullah 1940.3.2
Ballywellbroke 1933
ケンエイ
黒鹿毛 1957.3.15
仔受胎時活性値:0.50
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:0.50
Bois Roussel 1935
Sonibai 1939
ミスハンター
鹿毛 1952.9.24
仔受胎時活性値:0.875
Amber
1942
種付け時活性値:0.25
Eudora
1942
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Nasrullah3×4、Vatout5×5>

ラフオンテース(1977.3.30)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★フィルモン
(Never Say Die系)
ムーティエ
(Sicambre系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
Amber
(Sundridge系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヒンドスタン
(ケンエイ)
3.625 甥シンブラウン
(No.13-a)
3番仔?
(前年産駒なし後?)

フランスの詩人名、あるいは「泉」を意味するフランス語である「ラフオンテーヌ」と名付けられるはずだった、ラフオンテース。

そんな彼女の満2歳時は小倉の新馬、フェニックス賞(OP)、中京のオープン戦、デイリー杯3歳S(現デイリー杯2歳S、GII)、そして阪神3歳S(現阪神JF、GI)と破竹の5連勝。特に阪神3歳Sは2着ノースガスト(1977.3.17)、4着オペックホース(1977.3.5)と、翌年の牡馬クラシックを勝つ馬たちを向こうに回しての勝利。当然、最優秀3歳(現2歳)牝馬に選ばれました。

400kgほどの小柄な馬体でも、持ち合わせた根性とバネは天下一品。もちろんクラシックの有力候補でしたが、きさらぎ賞(現GIII)での3着敗北からどこか歯車が噛み合わなくなり、満3歳時はまさかの全敗。

けれど、そのまま終わらなかったのが、ラフオンテースのラフオンテースたるところ。満4歳の夏、デビューの地である小倉で蘇り、小倉日経賞(OP)を芝1700mの日本レコード1分40秒7で勝利を収めると、北九州記念(現GIII)、小倉記念(現GIII)、朝日CC(現GIII)と4連勝を遂げたのでした。この活躍により、1981年の最優秀5歳(現4歳)以上牝馬にも選出されました。

いま、改めて彼女の戦績を振り返ると、小倉では5戦5勝。夏の小倉に愛され、夏の小倉を愛した名牝ラフオンテース。「根性娘」が仔を残せずに早世したのは、後の甥たちの活躍もあり、ただただ残念な出来事でした。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

#余談。布施正師の管理されたGI級レース勝ち馬の4代血統構成を示しておきます。

布施正師の管理されたGI級レース勝ち馬の4代血統構成について
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GI ラフオンテース
(1977.3.30)
[13]
3番仔?
(前年産駒
無し後?)
★フイルモン ムーテイエ ヒンドスタン Amber
GI バンブーアトラス
(1979.4.27)
[3-e]
4番仔
(4連産目)
ジムフレンチ テスコボーイ Marsyas Fair Trial
GI バンブービギン
(1986.4.19)
[9-b ウエツトセール系]
初仔 バンブーアトラス ノーザンテースト ダイハード クレイマント
GI ハクタイセイ
(1987.4.17)
[4-d プロポンチス系]
2番仔
(2連産目)
ハイセイコー ★ダンサーズイメージ ネヴアービート クモハタ
GI ネーハイシーザー
(1990.4.27)
[6-a エスサーデイー系]
6番仔
(5連産目)
★サクラトウコウ ★テスコボーイ パーソロン ハタカゼ

むぅ、渋いところが揃っています。バンブーアトラスとバンブービギン父仔によるクラシック制覇は見事ですね。ネーハイシーザーは中島国治氏の配合馬だったそうですが、ハクタイセイも、ねぇ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ゼンノロブロイ(2000.3.27)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第4回は「SS産駒初のJRA年度代表馬」を。

ゼンノロブロイ 牡 黒鹿毛 2000.3.27生 白老・白老ファーム生産 馬主・大迫忍氏→大迫久美子氏 美浦・藤沢和雄厩舎

ゼンノロブロイ(2000.3.27)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
仔受胎時活性値:0.25
マイニング
栗毛 1984.4.4
種付け時活性値:1.25
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
I Pass
鹿毛 1978.4.8
Buckpasser 1963.4.28
Impish 1972.5.19
One Smart Lady
鹿毛 1984.5.3
仔受胎時活性値:1.25
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
種付け時活性値:1.75
Icecapade 1969.4.4
Kankakee Miss 1967.4.16
Pia's Lady
鹿毛 1971.4.11
仔受胎時活性値:1.00
Pia Star
鹿毛 1961.4.20
種付け時活性値:0.25
Plucky Roman
鹿毛 1954.4.13
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:なし>

ゼンノロブロイ(2000.3.27)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
マイニング
(Mr.Prospector系)
Clever Trick
(Nearctic系)
Pia Star
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Clever Trick
(ローミンレイチェル)
4.50 母が米GI勝ち馬
(No.2-b)
5番仔
(5連産目)

*

第130回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ゼンノロブロイ 牡4 58 O.ペリエ 1:58.9    34.4 498
[+6]
藤沢和雄 1
2 4 ダンスインザムード 牝3 54 C.ルメール 1:59.1 1.1/4 34.9 466
[-8]
藤沢和雄 13
3 8 アドマイヤグルーヴ 牝4 56 武豊 1:59.3 1.1/2 34.9 464
[-12]
橋田満 9
4 5 ツルマルボーイ 牡6 58 蛯名正義 1:59.3 クビ 34.5 464
[+6]
橋口弘次郎 3
5 10 ローエングリン 牡5 58 横山典弘 1:59.5 1 35.7 484
[+4]
伊藤正徳 6

*

第24回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 ゼンノロブロイ 牡4 57 O.ペリエ 2:24.2    34.3 502
[+4]
藤沢和雄 1
2 10 コスモバルク 牡3 55 C.ルメール 2:24.7 3 35.3 492
[+6]
田部和則 2
3 7 デルタブルース 牡3 55 安藤勝己 2:24.8 クビ 34.6 512
[-14]
角居勝彦 7
4 1 ポリシーメイカー 牡4 57 S.パスキエ 2:24.8 アタマ 35.1 454
[不明]
E.ルルーシュ 14
5 4 ナリタセンチュリー 牡5 57 柴田善臣 2:24.9 1/2 34.9 460
[-4]
藤沢則雄 4

*

第49回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ゼンノロブロイ 牡4 57 O.ペリエ 2:29.5 日本
レコード
35.3 508
[+6]
藤沢和雄 1
2 9 タップダンスシチー 牡7 57 佐藤哲三 2:29.6 1/2 35.7 504
[0]
佐々木晶三 3
3 6 シルクフェイマス 牡5 57 四位洋文 2:29.8 1.1/2 35.1 480
[+14]
鮫島一歩 9
4 8 ダイタクバートラム 牡6 57 武豊 2:30.0 1 34.9 498
[0]
橋口弘次郎 5
5 10 デルタブルース 牡3 55 D.ボニヤ 2:30.0 クビ 35.6 530
[+18]
角居勝彦 4

ゼンノロブロイ。2004年秋の古馬中長距離GI3連勝を遂げ、SS産駒として初めてJRA年度代表馬となりました。そう、意外に思われるかも知れませんけれど、SS産駒9世代目にして初めてのJRA年度代表馬だったのです。

天皇賞・秋が実は2004年の初勝利だったゼンノロブロイ。この天皇賞・秋で憑き物が落ちたのか、良馬場発表のジャパンカップでは現在でも2着との最大着差となる3馬身差で快勝。そうして挑んだグランプリ有馬記念も2分29秒5の日本レコードで優勝。2000年のテイエムオペラオー(1996.3.13)に続く、秋の古馬中距離路線GIレース3連勝で特別報奨金2億円もゲットしたのでした。

そんなゼンノロブロイ。彼は実は「名うてのサウスポー」だったと思います。彼の全戦歴を辿ると20戦で[7-6-4-3]ですが、左回りでは7戦で[3-3-1-0]と3着を外したことは無かったのです。

  1. 2003.5.3 青葉賞(GII) 東京芝2400m 1着
  2. 2003.6.1 日本ダービー(GI) 東京芝2400m 2着
  3. 2004.10.31 天皇賞・秋(GI) 東京芝2000m 1着
  4. 2004.11.28 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m 1着
  5. 2005.8.16 英インターナショナルS(GI) ヨーク芝10F88Y 2着
  6. 2005.10.30 天皇賞・秋(GI) 東京芝2000m 2着
  7. 2005.11.27 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m 3着

7戦の内6戦がGI、残りの1戦がGII。5歳時の英インターナショナルSではElectrocutionist(2001.2.24)のクビ差の2着でした。Electrocutionistは翌2006年のドバイWC(UAEGI)の勝ち馬ですから、これは相手も強かった。

ともあれ、上述した有馬記念の日本レコード勝ちや、3歳秋の神戸新聞杯(GII)で圧勝を収めた姿を思い出すにつけ、もちろん右回りでも強かったのですが(^^;)

*

ゼンノロブロイが種牡馬としても活躍しているのは、皆様もご承知の通りです。初年度産駒からサンテミリオン(2007.1.30)、マグニフィカ(2007.3.22)、ペルーサ(2007.3.20)、トレイルブレイザー(2007.3.15)、アニメイトバイオ(2007.1.30)、コスモネモシン(2007.3.11)、マカニビスティー(2007.5.7)とJRA、地方の重賞勝ち馬を送り出しました。「SS2世種牡馬の産駒は2世代目から」なんてことが、かつては風聞されましたけれど、2000年代に入ってからは初年度からでもバンバン走るようになっています。ゼンノロブロイの初年度産駒を見ると、牡牝、芝ダート、色々なタイプが出ています。種牡馬としての多様性の現れ、ですね。

黒光りする馬体よろしく、ゼンノロブロイ。これからも、その走りの記憶を辿れるように、良い仔を送り続けて欲しいと願います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

第43回高松宮記念(GI)の勝ち馬。

ロードカナロア 牡 鹿毛 2008.3.11生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・(株)ロードホースクラブ 栗東・安田隆行厩舎

ロードカナロア(2008.3.11)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
仔受胎時活性値:0.75
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.00
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
仔受胎時活性値:1.50
Cormorant
鹿毛 1974.4.21
種付け時活性値:1.50
His Majesty 1968.4.15
Song Sparrow 1967.2.23
Super Luna
鹿毛 1982.4.5
仔受胎時活性値:1.50
In Reality
鹿毛 1964.3.1
種付け時活性値:0.25
Alada
鹿毛 1976.3.27
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5・5×4、Secretariat=Syrian Sea(♀)4×5(母方)>

ロードカナロア(2008.3.11)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
Storm Cat
(Northern Dancer系)
Cormorant
(Ribot系)
In Reality
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ 5.00 祖母が米GI2勝馬
(No.2-s)
6番仔
(6連産目)

*

以下にロードカナロアのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Super Luna 1982.4.5 不出走
|サラトガデュー 1989.4.3 米8勝 ベルデイムS(GI) ガゼルH(GI) カムリーS(GII) アラバマS(GI)2着
||レディブラッサム 1996.3.4 中央5勝
|||ロードバリオス 2005.2.21 現役 六甲S(OP)
|||ロードカナロア 2008.3.11 (本馬) スプリンターズS(GI) 高松宮記念(GI) 香港スプリント(GI) 阪急杯(GIII) 京阪杯(GIII) シルクロードS(GIII)ほか
||アルカザン 2005.4.27 中央2勝 京都2歳S(OP)

*

第43回高松宮記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 ロードカナロア 牡5 57 岩田康誠 1:08.1 コース
レコード
33.2 498
[-4]
安田隆行 1
2 12 ドリームバレンチノ 牡6 57 松山弘平 1:08.3 1 1/4 33.3 492
[-2]
加用正 2
3 13 ハクサンムーン 牡4 57 酒井学 1:08.3 ハナ 34.0 464
[-6]
西園正都 10
4 15 サクラゴスペル 牡5 57 横山典弘 1:08.4 1/2 33.8 480
[-4]
尾関知人 4
5 17 ダッシャーゴーゴー 牡6 57 川田将雅 1:08.5 1/2 33.7 536
[0]
安田隆行 6

海の外ではBlack Caviar(2006.8.18)が「デビュー24連勝、GI14勝」を遂げたという報せが入りましたが、日本の短距離王も負けじとGI3勝目を挙げました。ロードカナロア、スプリンターズS、香港スプリント、そして高松宮記念とスプリントGIを出走機会3連勝で、見事に昨年3着の鬱憤を晴らしました。そしてまた、勝ち時計1分8秒1は新装中京競馬場のコースレコードタイムまで付いて来たのですから、これは強かった。速さと強さを兼ね備えた短距離強者、この走りならばマイル戦まで席巻できそうな予感ですが、果たして。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年3月20日 (水)

キングカメハメハ(2001.3.20)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第3回は「新世紀大王」を。

キングカメハメハ 牡 鹿毛 2001.3.20生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人氏 栗東・松田国英厩舎

キングカメハメハ(2001.3.20)の4代血統表
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.50
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
▲Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
▲Prove Out 1969.3.15
Santa Quilla 1970
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
仔受胎時活性値:0.25
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
種付け時活性値:1.75
トライマイベスト
鹿毛 1975.4.28
Northern Dancer 1961
Sex Appeal 1970.5.12
Mill Princess
鹿毛 1977.5.21
★Mill Reef 1968.2.23
Irish Lass 1962
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
仔受胎時活性値:1.75
★Blakeney
鹿毛 1966.3.28
種付け時活性値:0.00
Hethersett 1959
Windmill Girl 1961
The Dancer
鹿毛 1977.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
種付け時活性値:1.00
Khazaeen
鹿毛 1968
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

キングカメハメハ(2001.3.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingmambo
(Mr.Prospector系)
ラストタイクーン
(Northern Dancer系)
Blakeney
(Djebel系)
Green Dancer
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ラストタイクーン
(Buckpasser)
5.25 or 3.25 半兄The Deputy
(No.22-d)
4番仔
(3連産目)

*

第9回NHKマイルカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 キングカメハメハ 牡3 57 安藤勝己 1:32.5 レース
レコード
34.0 496
[+2]
松田国英 1
2 1 コスモサンビーム 牡3 57 四位洋文 1:33.3 5 34.7 484
[+6]
佐々木晶三 4
3 6 メイショウボーラー 牡3 57 福永祐一 1:33.6 1.3/4 35.4 472
[-4]
白井寿昭 3
4 8 ダイワバンディット 牡3 57 北村宏司 1:33.7 1/2 35.4 472
[+2]
増沢末夫 12
5 10 ビッグファルコン 牡3 57 吉田豊 1:34.0 2 34.9 442
[+2]
中尾正 16

*

第71回日本ダービー(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 キングカメハメハ 牡3 57 安藤勝己 2:23.3 レース
レコード
35.4 494
[-2]
松田国英 1
2 5 ハーツクライ 牡3 57 横山典弘 2:23.5 1.1/2 34.3 482
[+6]
橋口弘次郎 5
3 17 ハイアーゲーム 牡3 57 蛯名正義 2:23.8 1.3/4 35.9 500
[0]
大久保洋吉 3
4 14 キョウワスプレンダ 牡3 57 佐藤哲三 2:24.0 1.1/4 35.3 474
[0]
吉岡八郎 13
5 13 スズカマンボ 牡3 57 武幸四郎 2:24.0 ハナ 35.1 478
[+2]
橋田満 15

芝1600mのNHKマイルCを1分32秒5のレースレコードで制し、芝2400mの日本ダービーを2分23秒3というレースレコードで勝つ。

厩舎の先輩2頭が遂げられなかった府中3歳GIの連勝を、その類まれなスピードと、鬼の強さで果たしたキングカメハメハ。新世紀大王の絶対能力をまざまざと見せ付けられました。

そんなキングカメハメハに関して言えば、日本ダービーを制した2004年、金子真人オーナーがお好きなハワイのゴルフコースを買収された際、キングカメハメハ・ゴルフ・クラブと名付けられたということ。似つかわしく、また、オーナーの愛を感じます。

ついで述べれば、キングカメハメハは稀有な馬でしたが、金子オーナーは翌2005年もう1頭の稀有な馬で、同一馬主として初めて日本ダービー連覇を果たされました。共に刻んだタイムが2分23秒3という超抜時計。そして、キングカメハメハの愛娘と、もう1頭の稀有な馬の間に出来る仔が、また来年以降、生まれて来る訳ですね(^^)。しかし、恐るべしは金子オーナーの馬選び!!

*

キングカメハメハは世代を重ねる時にもその能力の高さを遺憾なく発揮し、初年度産駒フィフスペトル(2006.5.22)は三浦皇成騎手の初重賞制覇のお相手となり、2年度産駒には愛娘アパパネ(2007.4.20)、GI2勝馬ローズキングダム(2007.5.10)、ルーラーシップ(2007.5.15)、タイセイレジェンド(2007.3.26)と4頭のジーワン勝ち馬を送り、3年度に世界クラスの短距離強者ロードカナロア(2008.3.11)、4年度にハタノヴァンクール(2009.5.16)と立て続けに活躍馬を輩出しています。キングカメハメハの非SSの血統構成も現代日本のニーズにマッチし、2010年と2011年と2年連続で日本リーディングサイアーに輝きました。……2012年の日本リーディングサイアーは、金子オーナーのもう1頭の稀有な馬がかっさらった訳ですが、しかし、恐るべしは金子オーナーの馬選び!!(2回目)

なお、実のところ、私は今年2013年の牡馬クラシックは、キングカメハメハの5年度産駒であるコディーノ(2010.2.15)を応援していたりします。いや、昨年の朝日杯FS(GI)のレース前、彼の4代血統表を準備しておりましてね(^_^;)

コディーノ 牡 黒鹿毛 2010.2.15生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

コディーノ(2010.2.15)の4代血統表

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ハッピーパス
鹿毛 1998.6.3
仔受胎時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ハッピートレイルズ
鹿毛 1984.5.29
仔受胎時活性値:1.25
ポッセ
栗毛 1977.5.15
種付け時活性値:1.50
Forli 1963.8.10
In Hot Pursuit 1971.5.12
ロイコン
鹿毛 1975.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
High Top
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.25
Madelon
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)>

コディーノ(2010.2.15)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ポッセ
(Hyperion系)
High Top
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ポッセ
(Commotion)
5.00 or 3.00 母がGIII勝ち馬
(No.4-d)
3番仔
(3連産目)

藤沢和雄先生も、もうそろそろ、牡馬クラシックを勝たれても良いかと。お母さんのハッピーパスも好きだったんですよ。オメメパッチリの美人さん、O.ペリエ騎手で制した2003年の京都牝馬S(GIII)はもちろんですが、サクセスストレイン(1998.4.9)との叩き合いとなった2001年のクイーンC(GIII)も思い出します。そんな訳で、藤沢厩舎ゆかりのハッピートレイルズの血、シンコウラブリイ(1989.2.2)のマイルCS(GI)から20年、コディーノのGI制覇を期待しています。

*

最後はキングカメハメハの仔の話になりましたが、新世紀大王、多頭数交配で大変でしょうけれど、これからも息災に過ごして良い仔を送り続けて欲しいと願います。

  

では、以上、オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の六)-ノースガスト(1977.3.17)-。

マイシンザン(1990.3.7)の死が現実味を帯びない中での更新ですが、今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第6回はノースガスト。

ノースガスト 牡 鹿毛 1977.3.17生~2007.9.11没 門別・坂戸忠一氏生産 馬主・鈴木忠男氏 栗東・二分久男厩舎

ノースガスト(1977.3.17)の4代血統表
アラナス
鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Right Royal
黒鹿毛 1958
Owen Tudor
黒鹿毛 1938
Hyperion 1930.4.18
Mary Tudor 1930
Bastia
鹿毛 1951
★Victrix 1934
Barberybush 1934
Arbencia
鹿毛 1954
Arbar
鹿毛 1944
Djebel 1937
Astronomie 1932
Palencia
鹿毛 1941
Pharis 1936
Hestia 1935
ゲズンドハイト
鹿毛 1971.4.7
仔受胎時活性値:1.25
ミステリー
鹿毛 1959
種付け時活性値:0.75
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
Pharis 1936
Calonice 1940
スパイラル
鹿毛 1967.5.13
仔受胎時活性値:0.75
★シプリアニ
黒鹿毛 1958.3.4
種付け時活性値:0.00
Never Say Die 1951
Carezza 1953
サツマオー
鹿毛 1954.3.6
仔受胎時活性値:1.00
アサフジ
鹿毛 1943.4.14
種付け時活性値:0.50
キミカゲ
鹿毛 1941.6.14
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Pharis4×4、Djebel4×5、Pharos5・5×5、Tourbillon5×5(父方)、Avena(♀)=プリメロ5×5(母方)>

ノースガスト(1977.3.17)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アラナス
(Owen Tudor系)
ミステリー
(My Babu系)
★シプリアニ
(Never Say Die系)
アサフジ
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アラナス 4.00
(No.22-b フリツパンシー系)
3番仔?
(3連産目?)

*

第41回菊花賞(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 11 ノースガスト 牡3 57 田島良保 3:06.1 レコード 422 二分久男 5
2 9 モンテプリンス 牡3 57 吉永正人 3:06.1 クビ 486 松山吉三郎 1
3 13 タカノカチドキ 牡3 57 武邦彦 3:06.3 1 454 服部正利 2
4 5 サーペンプリンス 牡3 57 谷原義明 3:06.6 2 474 大久保末吉 6
5 17 ドロッポロード 牡3 57 中野栄治 3:06.8 1.1/4 456 荒木静雄 10

「あの馬は目が良かった。サムライの目をしていましたね」と、管理された二分久男調教師に言わしめたノースガスト。ナリは小さくとも、一流の武士だったのです。

そんなノースガストが神戸新聞杯(現GII)1着、京都新聞杯(現GII)2着から挑んだ第41回菊花賞。「必殺仕事人」田島良保騎手が、道中中段の内々でジッと溜めて、直線もやはり内を突きました。黄色の帽子に「白、赤星散、袖青縦縞」の勝負服を背にしたノースガスト、422kgの小さな馬体ものかは、486kgの大柄なモンテプリンス(1977.4.1)を決勝点で「クビ」だけ切って捨て、3分6秒1のレコードタイムで菊花賞馬に輝きました。3000mをきっちり3000mで走らせたところは、サスガに必殺仕事人。無駄も無理もない競馬。そして、鞍上の意図にしっかりと応えたノースガスト。人馬一体となり、クラシックの栄冠を勝ち取ったのでした。また、この菊花賞優勝により、田島騎手はヒカルイマイ(1968.3.27)の皐月賞(現GI)、日本ダービー(現GI)と併せて、牡馬クラシック3冠をすべて勝利と相成りました。

なお、馬体重422kgの菊花賞勝利は現在でも最軽量の優勝馬記録として残っています。確認したところ、皐月賞はナリタタイシン(1990.6.10)の426kg、日本ダービーはコーネルランサー(1971.4.16)の430kgが最軽量ということで、牡馬クラシックを勝った馬のうち、最も軽い馬がノースガストなのでした。これは、日本のサラブレッドの大型化が進む中で、なかなかに破りにくい記録と思います。

*

さて、ノースガストの軌跡を辿ると、どうしても同厩舎の後輩の菊花賞馬を思いますね。マチカネフクキタル(1994.5.22)。彼も同様に秋に昇り、神戸新聞杯1着、京都新聞杯1着、そして菊花賞1着と3連勝でクラシック勝利を収めました。

しっかし、1997年は、二分厩舎、マイナー血統馬たちでバンバン重賞を勝っていましたね。マチカネフクキタル、シンカイウン、テイエムオオアラシ。逸走してしまいますが、彼らの4代血統構成を見ておくと、

1997年当時活躍した二分久男厩舎の重賞勝ち馬について
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GI マチカネフクキタル
(1994.5.22)
[3-l フロリースカップ系]
8番仔
(8連産目)
クリスタルグリッターズ トウショウボーイ シルバーシャーク テューダーペリオッド
GIII シンカイウン
(1992.3.16)
[16-a]
2番仔
(不受胎後)
シンチェスト ハギノカムイオー ハードツービート Wild Risk
GIII テイエムオオアラシ
(1993.4.18)
[12 ビューチフルドリーマー系]
初仔
(不受胎後)
★セクレファスター ハギノカムイオー クラウンドプリンス ハードリドン

むぅ。マチカネフクキタルは2ヶ月後の誕生日馬の記事に譲るとして、シンカイウンとテイエムオオアラシの母父が共にハギノカムイオー(1979.4.1)というのが、なんともはや、涙を誘います。そしてまた、両馬共に「父の0交配馬」かつ「母が不受胎後の仔」というのも、オオハシの琴線に触れます。

改めて二分調教師、ひいては義兄である故・布施正調教師は、共に鋭い相馬眼で馬を選ばれていたのだろうなと思います。そうして、その相馬眼は、岩元市三調教師を経由して、竹園正繼オーナーのテイエムオペラオー(1996.3.13)にもつながったのでしょう。

#余談。二分師や布施師が管理された活躍馬の血統を開くと、どうも、中島理論的良馬に引っ掛かる訳です。上記以外の二分師の管理馬にはシンボリ牧場生産のアグネスホープ(1975.4.23)もいますが、彼の母ピエザリンダ(1970.3.22)の導入には中島国治氏のいっちょがみがあったようですし、後にはシンボリルドルフ(1981.3.13)の仔ツルマルツヨシ(1995.4.6)も活躍しましたね。母方が名繁殖系のツルマルツヨシは種牡馬になって欲しかった。また、布施師の管理馬だったハクタイセイ(1987.4.17)、ネーハイシーザー(1990.4.27)の血統は中島理論ユーザーにはおなじみですが、3月30日に紹介するラフオンテース(1977.3.30)も、その父フィルモン(1960)が満16歳時の0交配馬でした。

*

話がだいぶん脇道に逸れてしまいましたが、ノースガスト。満30歳を迎えた2007年に亡くなったということで、これは大往生。

大切に飼養されたということもあるでしょうけれど、サムライはその小さな身体に大きな生命力を宿していたのです。

そんなノースガストが、いのちの輝きを放った第41回菊花賞。

忘れずに、目に焼き付けておこうと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

<Web Resource>

二分師のノースガストに対する思いがよく示されています。なんでも、ノースガストの名付け親は二分師ご自身だったとか。ぜひご一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイシンザン(1990.3.7~2013.3.16)。

マイシンザン 牡 鹿毛 1990.3.7生~2013.3.16没 新冠・武田牧場生産 馬主・菅原吾一氏 栗東・山本正司厩舎

マイシンザン(1990.3.7)の4代血統表
ミホシンザン
鹿毛 1982.4.16
種付け時活性値:1.75
シンザン
鹿毛 1961.4.2
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
Bois Roussel 1935
Sonibai 1939
ハヤノボリ
栗毛 1949.6.4
ハヤタケ 1939
第五バッカナムビューチー 1941.4.16
ナポリジョオー
栗毛 1975.3.31
★ムーティエ
栗毛 1958.3.16
Sicambre 1948
Ballynash 1946
タイタイ
栗毛 1969
Will Somers 1955
Anne 1964
ファイブソロン
鹿毛 1979.4.1
仔受胎時活性値:0.50
パーソロン
鹿毛 1960
種付け時活性値:0.50
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
★Pharis 1936
Calonice 1940
ファイブドウター
鹿毛 1972.5.3
仔受胎時活性値:1.50
★ダンスール
鹿毛 1963.5.23
種付け時活性値:
Tantieme 1947
La Danse 1951
ウズシオ
鹿毛 1963.4.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
オーロイ
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.25
ヤシマテンプル
鹿毛 1947.5.22
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:セフト5×5>

マイシンザン(1990.3.7)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミホシンザン
(Bois Roussel系)
パーソロン
(Milesian系)
ダンスール
(Teddy系)
オーロイ
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミホシンザン
(ナポリジョオー)
5.75 or 3.75 母が重賞2着馬
(No.5-h 種正系)
5番仔
(3連産目)

*

1992年12月19日の新馬戦(阪神芝1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 マイシンザン 牡2 54 松永幹夫 1:11.9    48.1 514
[-6]
山本正司 1
2 8 ニッポーグランプリ 牡2 54 河内洋 1:13.3 9 48.7 498
[0]
伊藤修司 2
3 5 ユニヴァースラン 牡2 54 南井克巳 1:14.0 4 49.6 514
[+4]
清水出美 7
4 7 エイシンパーシー 牡2 53 藤田伸二 1:14.1 クビ 49.9 400
[-2]
湯浅三郎 6
5 1 プレミアムジャパン 牡2 54 岡潤一郎 1:14.3 1.1/4 48.7 458
[0]
大沢真 5

デビュー戦2着から折り返しで挑んだレース。2着に9馬身差を着けた圧勝でした。このレースをご覧になって、競馬ブックの藤井嘉夫さんは、1993年のクラシック候補として期待する馬をマイシンザンとされたそうです。

1993年2月13日のこぶし賞(500万下)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 マイシンザン 牡3 55 松永幹夫 1:34.9 3歳
レコード
46.8 500
[-2]
山本正司 4
2 7 ケイウーマン 牝3 53 武豊 1:35.2 2 47.9 460
[0]
浅見国一 1
3 9 フジワンマンクロス 牡3 55 田原成貴 1:35.3 クビ 47.8 466
[0]
谷八郎 5
4 13 トーワダーリン 牝3 53 岸滋彦 1:35.9 3.1/2 47.8 410
[-2]
佐山優 3
5 6 リードモーション 牝3 53 東田幸男 1:36.0 3/4 47.4 460
[-2]
目野哲也 8

3角から4角、白いメンコを着けたマイシンザンがどんどん進出。KBS京都の濱野圭司アナウンサーが「今日は期待に応えることが出来るのか、マイシンザン」 と叫ばれたと思ったら、最後まで先頭を譲ることはありませんでした。振り返れば、唯1頭だけ上がり4ハロン46秒台の脚を使っています。レース後、競馬ブックの中野秀幸さんが「マイシンザンが強すぎましたね」とおっしゃっていたことを思い出します。

*

第41回NHK杯(GII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 マイシンザン 牡3 56 松永幹夫 2:00.7 レース
レコード
35.0 512
[+10]
山本正司 4
2 7 ガレオン 牡3 56 岡部幸雄 2:01.3 3.1/2 35.9 478
[-6]
二本柳俊夫 1
3 13 サクラチトセオー 牡3 56 小島太 2:01.5 1.1/2 35.5 464
[0]
境勝太郎 3
4 10 トーヨーリファール 牡3 56 松永昌博 2:01.8 1.3/4 36.6 472
[+2]
松永善晴 12
5 3 ツジユートピアン 牡3 56 田原成貴 2:02.0 1.1/4 36.7 512
[-2]
伊藤修司 6

「2段ロケットのようですね!!」という、NHKのテレビ中継の解説をされていた伊藤正徳調教師の言を、今でも懐かしく思い出します。1番人気のガレオン(1990.4.25)が先に抜け出したところを、外から捕まえに行ったマイシンザン。脚色が一緒になったかと思いきや、手前を変えたら、もう1段のロケット発射。後は突き放す一方で、ゴール時には3馬身と2分の1差が着いていました。

*

第46回朝日チャレンジカップ(GIII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 マイシンザン 牡5 55 熊沢重文 1:58.0 コース
レコード
34.3 524
[-10]
山本正司 4
2 8 スプリングバンブー 牝5 54 岸滋彦 1:58.0 クビ 34.5 442
[-2]
田島良保 2
3 11 キョウワアリシバ 牡5 55 田原成貴 1:58.2 1.1/2 34.9 476
[+10]
吉岡八郎 5
4 9 シアトルスズカ 牡4 55 南井克巳 1:58.4 1.1/4 35.1 460
[-2]
橋田満 1
5 2 タマモハイウェイ 牡5 55 L.クロップ 1:58.5 1/2 34.8 462
[-6]
吉永忍 10

朝日CCの動画、黙ってYouTubeに上げたのは内緒です。前年の天皇賞・秋(GI)から約11ヶ月ぶりに挑んだ一戦。下見所から、いやにおとなしいマイシンザン。「あれ、もっと暴れるんと違うんかいな?」と思っていたら、レースぶりが肉食動物のようでした。最後の最後、標的となったイイ女はスプリングバンブー(1990.5.26)。クビだけ交わしたところが決勝点でした。

私、淀まで行くか迷った末に、止めたんですよね。いちばん好きな馬と、私と同じ誕生日のやはり好きな馬が一緒に走るレースですから。共に4代母にヤシマテンプルを持つ5号族種正(1920)の子孫。そうして、終わってみたら、1着、2着。ゴール後、号泣していました。

*

草食動物の難しさなのか、「腸捻転」で亡くなった、とのこと。

ついこの間、3月7日の誕生日に、「23歳おめでとう」と、現在の養い主さんに連絡を入れたところでした。

もう、あんなに好きになる馬には出会えないと思います。

思い余って、会いに行って、挙句の果てに跨らせてもらったのですから。

馬上から見た景色は忘れ難く、 彼のたてがみに、1本の白髪が混じっていたことを思い出します。

  

現在の養い主さんや、ワイルドブラスター(1992.4.13)達とともに過ごした日々。

私が直接会って触れ合えたのはわずかな時間でしたけれど、穏やかな、優しい目を見せてくれました。

幸せな馬生であったと思います。

  

いまは、ただただ、マイシンザンの冥福を祈ります。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の五)-リンドタイヨー(1977.3.14)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第5回はリンドタイヨー。

リンドタイヨー 牡 鹿毛 1977.3.14生~1983.7.22没 静内・山口牧場生産 馬主・(株)デルマークラブ 美浦・見上恒芳厩舎

リンドタイヨー(1977.3.14)の4代血統表
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.25
Princely Gift
鹿毛 1951
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
Blue Gem
鹿毛 1943
Blue Peter 1936
Sparkle 1935
Suncourt
黒鹿毛 1952
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915
Selene 1919
Inquisition
黒鹿毛 1936
Dastur 1929
Jury 1929
ガレイ
栗毛 1964.4.13
仔受胎時活性値:1.00
オーロイ
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.50
Aureole
栗毛 1950
Hyperion 1930
Angelola 1945
Millet
黒鹿毛 1949
Mieuxce 1933
Kannabis 1941
クリピン
栗毛 1957.3.20
仔受胎時活性値:1.50
ミナミホマレ
鹿毛 1939.3.31
種付け時活性値:0.25
プリメロ 1931
フロリスト 1919.4.27
崇敏
栗毛 1941.2.20
仔受胎時活性値:1.75
★月友
栗毛 1932.3.13
種付け時活性値:0.00
玄麗
1932.4.22
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Hyperion3×4、Blandford5×5、Pharos=Fairway5×5(父方)>

リンドタイヨー(1977.3.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
テスコボーイ
(Princely Gift系)
オーロイ
(Hyperion系)
ミナミホマレ
(Blandford系)
月友
(Man o' War系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オーロイ
(ガレイ)
5.50
(No.2-n ソートウエーブ系)
7番仔?
(3連産目?)

正直に申し上げますが、私、この「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事群は、割合に早くに構想がありまして、1年以上前からドラフトしていた分もあったりする訳です。しかし、2歳牡馬王者のことをすっかり失念しておりました。申し訳ない、リンドタイヨー。

リンドタイヨーの満2歳時の戦績を辿ると、

  1. 1979.6.16 新馬戦 札幌ダート1000m 3着
  2. 1979.6.30 新馬戦 札幌ダート1000m 2着
  3. 1979.7.14 未勝利戦 札幌ダート1000m 1着
  4. 1979.7.29 北海道3歳S(現札幌2歳S、GIII) 札幌ダート1200m 3着
  5. 1979.8.24 すずらん賞 函館芝1200m 2着
  6. 1979.9.16 函館3歳S(現函館2歳S、GIII) 函館芝1200m 2着
  7. 1979.10.21 京成杯3歳S(現京王杯2歳S、GII) 中山芝1200m 2着
  8. 1979.11.18 府中3歳S(現東京スポーツ杯2歳S、GIII) 東京芝1600m 2着
  9. 1979.12.9 朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI) 中山芝1600m 1着

札幌、函館、中山、東京、そして中山。渡り歩いてならぬ、渡り走って、9戦目。 抜群の安定感を期待されたのか2番人気で挑んだ朝日杯3歳S。わずかに「クビ」だけサーペンプリンス(1977.4.17)を退けて掴んだ勝利が、そのまま最優秀フューチュリティにつながったのでした。

明けて満3歳。京成杯(現GIII)4着の後に挑んだ東京4歳S(現共同通信杯、GIII)を快勝したまでは、輝きを放っていたリンドタイヨー。

けれど、日輪の力は、3歳秋以降、思うような煌めきを見せませんでした。

心と身体の微妙な関係。人も馬も、生命ある生き物は何も変わりません。

ただ、それでも、精一杯に頑張って、満2歳時に世代王者に登り詰めたリンドタイヨー。

辿る戦績があり、思い馳せられる血統が残っているのですから、その蹄跡は、ただただ、立派だったのです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

テイエムオペラオー(1996.3.13)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第2回は「世紀末覇王」を。

テイエムオペラオー 牡 栗毛 1996.3.13生 浦河・杵臼牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・岩元市三厩舎

テイエムオペラオー(1996.3.13)の4代血統表
オペラハウス
鹿毛 1988.2.24
種付け時活性値:1.75
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top
黒鹿毛 1969
Derring-Do 1961
Camenae 1961
Reprocolor
栗毛 1976.5.14
Jimmy Reppin 1965
Blue Queen 1967
ワンスウェド
栗毛 1984.3.18
仔受胎時活性値:0.75
Blushing Groom
栗毛 1974
種付け時活性値:0.25
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Noura
黒鹿毛 1978.3.25
仔受胎時活性値:1.25
Key to the Kingdom
黒鹿毛 1970.3.12
種付け時活性値:1.75
Bold Ruler 1954.4.6
Key Bridge 1959.4.10
River Guide
栗毛 1971.3.16
仔受胎時活性値:1.50
Drone
芦毛 1966.4.1
種付け時活性値:1.00
Blue Canoe
鹿毛 1958.4.13
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nearco5×5、Nasrullah4×5(母方)>

テイエムオペラオー(1996.3.13)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オペラハウス
(Sadler's Wells系)
Blushing Groom
(Red God系)
Key to the Kingdom
(Bold Ruler系)
Drone
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オペラハウス 4.50 半姉チャンネルフォー
(No.4-m)
7番仔
(不受胎後)

*

第59回皐月賞(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 テイエムオペラオー 牡3 57 和田竜二 2:00.7    35.2 464
[+2]
岩元市三 5
2 11 オースミブライト 牡3 57 蛯名正義 2:00.7 クビ 35.4 436
[+4]
中尾正 6
3 8 ナリタトップロード 牡3 57 渡辺薫彦 2:00.7 ハナ 35.2 480
[+2]
沖芳夫 2
4 16 マイネルタンゴ 牡3 57 柴田善臣 2:00.9 1 36.1 450
[-2]
大江原哲 14
5 5 マイネルシアター 牡3 57 江田照男 2:01.2 2 36.3 448
[-8]
柴崎勇 11

*

第121回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 テイエムオペラオー 牡4 58 和田竜二 3:17.6    34.4 468
[-4]
岩元市三 1
2 2 ラスカルスズカ 牡4 58 武豊 3:17.7 3/4 34.2 478
[-2]
橋田満 3
3 11 ナリタトップロード 牡4 58 渡辺薫彦 3:17.8 3/4 34.7 484
[+2]
沖芳夫 2
4 3 ステイゴールド 牡6 58 熊沢重文 3:18.3 3 34.9 432
[+10]
池江泰郎 4
5 8 ホッカイルソー 牡8 58 四位洋文 3:18.8 3 35.4 492
[-8]
田中清隆 6

*

第41回宝塚記念(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 テイエムオペラオー 牡4 58 和田竜二 2:13.8    35.7 470
[+2]
岩元市三 1
2 4 メイショウドトウ 牡4 58 河内洋 2:13.8 クビ 35.9 508
[0]
安田伊佐 6
3 10 ジョービッグバン 牡5 58 山田和広 2:13.9 クビ 35.9 452
[-4]
坪正直 9
4 3 ステイゴールド 牡6 58 安藤勝己 2:14.1 1.1/2 35.9 432
[+2]
池江泰郎 5
5 8 ラスカルスズカ 牡4 58 武豊 2:14.3 1.1/4 36.5 470
[-2]
橋田満 3

*

第122回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 テイエムオペラオー 牡4 58 和田竜二 1:59.9    35.3 472
[-2]
岩元市三 1
2 15 メイショウドトウ 牡4 58 的場均 2:00.3 2.1/2 35.9 508
[-4]
安田伊佐夫 2
3 10 トゥナンテ 牡5 58 幸英明 2:00.4 3/4 36.0 516
[0]
松元省一 5
4 11 イーグルカフェ 牡3 56 岡部幸雄 2:00.5 クビ 35.6 466
[+2]
小島太 6
5 3 ナリタトップロード 牡4 58 渡辺薫彦 2:00.5 アタマ 35.4 480
[0]
沖芳夫 3

*

第20回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 テイエムオペラオー 牡4 57 和田竜二 2:26.1    35.2 476
[+4]
岩元市三 1
2 13 メイショウドトウ 牡4 57 安田康彦 2:26.1 クビ 35.4 504
[-4]
安田伊佐夫 5
3 10 ファンタスティックライト 牡4 57 L.デットーリ 2:26.1 ハナ 35.0 472
[不明]
S.ビン・スルール 2
4 1 エラアシーナ 牝4 55 O.ペリエ 2:26.4 1.3/4 35.4 482
[不明]
M.ジャーヴィス 7
5 4 ダイワテキサス 牡7 57 蛯名正義 2:26.6 1.1/2 35.8 480
[0]
増沢末夫 15

2000年の第20回。第5回のシンボリルドルフ(1981.3.13)以来となる「1番人気の日本馬による勝利」。成し遂げたのは、ルドルフと同じ「3月13日生まれの母が不受胎後の仔」である、テイエムオペラオー。

デットーリ騎手曰く「Crazy strong!!」。かのフランキーにそう言わしめたからには、やっぱりアホほど強かった。

まずレースに出走すること。勝つための必要絶対条件を、骨折が癒えた後の満3歳初戦からから引退する満5歳の有馬記念(GI)まで、丸3年間もこなし続けたテイエムオペラオーとその陣営。馬も人も讃えられるべきです。

当たり前と思うことが一番難しい。その当たり前のことを、真に当たり前として、なおのこと勝利を重ね、覇王であり続けたテイエムオペラオー。彼は世紀末歌劇の主役を張り続け、脇役に回った馬たちもまた、いつでも当たり前のように、そこにいました。

栗毛に白い星ひとつ、中背中肉の馬体が跳ねて、テイエムオペラオー。悔しいが、強かった。特に2000年は、憎たらしいほどに、強かった。それ故に、このジャパンカップも忘れられません。

だからもう1回、私からも言ってやる。この「クレイジーストロング」め。なんやねん、その最後まで頑張ろうとする姿は。なんやねん、その決勝点で勝ち切ってしまう勝負根性は。恐れ入谷の鬼子母神もビックリやわ、ホンマに(^_^;)

*

第45回有馬記念(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 テイエムオペラオー 牡4 57 和田竜二 2:34.1    36.4 480
[+4]
岩元市三 1
2 13 メイショウドトウ 牡4 57 安田康彦 2:34.1 ハナ 36.5 512
[+8]
安田伊佐夫 2
3 12 ダイワテキサス 牡7 56 蛯名正義 2:34.2 3/4 36.9 484
[+4]
増沢末夫 13
4 10 キングヘイロー 牡5 56 柴田善臣 2:34.3 1/2 36.0 488
[-6]
坂口正大 9
5 14 アドマイヤボス 牡3 55 武豊 2:34.3 ハナ 36.6 492
[+4]
橋田満 6

*

第123回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 テイエムオペラオー 牡5 58 和田竜二 3:16.2    35.5 478
[+2]
岩元市三 1
2 5 メイショウドトウ 牡5 58 安田康彦 3:16.3 1/2 35.3 514
[+2]
安田伊佐夫 3
3 12 ナリタトップロード 牡5 58 渡辺薫彦 3:16.4 1/2 36.0 488
[+2]
沖芳夫 2
4 3 マックロウ 牡4 58 安藤勝己 3:16.6 1.1/2 35.2 468
[0]
松田博資 8
5 11 アドマイヤボス 牡4 58 後藤浩輝 3:16.7 1/2 35.6 484
[-4]
橋田満 5

*

走っていた当時は、ナリタトップロード(1996.4.4)を応援していた私にとって、小憎らしい馬でした。

ただ、時が流れた今、その「真摯な走り」に対して礼賛の思いがよぎります。本当にいつでも一所懸命に走っていました。

世紀末歌劇の主役は、20世紀から21世紀への架け橋として、人々が忘れかけていた「ひたむきさ」を伝えようとしてくれていたのかも知れません。

あんなに生真面目に走る馬には、そうそう出会えません。

通算26戦14勝、2着6回、3着3回。獲得した賞金18億3518万9000円は今を以て世界歴代1位。

誠実な、真の強者でした、テイエムオペラオー。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の四)-アンバーシャダイ(1977.3.10)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第4回はアンバーシャダイ。

アンバーシャダイ 牡 鹿毛 1977.3.10生~2007.1.29没 早来・社台ファーム生産 馬主・吉田善哉氏 美浦・二本柳俊夫厩舎

アンバーシャダイ(1977.3.10)の4代血統表
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.25
(アンバーシャダイは初年度産駒)
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944 ♀
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park
鹿毛 1957.5.10
★Chop Chop 1940
Victoriana 1952
Lady Angela
栗毛 1944 ♀
Hyperion 1930.4.18
Sister Sarah 1930
クリアアンバー
黒鹿毛 1967.5.8
仔受胎時活性値:0.25

Ambiopoise
鹿毛 1958.5.6
種付け時活性値:0.00
Ambiorix
鹿毛 1946
Tourbillon 1928
Lavendula 1930
Bull Poise
鹿毛 1948
Bull Lea 1935
Alpoise 1937
One Clear Call
鹿毛 1960.5.21
仔受胎時活性値:1.50
Gallant Man
鹿毛 1954
種付け時活性値:1.25
Migoli 1944
Majideh 1939
Europa
鹿毛 1949
仔受胎時活性値:0.50
Bull Lea
黒鹿毛 1935
種付け時活性値:1.25
Sicily
黒鹿毛 1942
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mahmoud5×5、Pharos5×5、Lady Angela(♀)3×4(父方)、Bull Lea4×4(母方)>

アンバーシャダイ(1977.3.10)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Ambiopoise
(Tourbillon系)
Gallant Man
(Bois Roussel系)
◆Bull Lea
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーザンテースト 3.75 甥サクラバクシンオー
(No.4-m)
3番仔
(不受胎後)
第26回有馬記念(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 2 アンバーシャダイ 牡4 57 東信二 2:35.5    474 二本柳俊夫 3
2 13 ホウヨウボーイ 牡6 56 加藤和宏 2:35.9 2.1/2 484 二本柳俊夫 1
3 1 モンテプリンス 牡4 57 吉永正人 2:35.9 アタマ 508 松山吉三郎 2
4 4 オペックホース 牡4 57 郷原洋行 2:36.0 クビ 450 佐藤勇 10
5 14 ゴールドスペンサー 牡5 56 大西直宏 2:36.1 クビ 450 中尾銑治 4
第87回天皇賞・春(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 13 アンバーシャダイ 牡6 58 加藤和宏 3:22.3    -- 二本柳俊夫 1
2 5 ホリスキー 牡4 58 菅原泰夫 3:22.4 1/2 -- 本郷重彦 2
3 4 カツアール 牡7 58 樋口弘 3:23.3 5 -- 柳田次男 10
4 12 メジロファントム 牡8 58 的場均 3:23.4 1/2 -- 大久保洋吉 9
5 7 ミナガワマンナ 牡5 58 郷原洋行 3:23.5 1/2 -- 仲住芳雄 4

*

「琥珀色の機関車」。それは、今は亡き横尾一彦さんが、月刊優駿の1994年5月号のサラブレッドヒーロー列伝でアンバーシャダイの記事の折に使われた、彼に対するキャッチフレーズでした。

「アンバーシャダイという馬は、親父という機関車の一部なんですよ」。そのサラブレッドヒーロー列伝の冒頭の一節。吉田照哉氏が述べられていました。

言い得て妙。

*

アンバーシャダイ。名種牡馬ノーザンテーストの初年度産駒にして、牡馬の最高傑作と言っても良いでしょう。7頭いるノーザンテースト産駒の平地GI勝ち馬のうち最初にGIを勝った馬で、重ねてお伝えすれば、日本で走ったNorthern Dancer系馬として、初めて八大競走を勝った馬でもあります。そしてまた、3200m時代の天皇賞を春秋で1着から5着、有馬記念を1着から3着まですべて経験しているという馬でも有馬す。もとい、あります。

その有馬記念。満4歳時に出走した折は、所属厩舎の大将だったホウヨウボーイ(1975.4.15)の露払い的な立場だったはずなのに、直線で鋭脚を発揮して、ホウヨウボーイ、モンテプリンス(1977.4.1)の競り合いを尻目に2と2分の1馬身差の完勝。僅差ならばともかく、GIで2馬身差以上付けたならば、それは馬を褒めるほか有馬せん。もとい、ありません。

そして、満6歳時に制した天皇賞・春。スタートの出遅れで却って腹が決まった感もあるレース。早めに抜け出して迎えた直線、外から2歳年下のホリスキー(1979.4.13)の脚色が勝ったかと思いきや、内から「まだまだ若いモンには負けんぜよ」とばかりにググっと差し返して、最後には半馬身差を付けたアンバーシャダイ。1番人気に見事に応えた、その勝負根性の素晴らしさ。

併せて、アンバーシャダイは仔メジロライアン(1987.4.11)、孫メジロブライト(1994.4.19)&メジロドーベル(1994.5.6)と、親仔3代のJRAGI級レースを勝つという偉業を達成しました。遺伝力の確かさも見せ付けたアンバーシャダイ。

アンバーシャダイ。競走成績から繁殖成績まで、1977年生まれ世代の代表馬と言える、真の名馬でした。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の参)-ヒカリデユール(1977.3.6)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第3回はヒカリデユール。

ヒカリデユール 牡 黒鹿毛 1977.3.6生 新冠・キタノ牧場生産 馬主・橋本善吉氏 栗東・須貝彦三厩舎

ヒカリデユール(1977.3.6)の4代血統表
デユール
黒鹿毛 1961.4.18
種付け時活性値:1.75
Round Table
鹿毛 1954.4.6
Princequillo
鹿毛 1940
Prince Rose 1928
Cosquilla 1933
Knight's Daughter
黒鹿毛 1941
Sir Cosmo 1926
Feola 1933
Lea Moon
黒鹿毛 1955.3.28
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
Lea Lark
鹿毛 1945
Bull Lea 1935
Colosseum 1937
アイテイグレース
栃栗毛 1967.3.13
仔受胎時活性値:0.25
ゲイタイム
栗毛 1949
種付け時活性値:0.25
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion 1930.4.18
Rockfel 1935
Daring Miss
栗毛 1939
★Felicitation 1930
Venturesome 1933
アイテイオー
黒鹿毛 1960.4.2
仔受胎時活性値:1.50
ハロウエー
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.75
Fairway 1925
Rosy Legend 1931
キタノヒカリ
栗毛 1954.5.25
仔受胎時活性値:1.25
トサミドリ
鹿毛 1946.5.20
種付け時活性値:1.75
バウアーヌソル
鹿毛 1938.3.25
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Pharos=Fairway5×4>

ヒカリデユール(1977.3.6)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
デユール
(Round Table系)
ゲイタイム
(Hyperion系)
ハロウエー
(Fairway系)
トサミドリ
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デユール 4.75 祖母がオークス馬
(サラ系 バウアーストツク系)
4番仔?
(2連産目?)

*

以下にヒカリデユールのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

バウアーヌソル 1938.3.25
|キタノオー 1953.5.15 中央16勝 天皇賞・春(現GI) 菊花賞(現GI) 朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)
|キタノヒカリ 1954.5.25 中央3勝 朝日杯3歳S
||キタノフジ 1959.4.2 中央1勝
|||キヨウワレデイ 1972.5.15 地方8勝 北関東ダービー
||||キョウワサンダー 1981.4.12 エリザベス女王杯(現GI) 大原S(OP)
||アイテイオー 1960.4.2 中央4勝 オークス(現GI) セントライト記念(現GII)2着
|||アイテイグレース 1967.3.13 中央0勝
||||ヒカリデユール 1977.3.6 (本馬) 中央3勝+地方7勝 有馬記念(現GI) 大阪杯(現GII) 朝日CC(現GIII)ほか
||||キタノデユール 1979.4.5 地方3勝
|||||ホクセイアンバー 1989.3.21 中央6勝 小倉記念(GIII)
|||チェリースター 1969.3.12 地方2勝+中央0勝
||||イズミスター 1982.6.7 中央5勝+地方1勝 金鯱賞(当時GIII、現GII) 小倉日経賞(OP) NZT4歳S(当時GIII、現GII)2着
|||アイテイシロー 1971.2.28 中央4勝 京都牝馬特別(現京都牝馬S、GIII)
||キタノダイオー 1965.4.6 中央7戦7勝 北海道3歳S(現札幌2歳S、GIII) 函館3歳S(現函館2歳S、GIII)
|キタノオーザ 1957.6.30 中央6勝 菊花賞 セントライト記念 NHK杯(旧GII)2着ほか

豪州産の牝馬バウアーストツク(1923)は出自不明の為に「サラ系」の烙印を押されてしまいました。Webを渉猟すると、父母は特定されているという説もチラホラ見えますが、真相は闇の中です。ともあれ、ヒカリデユールは近親にこれだけ活躍馬がいれば、紛れも無い「良血」。ヒカリデユールの甥、全妹の仔であるホクセイアンバーは20世紀最後の「直牝系がサラ系」のJRA重賞勝ち馬です。懐かしや、1994年の小倉記念。1着ホクセイアンバー、2着イブキファイブワン(1988.3.10)、3着メモリータイヨウ(1989.4.17)。順にアンバーシャダイ(1977.3.10)、インターグシケン(1975.5.25)、エリモタイヨー(1980.5.16)の仔。むぅ、隔世の感、甚だしいですね(^_^;)。振り返れば、ヒカリデユールの甥がアンバーシャダイの仔、というところに、生産者さんのロマンを思います。

*

第27回有馬記念(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 9 ヒカリデユール 牡5 56 河内洋 2:36.7    518 須貝彦三 3
2 4 アンバーシャダイ 牡5 56 加藤和宏 2:36.7 アタマ 472 二本柳俊夫 1
3 11 キョウエイプロミス 牡5 56 柴田政人 2:36.9 1.1/4 486 高松邦男 13
4 12 トドロキヒホウ 牡4 57 安田富男 2:37.0 クビ 482 元石孝昭 15
5 10 ビクトリアクラウン 牝3 53 嶋田功 2:37.1 1/2 482 稲葉幸夫 6

世代のレベルの確かさを見せ付けるかのように、1着から3着までを同期3頭で占めた第27回有馬記念。ヒカリデユールは、中央転厩初戦の朝日CC7番人気1着、2戦目の天皇賞・秋を5番人気2着、3戦目のジャパンカップ(現GI)を8番人気5着で日本馬最先着。そうして4戦目の有馬記念で、ようやく力量に人気が追い付き始めたのか、3番人気に推されました。

そんな有馬記念は重馬場の中で行われ、直線で1番人気のアンバーシャダイが内から抜け出し勝利は間違いないと思われた刹那、馬場中央を追い込んで来たマル地の野武士が「アタマ」だけ捕らえたところがゴールでした。

*

現在のところ、サラ系馬として唯一頭、中央競馬の年度代表馬となったヒカリデユール。

恐らく、最初で最後、となってしまうのでしょう。

けれど、それでも、「君は、ヒカリデユール」。

その黒鹿毛の放った煌めきと、アンバーシャダイとの決闘を制した末脚は、これからも、ファンの心の中で生き続けます。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

<Web Resource>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイセイコー(1970.3.6)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第1回は「特別な馬」を。

ハイセイコー 牡 黒鹿毛 1970.3.6生~2000.5.4没 新冠・武田牧場生産 馬主・(株)王優→ホースマンクラブ 大井・伊藤正美厩舎→東京・鈴木勝太郎厩舎

ハイセイコー(1970.3.6)の4代血統表

チヤイナロツク
栃栗毛 1953
種付け時活性値:0.00
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Rockfel
黒鹿毛 1935
Felstead 1925
Rockliffe 1928
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha
鹿毛 1927
Son-in-Law 1911
Cos 1920
Wezzan
栗毛 1924
Friar Marcus 1912
Woodsprite 1916
ハイユウ
黒鹿毛 1961.4.1
仔受胎時活性値:2.00
カリム
鹿毛 1953
種付け時活性値:1.75
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920
Nogara 1928
Skylarking
栗毛 1947
Mirza 1935
Jennie 1936
ダルモーガン(AUS)
黒鹿毛 1950.8.12
仔受胎時活性値:0.375
Beau Son(AUS)
黒鹿毛 1938
種付け時活性値:0.75
Beau Pere 1927
Banita 1933
Reticent(AUS)
鹿毛 1941
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Hua(AUS)
鹿毛 1934
種付け時活性値:1.50
Timid(GB)
鹿毛 1922
仔受胎時活性値:0.625

<5代血統表内のクロス:Son-in-Law4×5>

ハイセイコー(1970.3.6)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
チヤイナロツク
(Hyperion系)
カリム
(Nearco系)
Beau Son
(Son-in-Law系)
Hua
(Cyllene系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
カリム
(Prestige)
5.00 or 3.00 豪州牝系
(No.12-g)
3番仔?
(前年産駒無し後?)

*

第33回皐月賞(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 調教師
1 7 ハイセイコー 牡3 57 増沢末夫 2:06.7    鈴木勝太郎 1
2 1 カネイコマ 牡3 57 蛯沢誠治 2:07.1 2.1/2 成宮明光 6
3 13 ホウシユウエイト 牡3 57 野平祐二 2:07.1 アタマ 日迫淸 2
4 12 イチフジイサミ 牡3 57 郷原洋行 2:07.3 1.1/2 松永光雄 10
5 5 シヤダイオー 牡3 57 中島啓之 2:07.6 1.3/4 上田武司 7

*

第15回宝塚記念(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 調教師
1 10 ハイセイコー 牡4 55 増沢末夫 2:12.9 レコード 鈴木勝太郎 2
2 8 クリオンワード 牡4 55 安田伊佐夫 2:13.7 5 栗田勝 3
3 9 トーヨーチカラ 牡4 55 田島良保 2:13.9 1 斉藤義美 8
4 1 シヤダイオー 牡4 55 中島敏文 2:14.1 1.1/4 上田武司 11
5 4 ベルワイド 牡6 55 加賀武見 2:14.5 2.1/2 阿部正太郎 6

*

ハイセイコー。その成績を紐解けば、2200m以下の距離では[13-2-0-0]、2200mを超えると[0-2-2-3]。ハイセイコーは母父カリムの血に抗うべく距離に挑みましたが、本質はやはり「中距離の名馬」だったのでしょう。皐月賞、宝塚記念、高松宮杯(現高松宮記念、現GI)、中山記念(現GII)、弥生賞(現GII)、スプリングS(現GII)、NHK杯(旧GII)と1800mから2200mまでの中央重賞7勝を挙げたのでした。

こうなると2200m以下で敗れた2着2回が気になるもので、1回目が満3歳10月の不良馬場の京都新聞杯(現GII)でトーヨーチカラ(1970.5.11)に0秒1差、2回目が満4歳11月の1800mのオープンで「オープン大将」にして最後の中央20勝馬かも知れないヤマブキオー(1970.4.11)に0秒3差でした。

もっとも、そんな記録で推し量れないのが、ハイセイコー。「東京都 ハイセイコー様」で郵便物が届くという伝説を残した馬は、後にも先にも、ハイセイコーだけです。

そしてまた、ハイセイコーが「特別な馬」たる所以は、自身が3着に敗れた日本ダービー(現GI)は初年度産駒カツラノハイセイコ(1976.5.13)が勝利を収めたことにより「ダービー馬の父」となり、サンドピアリス(1986.5.17)でビックリさせ、そしてハクタイセイ(1987.4.17)が父仔2代の皐月賞制覇を飾る等、世代重ねても輝きを失わなかったところ。

ハイセイコー。やはり、空前にして絶後の「特別な馬」でした。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

#余談。

中央時代の主戦騎手が歌を歌って50万枚以上レコードを売り上げられる馬もハイセイコーだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の弐)-サクラシンゲキ(1977.3.5)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第2回はサクラシンゲキ。

サクラシンゲキ 牡 鹿毛 1977.3.5生~1994.8.20没 静内・藤原牧場生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・境勝太郎厩舎

サクラシンゲキ(1977.3.5)の4代血統表
ドン
芦毛 1966.5.3
種付け時活性値:0.50

Grey Sovereign
芦毛 1948
Nasrullah
鹿毛 1940
Nearco 1935
Mumtaz Begum 1932
Kong
芦毛 1933
Baytown 1925
Clang 1925
Diviana
鹿毛 1957
Toulouse Lautrec
栗毛 1950
Dante 1942
Tokamura 1940
Desublea
鹿毛 1948
▲Niccolo Dell'Arca 1938
Durera 1939
アンジエリカ
黒鹿毛 1970.3.29
仔受胎時活性値:1.50
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:0.25
★Never Say Die
栗毛 1951
Nasrullah 1940
Singing Grass 1944
Bride Elect
黒鹿毛 1952
Big Game 1939
Netherton Maid 1944
スターハイネス
鹿毛 1964.3.10
仔受胎時活性値:1.25
ユアハイネス
栗毛 1958
種付け時活性値:1.25
Chamossaire 1942
Lady Grand 1943
スターロツチ
鹿毛 1957.4.16
仔受胎時活性値:1.50
★ハロウエー
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.00
コロナ
栗毛 1943.4.20
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Nasrullah3×4、Nearco4・5×5・5、Rosy Legend(♀)5×5、Pharos=Fairway5×5、Nogara(♀)5×5(父方)>

サクラシンゲキ(1977.3.5)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドン
(Grey Sovereign系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
ユアハイネス
(Hurry On系)
★ハロウエー
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ユアハイネス 5.50 半弟サクラユタカオー
(No.11-c クレイグダーロツチ系)
2番仔
(2連産目)

第1回ジャパンカップ(現GI)の逃げっぷりから「日の丸特攻隊」という二つ名を付けられたサクラシンゲキ。スプリンターズS(現GI)、京王杯AH(現京成杯AH、GIII)2回、函館3歳S(現函館2歳S、GIII)と重賞4勝。通算成績は26戦9勝ですが、こと1600m以下であれば[7-3-3-0]。いかにも、生まれてくるのが、少し早かった名短距離馬。当時、距離体系が整備されていれば、間違いなく短距離路線を進撃していたでしょう。それでも、誕生日が同じ3月5日であるオペツクホース(1977.3.5)が制した日本ダービー(現GI)では4着に逃げ粘っています。あれは、だいぶん強い競馬。なるほど、適距離に戻ればその強さも推し量るべし、です。

そんなサクラシンゲキ。私にとっては、競馬者の最初期に出会った種牡馬でした。1993年の秋、カブトヤマ記念(旧GIII)を制したユーワビーム(1988.3.25)のお父さん、なんてお伝えしたら、懐かしすぎますか(^_^;)

という訳で、珍しく1日に2回更新して、本日は終わりと致します。また明日、ヒカリデユール(1977.3.6)の記事でお会い致しましょうm(__)m

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の壱)-オペツクホース(1977.3.5)-。

今年2013年は、私が年男ということもあり、自分と同じ年に生まれた馬を誕生日順に辿ろうという企画でございます。その第1回はオペツクホース。

オペツクホース 牡 栗毛 1977.3.5生~2005.10.31没 鵡川・鵡川牧場生産 馬主・ホース産業(株) 栗東・佐藤勇厩舎

オペツクホース(1977.3.5)の4代血統表
リマンド
栗毛 1965.2.16
種付け時活性値:0.75
Alcide
鹿毛 1955
▲Alycidon
栗毛 1945.3.15
Donatello 1934
Aurora 1936
Chenille
黒鹿毛 1940
▲King Salmon 1930
Sweet Aloe 1935
Admonish
芦毛 1958
Palestine
芦毛 1947
Fair Trial 1932
Una 1930
Warning
栗毛 1950
Chanteur 1942
Vertencia 1945
ホースジヨー
黒鹿毛 1965.6.7
仔受胎時活性値:0.75
テユーダーペリオツド
栃栗毛 1957
種付け時活性値:1.75
Owen Tudor
黒鹿毛 1938
Hyperion 1930.4.18
Mary Tudor 1930
Cornice
鹿毛 1944
Epigram 1933
Cordon 1935
ステツプホース
黒鹿毛 1957.4.27
仔受胎時活性値:1.75
クモノハナ
鹿毛 1947.3.15
種付け時活性値:0.25
プリメロ 1931
第参マンナ 1937.3.11
ステツプライト
鹿毛 1944.5.20
仔受胎時活性値:1.00
★ダイオライト
黒鹿毛 1927
種付け時活性値:0.00
ステツプシスター
黒鹿毛 1928
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Hyperion5×4、Fairway=Pharos5×5、Son-in-Law5×5(母方)>

オペツクホース(1977.3.5)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
リマンド
(Blandford系)
テユーダーペリオツド
(Owen Tudor系)
クモノハナ
(Blandford系)
★ダイオライト
(Bend Or系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
テユーダーペリオツド
(Cordon)
5.25 祖母がキヨフジ記念の勝ち馬
(No.16-g ステツプシスター系)
5番仔?
(前年産駒なし後?)

*

第47回日本ダービー(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 4 オペツクホース 牡3 57 郷原洋行 2:27.8    444 佐藤勇 2
2 13 モンテプリンス 牡3 57 吉永正人 2:27.9 クビ 480 松山吉三郎 1
3 10 テイオージヤ 牡3 57 蓑田早人 2:28.5 3.1/2 452 森安弘昭 4
4 6 サクラシンゲキ 牡3 57 小島太 2:28.7 1.1/4 482 境勝太郎 7
5 27 ハーバーシヤレード 牡3 57 嶋田功 2:28.9 1.1/2 434 佐々木亜良 11

一生に一度の大舞台、日本ダービー制覇で燃え尽きてしまったのか、オペツクホース。

自身のたてがみに結われたボンボン、手綱、そして鞍上の勝負服。

真っ赤で揃えられたその装飾と共に、栗毛の駿馬は、満3歳の晩春の日曜日、まるで炎のようでした。

普通ならばモンテプリンス(1977.4.1)が勝っているレース。ラスト200mを切ってからの猛追。外から懸命に脚を伸ばしたオペツクホースに乗り移ったのは、人々の思いだったのかも知れません(→参考記事)。

果たせるかなオペツクホース、最後の最後、クビだけ差し切って、第47代日本ダービー馬の栄誉を蹄中に収めました。その勝ち時計2分27秒8は当時史上3位の好タイムでした。

*

燦めいたのがたとえ一瞬でも、それがまばゆいものであれば、人の心に残るものはあるはずです。

1980年5月25日の日曜日、府中芝2400mでいちばんに輝いたオペツクホース。

その豪脚一閃、忘れずに、心に留めおきたいと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »