« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

第57回有馬記念(GI)の出走予定馬について。

第57回有馬記念(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ローズキングダム
(2007.5.10)
[1-w]
3番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Shirley Heights Lyphard
2 エイシンフラッシュ
(2007.3.27)
[8-a]
3番仔
(3連産目)
King's Best プラティニ Sure Blade Konigsstuhl
3 スカイディグニティ
(2009.3.10)
[2-c]
8番仔
(4連産目)
ブライアンズタイム ノーザンテースト Alleged Bold Bidder
4 アーネストリー
(2005.5.17)
[3-n]
4番仔
(3連産目)
グラスワンダー トニービン ノーザンテースト ★エルセンタウロ
5 ネヴァブション
(2003.2.19)
[14-f]
9番仔
(不受胎後)
マーベラスサンデー ★Mill Reef Vaguely Noble ガンボウ
6 オーシャンブルー
(2008.3.26)
[1-e]
5番仔+
(5連産目+)
ステイゴールド Dashing Blade ダンシングブレーヴ Surumu
7 ダイワファルコン
(2007.3.25)
[4-d]
3番仔
(2連産目)
★ジャングルポケット サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan
8 トレイルブレイザー
(2007.3.15)
[22-b]
7番仔
(4連産目)
ゼンノロブロイ フォーティナイナー Nijinsky Riverman
9 ルーラーシップ
(2007.5.15)
[8-f パロクサイド系]
8番仔
(8連産目)
キングカメハメハ トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
10 ダークシャドウ
(2007.2.17)
[A4]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Private Account Danzig Sir Ivor
11 トゥザグローリー
(2007.2.16)
[9-f]
4番仔
(2連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス ◆Nureyev ★Sharpen Up
12 オウケンブルースリ
(2005.2.24)
[13-c]
6番仔+
(3連産目)
ジャングルポケット Silver Deputy Northern Jove Ribot
13 ゴールドシップ
(2009.3.6)
[16-h 星旗系]
5番仔
(流産後)
ステイゴールド メジロマックイーン プルラリズム トライバルチーフ
14 ビートブラック
(2007.5.23)
[22-a]
4番仔
(3連産目)
ミスキャスト ブライアンズタイム Rainbow Quest General Assembly
15 ナカヤマナイト
(2008.3.24)
[6-A]
8番仔
(8連産目)
ステイゴールド カコイーシーズ マルゼンスキー スティンティノ
16 ルルーシュ
(2008.3.19)
[13-b]
4番仔+
(4連産目+)
ゼンノロブロイ Highest Honor ダンシングブレーヴ Kris

2012年の中央開催は明日まで続きますが、やはり年末の掉尾を飾るという感はこのレースが醸し出します。第57回有馬記念。

  1. ゴールドシップ
  2. ルーラーシップ
  3. エイシンフラッシュ
  4. ビートブラック
  5. スカイディグニティ
  6. トレイルブレイザー

3歳路線の王者、古馬路線で常に好勝負をしている馬、天皇誕生日だけに天皇賞馬2頭、3歳のSSフリー馬、最後はユタカさんの馬。

以上、オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

第64回朝日杯フューチュリティステークス(GI)の勝ち馬。

ロゴタイプ 牡 黒鹿毛 2010.3.10生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 美浦・田中剛厩舎

ロゴタイプ(2010.3.10)の4代血統表
ローエングリン
栗毛 1999.6.8
種付け時活性値:0.50
シングスピール
鹿毛 1992.2.25
In the Wings
鹿毛 1986.1.19
Sadler's Wells 1981.4.11
ハイホーク 1980.3.17
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
カーリング
黒鹿毛 1992.2.17
Garde Royale
黒鹿毛 1980.3.24
Mill Reef 1968.2.23
Royal Way 1969.4.29
Corraleja
鹿毛 1982.3.9
Carvin 1962
Darling Dale 1976.3.30
ステレオタイプ
鹿毛 2002.2.16
仔受胎時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スターバレリーナ
鹿毛 1990.5.8
仔受胎時活性値:0.75
Risen Star
黒鹿毛 1985.3.25
種付け時活性値:1.00
Secretariat 1970.3.30
Ribbon 1977.4.9
ベリアーニ
鹿毛 1985.4.11
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.75
Eleven Pleasures
栗毛 1970.3.17
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Halo4×3、Northern Dancer5×5>

ロゴタイプ(2010.3.10)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ローエングリン
(Sadler's Wells系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Risen Star
(Bold Ruler系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス
(Montparnasse)
5.00 祖母がローズS勝ち馬
(No.8-k)
初仔

*

以下にロゴタイプのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。図中の重賞格付けは施行当時のものです。

ベリアーニ 1985.4.11 米英2勝
|スターバレリーナ 1990.5.8 中央4勝 ローズS(GII) 高松宮杯(GII)2着 セントウルS(GIII)2着 京阪杯(GIII)2着ほか
||グランパドドゥ 1997.4.16 中央3勝 中日新聞杯(GIII) 忘れな草賞(OP)
|||パドトロワ 2007 現役 アイビスサマーダッシュ(GIII) キーンランドC(GIII) スプリンターズS(GI)2着ほか
||アンドゥオール 1999.4.25 中央・地方9勝 東海S(GII) マーチS(GIII) 師走S(OP)ほか
||ステレオタイプ 2002.2.16 中央・地方2勝
|||ロゴタイプ 2010.3.10 (本馬) 朝日杯FS(GI)
||フレンチウォリアー 2003.2.18 中央・地方3勝 北海道2歳優駿(JpnIII)3着
|アグネスミネルバ 1994.4.5 中央4勝
||アグネスラズベリ 2001.4.20 中央7勝 函館SS(JpnIII) 阪神牝馬S(GII)2着 キーンランドC2着ほか
|オリーブクラウン 1997.5.2 中央2勝 フラワーC(GIII)2着 オークス(GI)3着

祖母スターバレリーナは野分特別を4馬身差で圧勝しローズSでも3馬身差の完勝。その勢いに乗って1番人気で挑んだエリザベス女王杯(GI)でしたが、ホクトベガ(1990.3.26)の9着に敗れました。満3歳秋に現れた新星の記憶も懐かしくなったものです。繁殖牝馬としての成績も図の通りに優秀。孫世代でついにGI馬を送り込みました。

ロゴタイプの世代交代で特筆すべきは、祖母スターバレリーナ、母ステレオタイプ、そしてロゴタイプと3代続けて「母が前年産駒無し後の仔」であることでしょうか。祖母が曾祖母の初仔、母が祖母の空胎後の仔、そして自身が母の初仔。ついこの間、同じようなことを書いた記憶があるのですけれど、ニホンピロアワーズ(2007.5.3)やローレルゲレイロ(2004.5.3)が、同様の世代交代でGI勝ち馬となった近年の活躍馬として挙げられます。世代交代のフレッシュさの効果は、主に牡馬で発現されるように考えています。

*

第64回朝日杯フューチュリティステークス(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ロゴタイプ 牡2 55 M.デムーロ 1:33.4 タイ
レコード
36.1 482
[-4]
田中剛 7
2 5 コディーノ 牡2 55 横山典弘 1:33.4 クビ 36.0 476
[+2]
藤沢和雄 1
3 3 ゴットフリート 牡2 55 C.スミヨン 1:33.8 2 1/2 36.0 470
[+2]
斎藤誠 3
4 12 フラムドグロワール 牡2 55 C.ウィリアムズ 1:33.9 3/4 36.3 490
[0]
藤沢和雄 5
5 7 ティーハーフ 牡2 55 武豊 1:33.9 クビ 35.5 436
[-2]
西浦勝一 6

単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されたコディーノ(2010.2.15)。3角から4角で外に持ち出した時にちょっと掛かったのか、その後いったん位置を下げざるを得なかったところで、リズムを崩したようにも見えました。

そんな中、前半4ハロンを45秒4、1000m通過57秒3の激流を終始4番手に位置していたロゴタイプが、直線で内を懸命に粘りました。外からコディーノが交わしに掛かるも、最後まで脚色は衰えす。決勝点、クビだけ先んじて、ロゴタイプ。見事に朝日杯FSのタイレコードとなる1分33秒4で2歳王者の称号を蹄中に収めました。管理される田中剛調教師は平地GIは初勝利。これは嬉しかったでしょう。おめでとうございました。

結果を見れば、2頭出しだったローエングリン産駒が1着、3着と好走。近年はGI勝ちが無ければ、いえGI勝ちが有っても、なかなか種牡馬になれない厳しい情勢ですが、ローエングリンはその良血とSSフリーが見込まれて、2008年から種牡馬として供用されています。種付け頭数と生産頭数を見ると、初年度95頭/60頭、2年度71頭/47頭、3年度55頭/33頭、4年度46頭と推移しており、ロゴタイプとゴットフリート(2010.4.23)は2年度産駒にあたります。この2頭の活躍により、来春は種付け頭数が伸びるのでしょうね。ローエングリン、仔に託したGI勝ち、まずは1頭送り出せましたので、これからも頑張ってほしいものです。余談となりますが、Sadler's Wellsの系統は、代を経てスピードが補完されると、日本でも活躍できるような印象があります。先週の阪神JF(GI)でも「母父シングスピール」のローブティサージュ(2010.1.28)が1着でしたので、2週続けて「シングスピールの孫世代」が2歳GI勝ち馬となりました。

ともあれ、ロゴタイプ。近年の2歳牡馬王者は3歳以降がなかなか大変ですが、そんなステレオタイプに収まらないよう、来年の飛躍を期待したいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。

ローブティサージュ 牝 青毛 2010.1.28生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルク 栗東・須貝尚介厩舎

ローブティサージュ(2010.1.28)の4代血統表
ウォーエンブレム
黒鹿毛 1999.2.20
種付け時活性値:0.50
Our Emblem
黒鹿毛 1991.3.7
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Personal Ensign
鹿毛 1984.4.27
Private Account 1976.4.26
Grecian Banner 1974.4.26
Sweetest Lady
鹿毛 1990.2.8
Lord at War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Sweetest Roman
鹿毛 1977.4.4
▲The Pruner 1967.4.12
I Also 1969.5.21
プチノワール
青毛 2005.3.23
仔受胎時活性値:1.00
シングスピール
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:1.00
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler's Wells 1981.4.11
ハイホーク 1980.3.17
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
リッチアフェアー
青毛 2000.4.11
仔受胎時活性値:1.00
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:1.00
Mr.Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Much Too Risky
栗毛 1982.2.8
仔受胎時活性値:0.25
Bustino
鹿毛 1971
種付け時活性値:0.50
Short Rations
黒鹿毛 1975
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector3×4、Herbager5×5、Halo4×5(母方)>

ローブティサージュ(2010.1.28)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ウォーエンブレム
(Mr.Prospector系)
シングスピール
(Sadler's Wells系)
Machiavellian
(Mr.Prospector系)
Bustino
(Crepello系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シングスピール 3.75 ヴィクトワールピサと同牝系
(No.8-d)
2番仔
(2連産目)

*

では、以下にローブティサージュのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Much Too Risky 1982.2.8 英2勝
|ホワイトウォーターアフェア 1993.5.3 英愛仏4勝 ポモーヌ賞(仏GII) ジョンポーターS(英GIII)
||アサクサデンエン 1999.3.22 日香UAE8勝 安田記念(GI) 京王杯SC(GII) 安田記念2着
||スウィフトカレント 2001.4.9 中央6勝+地方0勝 小倉記念(GIII) 天皇賞・秋(GI)2着
||ヴィクトワールピサ 2007.3.31 日仏UAE7勝 ドバイWC(UAEGI) 有馬記念(GI) 皐月賞(GI)含む重賞6勝
|Little Rock 1996.2.5 英愛仏伊独6勝 プリンセスオブウェールズS(英GII)ほか英GIII1勝
|リッチアフェアー 2000.4.11 英1勝
||プチノワール 2005.3.23 不出走
|||ローブティサージュ 2010.1.28 (本馬) 阪神JF(GI) ファンタジーS(GIII)2着
|Short Skirt 2003.3.16 英仏伊4勝 ムシドラS(英GIII) セントサイモンS(英GIII)ほか

曾祖母Much Too Riskyからの別分枝にヴィクトワールピサ、アサクサデンエン、スウィフトカレントと近年の活躍馬が見えます。祖母リッチアフェアーはホワイトウォーターアフェアの全妹で、母プチノワールはその父シングスピールですから、母の血統構成はアサクサデンエンとまったく同じとなりますね。

*

第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ローブティサージュ 牝2 54 秋山真一郎 1:34.2    35.9 442
[-4]
須貝尚介 5
2 7 クロフネサプライズ 牝2 54 柴山雄一 1:34.2 クビ 36.3 472
[+18]
田所秀孝 15
3 10 レッドセシリア 牝2 54 三浦皇成 1:34.3 クビ 35.6 416
[-10]
鹿戸雄一 10
4 6 コレクターアイテム 牝2 54 浜中俊 1:34.4 3/4 35.9 474
[+2]
須貝尚介 1
5 14 カラフルブラッサム 牝2 54 和田竜二 1:34.5 3/4 35.5 460
[+2]
鈴木孝志 7

「2頭出しは人気薄を狙え」。ともあれ、前走ファンタジーS2着から挑んで来たローブティサージュは実績面でも見劣りすることのない人気馬の一角でした。1枠1番から発進、「内の馬場が良い」という現在の阪神芝コース、秋山真一郎騎手が9番手あたりで無理なく無駄なくエスコートして、直線。前半1000mを57秒8という速い流れを終始2番手で進めた15番人気の伏兵クロフネサプライズ(2010.2.25)が粘りに粘って、その名の通りに波乱を演出する中、外に持ち出して強襲したローブティサージュ。最後は内ラチ沿いを追い込んで来た10番人気のレッドセシリア(2010.2.3)を交えて、「クビ」「クビ」の勝負。決勝点、勝ち鬨を挙げたのは、青毛の馬体に流星も鮮やかに、ローブティサージュでした。

ローブティサージュの父はウォーエンブレム。この異能の鬼才が、種牡馬として最も種付けを行ったのは、現在のところ2009年の69頭で、翌2010年に生まれたのが44頭。その44頭の内の1頭がローブティサージュです。ウォーエンブレムの2010年産までの生涯産駒数は104頭。多頭数交配全盛の現在では1年で送り込まれる数ですが、ウォーエンブレムは6世代、2006年は1頭の種付けで翌年の産駒数0でしたから、実質5世代で104頭です。ウォーエンブレム、産駒の数は少なくとも、その存在感を見せ付けています。

「ローブティサージュ(Robe Tissage)」とは、フランス語で「ドレスを紡ぐ」という意味だそうです。彼女が紡ぐのは、300年以上に亘る血統の物語でもあります。ローブティサージュ、来年以降もその活躍を楽しみにしたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

第13回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。

ニホンピロアワーズ 牡 青鹿毛 2007.5.3生 新ひだか・片岡牧場生産 馬主・小林百太郎氏 栗東・大橋勇樹厩舎

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の4代血統表

ホワイトマズル
鹿毛 1990.3.21
種付け時活性値:0.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
Fair of the Furze
鹿毛 1982.6.15
Ela-Mana-Mou
黒鹿毛 1976.2.28
ピットカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Autocratic
鹿毛 1974.4.22
Tyrant 1966.3.23
Flight Table 1965.2.13
ニホンピロルピナス
青毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.00
アドマイヤベガ
鹿毛 1996.3.12
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン 1983.4.7
アンティックヴァリュー 1979.2.25
ニホンピロタイラ
青鹿毛 1996.5.15
仔受胎時活性値:1.25
Theatrical
鹿毛 1982.3.13
種付け時活性値:1.25
Nureyev 1977.5.2
ツリーオブノレッジ 1977.3.2
ミルカレント
栗毛 1992.4.16
仔受胎時活性値:0.75
Little Current
栗毛 1971.4.5
種付け時活性値:1.00
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5・5>

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ホワイトマズル
(Lyphard系)
アドマイヤベガ
(Halo系)
Theatrical
(Nureyev系)
Little Current
(Sea-Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アドマイヤベガ
(Priddy Fair)
.5.00 フジキセキと同牝系
(No.22-d)
初仔

*

では、以下にニホンピロアワーズのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ミルカレント 1992.4.16 不出走
|ニホンピロタイラ 1996.5.15 中央2勝
||ニホンピロルピナス 2002.4.5 中央0勝
|||ニホンピロアワーズ 2007.5.3 (本馬) ジャパンカップダート(GI) 名古屋グランプリ(JpnII) 名古屋大賞典(JpnIII) 白山大賞典(JpnIII)ほか
|ニホンピロニール 1997.5.24 中央6勝 種牡馬
|ニホンピロファイブ 2003.4.15 中央5勝 障害OP1勝

大叔父のニホンピロニールは500万下から準オープンまで5連勝を飾った素質馬で、いかにも伊藤雄二厩舎という使われ方の馬でした。

ニホンピロアワーズの世代交代で特筆すべきは、祖母ニホンピロタイラ、母ニホンピロルピナス、そしてニホンピロアワーズと、3代続けて「母の初仔」であることでしょうか。ニホンピロアワーズと同様に、「3代続けて母が前年産駒無し後の仔」でGI勝ち馬となった近年の活躍馬というと、ローレルゲレイロ(2004.5.3)を思い出します。気が付けば、ニホンピロアワーズとローレルゲレイロは共に5月3日生まれ、共にダンシングブレーヴの直孫、そして共に父から0交配を受けたGI馬です。

*

第13回ジャパンカップダート(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ニホンピロアワーズ 牡5 57 酒井学 1:48.8 レース
レコード
36.0 536
[0]
大橋勇樹 6
2 12 ワンダーアキュート 牡6 57 和田竜二 1:49.4 3 1/2 36.4 522
[+21]
佐藤正雄 3
3 9 ホッコータルマエ 牡3 56 幸英明 1:49.5 1/2 36.8 488
[-2]
西浦勝一 9
4 10 ローマンレジェンド 牡4 57 M.デムーロ 1:49.8 2 36.6 510
[+4]
藤原英昭 1
5 13 グレープブランデー 牡4 57 C.ルメール 1:49.9 1/2 36.8 526
[-2]
安田隆行 11

直線半ば、1頭だけ他馬とまったく違う手応え。青鹿毛の巨漢馬、ニホンピロアワーズ。橙の帽子に「白、緑玉霰、黄袖緑縦縞」の勝負服を乗せ、余裕しゃくしゃくで抜け出した姿は、6番人気馬のそれではありませんでした。先行4番手から上がり3ハロンをメンバー最速の36秒0で駆け、終わってみれば2着のワンダーアキュート(2006.3.14)に3と2分の1馬身差の圧勝。レースレコードのオマケまで付きました。ただただ、強かった。

ニホンピロアワーズ、生産者、調教師、そして騎手に、初めてのGI勝利をプレゼントしました。そしてまた、「ニホンピロ」の冠名でお馴染みの小林百太郎オーナーにとっても、JRAGIはニホンピロウイナー(1980.4.27)による1985年のマイルCS(GI)以来、統一GIを含めるとニホンピロジュピタ(1995.5.3)による1999年のマイルCS南部杯(JpnI)以来となるジーワン勝利でした。併せて気が付けば、志半ばに逝ったジュピタも、アワーズと同じ5月3日生まれ。私達の宝物が、皆に、幸せを届けたのでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

第13回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。

第13回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ハタノヴァンクール
(2009.5.16)
[1-w]
7番仔
(7連産目)
キングカメハメハ ブライアンズタイム サンデーサイレンス ノーザンテースト
2 シビルウォー
(2005.1.31)
[2-n]
2番仔+
(2連産目+)
ウォーエンブレム Sadler's Wells Riverman Graustark
3 ミラクルレジェンド
(2007.2.17)
[20]
初仔 フジキセキ Awesome Again Storm Bird Coastal
4 エスポワールシチー
(2005.4.22)
[4-m]
初仔 ゴールドアリュール ブライアンズタイム ブレイヴェストローマン トラフイック
5 トゥザグローリー
(2007.2.16)
[9-f]
4番仔
(2連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス ◆Nureyev ★Sharpen Up
6 ナムラタイタン
(2006.5.20)
[1-e]
6番仔
(不受胎後)
サウスヴィグラス アフリート Majestic Light Danzig
7 トランセンド
(2006.3.9)
[A4]
6番仔
(空胎後)
ワイルドラッシュ トニービン スリルショー Hawaii
8 イジゲン
(2009.4.28)
[22-d]
5番仔
(5連産目)
★エンパイアメーカー Dixieland Band ★Capote リファーズウィッシュ
9 ホッコータルマエ
(2009.5.26)
[9-e]
2番仔
(2連産目)
キングカメハメハ Cherokee Run Unbridled Bold Forbes
10 ローマンレジェンド
(2008.2.24)
[20]
2番仔
(2連産目)
スペシャルウィーク Awesome Again Storm Bird Coastal
11 ダノンカモン
(2006.2.8)
[3-d]
6番仔
(流産後)
シンボリクリスエス オジジアン Reflected Glory Dusty Canyon
12 ワンダーアキュート
(2006.3.14)
[1-a]
5番仔
(不受胎後)
カリズマティック Pleasant Tap Petrone Grand Central
13 グレープブランデー
(2008.4.11)
[3-n]
7番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ ジャッジアンジェルーチ Pleasant Colony Full Pocket
14 ニホンピロアワーズ
(2007.5.3)
[22-d]
初仔 ★ホワイトマズル アドマイヤベガ Theatrical Little Current
15 ソリタリーキング
(2007.4.11)
[4-d]
6番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス ノーザンテースト Crimson Satan
16 ナイスミーチュー
(2007.4.16)
[20]
4番仔+
(4連産目+)
キングカメハメハ ★Fire Maker Alydar Hoist the Flag

古豪か新興勢力か。第13回ジャパンカップダート。

  1. エスポワールシチー
  2. ローマンレジェンド
  3. ワンダーアキュート
  4. イジゲン
  5. ニホンピロアワーズ
  6. ホッコータルマエ

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第32回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。

ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma's Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50
リファーズスペシャル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00
ジュニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

&lt;5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4・5、Lyphard4×4&gt;

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Bertolini
(Danzig系)
リファーズスペシャル
(Lyphard系)
ジュニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リファーズスペシャル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No.16-f)
2番仔
(2連産目)

*

以下にごくごく簡単なジェンティルドンナの近親牝系図を示しておきます。

June Darling 1983.4.18 不出走
|Cal Norma's Lady 1988.5.7 英3勝
||Magical 1995.5.11 米英5勝 ウィルロジャースH(米GIII)
||ドナブリーニ 2003.3.27 英4勝 チェヴァリーパークS(GI) チェリーヒントンS(GIII) ヨークサマーS(GIII)2着
|||ドナウブルー 2008.2.9 現役 関屋記念(GIII) 京都牝馬S(GIII) ヴィクトリアマイル(GI)2着 マイルCS(GI)3着 府中牝馬S(GII)3着
|||ジェンティルドンナ 2009.2.20 (本馬) ジャパンカップ(GI) オークス(GI) 桜花賞(GI) 秋華賞(GI) ローズS(GII) シンザン記念(GIII)

*

第32回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 15 ジェンティルドンナ 牝3 53 岩田康誠 2:23.1    32.8 460
[-14]
石坂正 3
2 17 オルフェーヴル 牡4 57 池添謙一 2:23.1 ハナ 32.9 458
[不明]
池江泰寿 1
3 13 ルーラーシップ 牡5 57 C.ウィリアムズ 2:23.5 2 1/2 32.7 506
[-8]
角居勝彦 2
4 10 ダークシャドウ 牡5 57 M.デムーロ 2:23.5 アタマ 32.8 512
[-4]
堀宣行 6
5 4 フェノーメノ 牡3 55 蛯名正義 2:23.9 2 1/2 33.5 492
[-4]
戸田博文 4

人どうしのぶつかり合い、馬どうしのぶつかり合い。最後は、貴婦人の見せた闘志が決勝点でハナだけ先んじさせました。牝馬3冠を遂げ、そして史上初の3歳牝馬によるジャパンカップ制覇も成しました。この才媛の行く末に幸多からんことを。ただただ、そう祈るだけです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »