« 第13回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »

2012年12月 3日 (月)

第13回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。

ニホンピロアワーズ 牡 青鹿毛 2007.5.3生 新ひだか・片岡牧場生産 馬主・小林百太郎氏 栗東・大橋勇樹厩舎

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の4代血統表

ホワイトマズル
鹿毛 1990.3.21
種付け時活性値:0.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
Fair of the Furze
鹿毛 1982.6.15
Ela-Mana-Mou
黒鹿毛 1976.2.28
ピットカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Autocratic
鹿毛 1974.4.22
Tyrant 1966.3.23
Flight Table 1965.2.13
ニホンピロルピナス
青毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.00
アドマイヤベガ
鹿毛 1996.3.12
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン 1983.4.7
アンティックヴァリュー 1979.2.25
ニホンピロタイラ
青鹿毛 1996.5.15
仔受胎時活性値:1.25
Theatrical
鹿毛 1982.3.13
種付け時活性値:1.25
Nureyev 1977.5.2
ツリーオブノレッジ 1977.3.2
ミルカレント
栗毛 1992.4.16
仔受胎時活性値:0.75
Little Current
栗毛 1971.4.5
種付け時活性値:1.00
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5・5>

ニホンピロアワーズ(2007.5.3)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ホワイトマズル
(Lyphard系)
アドマイヤベガ
(Halo系)
Theatrical
(Nureyev系)
Little Current
(Sea-Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アドマイヤベガ
(Priddy Fair)
.5.00 フジキセキと同牝系
(No.22-d)
初仔

*

では、以下にニホンピロアワーズのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ミルカレント 1992.4.16 不出走
|ニホンピロタイラ 1996.5.15 中央2勝
||ニホンピロルピナス 2002.4.5 中央0勝
|||ニホンピロアワーズ 2007.5.3 (本馬) ジャパンカップダート(GI) 名古屋グランプリ(JpnII) 名古屋大賞典(JpnIII) 白山大賞典(JpnIII)ほか
|ニホンピロニール 1997.5.24 中央6勝 種牡馬
|ニホンピロファイブ 2003.4.15 中央5勝 障害OP1勝

大叔父のニホンピロニールは500万下から準オープンまで5連勝を飾った素質馬で、いかにも伊藤雄二厩舎という使われ方の馬でした。

ニホンピロアワーズの世代交代で特筆すべきは、祖母ニホンピロタイラ、母ニホンピロルピナス、そしてニホンピロアワーズと、3代続けて「母の初仔」であることでしょうか。ニホンピロアワーズと同様に、「3代続けて母が前年産駒無し後の仔」でGI勝ち馬となった近年の活躍馬というと、ローレルゲレイロ(2004.5.3)を思い出します。気が付けば、ニホンピロアワーズとローレルゲレイロは共に5月3日生まれ、共にダンシングブレーヴの直孫、そして共に父から0交配を受けたGI馬です。

*

第13回ジャパンカップダート(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ニホンピロアワーズ 牡5 57 酒井学 1:48.8 レース
レコード
36.0 536
[0]
大橋勇樹 6
2 12 ワンダーアキュート 牡6 57 和田竜二 1:49.4 3 1/2 36.4 522
[+21]
佐藤正雄 3
3 9 ホッコータルマエ 牡3 56 幸英明 1:49.5 1/2 36.8 488
[-2]
西浦勝一 9
4 10 ローマンレジェンド 牡4 57 M.デムーロ 1:49.8 2 36.6 510
[+4]
藤原英昭 1
5 13 グレープブランデー 牡4 57 C.ルメール 1:49.9 1/2 36.8 526
[-2]
安田隆行 11

直線半ば、1頭だけ他馬とまったく違う手応え。青鹿毛の巨漢馬、ニホンピロアワーズ。橙の帽子に「白、緑玉霰、黄袖緑縦縞」の勝負服を乗せ、余裕しゃくしゃくで抜け出した姿は、6番人気馬のそれではありませんでした。先行4番手から上がり3ハロンをメンバー最速の36秒0で駆け、終わってみれば2着のワンダーアキュート(2006.3.14)に3と2分の1馬身差の圧勝。レースレコードのオマケまで付きました。ただただ、強かった。

ニホンピロアワーズ、生産者、調教師、そして騎手に、初めてのGI勝利をプレゼントしました。そしてまた、「ニホンピロ」の冠名でお馴染みの小林百太郎オーナーにとっても、JRAGIはニホンピロウイナー(1980.4.27)による1985年のマイルCS(GI)以来、統一GIを含めるとニホンピロジュピタ(1995.5.3)による1999年のマイルCS南部杯(JpnI)以来となるジーワン勝利でした。併せて気が付けば、志半ばに逝ったジュピタも、アワーズと同じ5月3日生まれ。私達の宝物が、皆に、幸せを届けたのでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第13回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/56246842

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。:

« 第13回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。 »