« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の六)-ノースガスト(1977.3.17)-。 | トップページ | 第43回高松宮記念(GI)の勝ち馬。 »

2013年3月20日 (水)

キングカメハメハ(2001.3.20)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年2013年も毎週水曜日にお届けしたいと思いました。「自分と同じ年に生まれた馬を辿る」記事もありますが、こちらも併せてお届け致します。その第3回は「新世紀大王」を。

キングカメハメハ 牡 鹿毛 2001.3.20生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人氏 栗東・松田国英厩舎

キングカメハメハ(2001.3.20)の4代血統表
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.50
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
▲Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
▲Prove Out 1969.3.15
Santa Quilla 1970
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
仔受胎時活性値:0.25
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
種付け時活性値:1.75
トライマイベスト
鹿毛 1975.4.28
Northern Dancer 1961
Sex Appeal 1970.5.12
Mill Princess
鹿毛 1977.5.21
★Mill Reef 1968.2.23
Irish Lass 1962
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
仔受胎時活性値:1.75
★Blakeney
鹿毛 1966.3.28
種付け時活性値:0.00
Hethersett 1959
Windmill Girl 1961
The Dancer
鹿毛 1977.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
種付け時活性値:1.00
Khazaeen
鹿毛 1968
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

キングカメハメハ(2001.3.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingmambo
(Mr.Prospector系)
ラストタイクーン
(Northern Dancer系)
Blakeney
(Djebel系)
Green Dancer
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ラストタイクーン
(Buckpasser)
5.25 or 3.25 半兄The Deputy
(No.22-d)
4番仔
(3連産目)

*

第9回NHKマイルカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 キングカメハメハ 牡3 57 安藤勝己 1:32.5 レース
レコード
34.0 496
[+2]
松田国英 1
2 1 コスモサンビーム 牡3 57 四位洋文 1:33.3 5 34.7 484
[+6]
佐々木晶三 4
3 6 メイショウボーラー 牡3 57 福永祐一 1:33.6 1.3/4 35.4 472
[-4]
白井寿昭 3
4 8 ダイワバンディット 牡3 57 北村宏司 1:33.7 1/2 35.4 472
[+2]
増沢末夫 12
5 10 ビッグファルコン 牡3 57 吉田豊 1:34.0 2 34.9 442
[+2]
中尾正 16

*

第71回日本ダービー(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 キングカメハメハ 牡3 57 安藤勝己 2:23.3 レース
レコード
35.4 494
[-2]
松田国英 1
2 5 ハーツクライ 牡3 57 横山典弘 2:23.5 1.1/2 34.3 482
[+6]
橋口弘次郎 5
3 17 ハイアーゲーム 牡3 57 蛯名正義 2:23.8 1.3/4 35.9 500
[0]
大久保洋吉 3
4 14 キョウワスプレンダ 牡3 57 佐藤哲三 2:24.0 1.1/4 35.3 474
[0]
吉岡八郎 13
5 13 スズカマンボ 牡3 57 武幸四郎 2:24.0 ハナ 35.1 478
[+2]
橋田満 15

芝1600mのNHKマイルCを1分32秒5のレースレコードで制し、芝2400mの日本ダービーを2分23秒3というレースレコードで勝つ。

厩舎の先輩2頭が遂げられなかった府中3歳GIの連勝を、その類まれなスピードと、鬼の強さで果たしたキングカメハメハ。新世紀大王の絶対能力をまざまざと見せ付けられました。

そんなキングカメハメハに関して言えば、日本ダービーを制した2004年、金子真人オーナーがお好きなハワイのゴルフコースを買収された際、キングカメハメハ・ゴルフ・クラブと名付けられたということ。似つかわしく、また、オーナーの愛を感じます。

ついで述べれば、キングカメハメハは稀有な馬でしたが、金子オーナーは翌2005年もう1頭の稀有な馬で、同一馬主として初めて日本ダービー連覇を果たされました。共に刻んだタイムが2分23秒3という超抜時計。そして、キングカメハメハの愛娘と、もう1頭の稀有な馬の間に出来る仔が、また来年以降、生まれて来る訳ですね(^^)。しかし、恐るべしは金子オーナーの馬選び!!

*

キングカメハメハは世代を重ねる時にもその能力の高さを遺憾なく発揮し、初年度産駒フィフスペトル(2006.5.22)は三浦皇成騎手の初重賞制覇のお相手となり、2年度産駒には愛娘アパパネ(2007.4.20)、GI2勝馬ローズキングダム(2007.5.10)、ルーラーシップ(2007.5.15)、タイセイレジェンド(2007.3.26)と4頭のジーワン勝ち馬を送り、3年度に世界クラスの短距離強者ロードカナロア(2008.3.11)、4年度にハタノヴァンクール(2009.5.16)と立て続けに活躍馬を輩出しています。キングカメハメハの非SSの血統構成も現代日本のニーズにマッチし、2010年と2011年と2年連続で日本リーディングサイアーに輝きました。……2012年の日本リーディングサイアーは、金子オーナーのもう1頭の稀有な馬がかっさらった訳ですが、しかし、恐るべしは金子オーナーの馬選び!!(2回目)

なお、実のところ、私は今年2013年の牡馬クラシックは、キングカメハメハの5年度産駒であるコディーノ(2010.2.15)を応援していたりします。いや、昨年の朝日杯FS(GI)のレース前、彼の4代血統表を準備しておりましてね(^_^;)

コディーノ 牡 黒鹿毛 2010.2.15生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

コディーノ(2010.2.15)の4代血統表

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ハッピーパス
鹿毛 1998.6.3
仔受胎時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ハッピートレイルズ
鹿毛 1984.5.29
仔受胎時活性値:1.25
ポッセ
栗毛 1977.5.15
種付け時活性値:1.50
Forli 1963.8.10
In Hot Pursuit 1971.5.12
ロイコン
鹿毛 1975.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
High Top
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.25
Madelon
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)>

コディーノ(2010.2.15)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ポッセ
(Hyperion系)
High Top
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ポッセ
(Commotion)
5.00 or 3.00 母がGIII勝ち馬
(No.4-d)
3番仔
(3連産目)

藤沢和雄先生も、もうそろそろ、牡馬クラシックを勝たれても良いかと。お母さんのハッピーパスも好きだったんですよ。オメメパッチリの美人さん、O.ペリエ騎手で制した2003年の京都牝馬S(GIII)はもちろんですが、サクセスストレイン(1998.4.9)との叩き合いとなった2001年のクイーンC(GIII)も思い出します。そんな訳で、藤沢厩舎ゆかりのハッピートレイルズの血、シンコウラブリイ(1989.2.2)のマイルCS(GI)から20年、コディーノのGI制覇を期待しています。

*

最後はキングカメハメハの仔の話になりましたが、新世紀大王、多頭数交配で大変でしょうけれど、これからも息災に過ごして良い仔を送り続けて欲しいと願います。

  

では、以上、オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の六)-ノースガスト(1977.3.17)-。 | トップページ | 第43回高松宮記念(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/56995395

この記事へのトラックバック一覧です: キングカメハメハ(2001.3.20)。:

« 自分と同じ年に生まれた馬を辿る(其の六)-ノースガスト(1977.3.17)-。 | トップページ | 第43回高松宮記念(GI)の勝ち馬。 »