« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

第146回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。

エイシンフラッシュ 牡 黒鹿毛 2007.3.27生 千歳・社台ファーム生産 馬主・平井豊光氏 栗東・藤原英昭厩舎

エイシンフラッシュ(2007.3.27)の4代血統表
King's Best
鹿毛 1997.1.24
種付け時活性値:0.25
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard
栗毛 1967
Agio 1955
Promised Lady 1961
Anatevka
栗毛 1969
▲Espresso 1958
Almyra 1962
ムーンレディ
黒鹿毛 1997.3.28
仔受胎時活性値:0.25
プラティニ
栗毛 1989.2.19
種付け時活性値:1.75
Surumu
栗毛 1974.2.26
★Literat 1965
Surama 1970.3.6
Prairie Darling
栗毛 1984.3.16
Stanford 1976.3.20
Prairie Belle 1976.2.12
Midnight Fever
鹿毛 1991.3.8
仔受胎時活性値:1.25
Sure Blade
鹿毛 1983.4.12
種付け時活性値:
Kris 1976.3.23
Double Lock 1975.5.14
Majoritat
黒鹿毛 1984.1.27
仔受胎時活性値:1.50
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976
種付け時活性値:1.75
Monacchia
黒鹿毛 1974.4.6
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Birkhahn5×5>

エイシンフラッシュ(2007.3.27)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
King's Best
(Mr.Prospector系)
プラティニ
(Dark Ronald系)
Sure Blade
(エタン系)
Konigsstuhl
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
プラティニ
(Busted)
3.25 母が独セントレジャー馬
(No.8-a)
3番仔
(3連産目)

*

では、以下にエイシンフラッシュのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Majoritat 1984.1.27 独6勝 独オークス(当時GII、現GI) 独1000ギニー(GII)ほかGIII1勝 独3歳牝馬王者
|Maji 1989.3.25 英1勝
||Minaccia 1995.2.12 独4勝
|||Macleya 2002.3.11 仏独香7勝 ポモーヌ賞(仏GII) アレフランス賞(仏GIII) ロワイヤルオーク賞(仏GI)2着ほか
|Majority 1990.3.26 英UAE愛8勝 サンダウンクラシックトライアル(英GIII)3着
|Midnight Fever 1991.3.8 不出走
||ムーンレディ 1997.3.28 独米仏6勝 独セントレジャー(GII) ロングアイランドH(米GII)ドイッチャーヘロルト賞(独GIII)
|||エイシンフラッシュ 2007.3.27 (本馬) 日本ダービー(GI) 天皇賞・秋(GI) 京成杯(GIII)ほか
||Midnight Angel 1999.3.28 独米仏伊2勝 独オークス2着 伊オークス(当時GI、現GII)3着 ミネルヴ賞(仏GIII)3着
|Masterplayer 1992 独2勝 独ダービー(GI)3着
|Majorata 1994.3.24 独0勝
||ミスティックリップス 2004.3.5 独仏伊1勝 独オークス 独1000ギニー2着
|Malinas 2001.4.7 独伊2勝 ウニオンレネン(独GII) 独ダービー2着 ラインラントポカル(独GI)3着2回ほか

近親を見ればバリバリのドイツクラシック血統。活力十二分です。

*

第146回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 エイシンフラッシュ 牡5 58 M.デムーロ 1:57.3    33.1 486
[-8]
藤原英昭 5
2 4 フェノーメノ 牡3 56 蛯名正義 1:57.4 1/2 33.8 496
[-2]
戸田博文 1
3 6 ルーラーシップ 牡5 58 I.メンディザバル 1:57.6 1 1/4 33.1 514
[+18]
角居勝彦 2
4 13 ダークシャドウ 牡5 58 福永祐一 1:57.7 3/4 33.6 516
[+8]
堀宣行 4
5 16 カレンブラックヒル 牡3 56 秋山真一郎 1:57.7 アタマ 34.5 466
[-2]
平田修 3

7年ぶりの天覧競馬となった第146回天皇賞・秋。青い目のサムライが、黒鹿毛を導いて、内ラチ沿いをキレイに伸びました。薄曇りの府中、閃光が2年5ヶ月ぶりにまばゆく煌めいて、エイシンフラッシュ。

ゴールした後。本当は故障以外の理由で、馬場では下馬してはならないはずなのに、彼の素直な思いが、そうさせたのでしょう。片膝をついて両陛下に敬意を払うミルコ・デムーロの姿を咎める者はなく、ダービー馬の復活の大団円となったのでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

第146回天皇賞・秋(GI)の出走予定馬について。

第146回天皇賞・秋(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ナカヤマナイト
(2008.3.24)
[6-A]
8番仔
(8連産目)
ステイゴールド カコイーシーズ マルゼンスキー スティンティノ
2 シルポート
(2005.3.24)
[3-N]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス ★Woodman Danzig
3 ネヴァブション
(2003.2.19)
[14-f]
9番仔
(不受胎後)
マーベラスサンデー ★Mill Reef Vaguely Noble ガンボウ
4 フェノーメノ
(2009.4.20)
[11-d]
5番仔+
(5連産目+)
ステイゴールド デインヒル Averof Major Portion
5 サダムパテック
(2008.3.30)
[9-H]
3番仔
(3連産目)
フジキセキ エリシオ Mr. Prospector Hoist the Flag
6 ルーラーシップ
(2007.5.15)
[8-f パロクサイド系]
8番仔
(8連産目)
キングカメハメハ トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
7 アーネストリー
(2005.5.17)
[3-n]
4番仔
(3連産目)
グラスワンダー トニービン ノーザンテースト ★エルセンタウロ
8 ジャガーメイル
(2004.5.8)
[1-w]
7番仔
(4連産目)
ジャングルポケット サンデーサイレンス ノーザンテースト ★First Landing
9 ダイワファルコン
(2007.3.25)
[4-d]
3番仔
(2連産目)
★ジャングルポケット サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan
10 フェデラリスト
(2007.6.6)
[7]
6番仔
(3連産目)
エンパイアメーカー サンデーサイレンス Nijinsky Key to the Mint
11 ジャスタウェイ
(2009.3.8)
[2-n]
5番仔
(5連産目)
ハーツクライ Wild Again Mo Exception Sir Wiggle
12 エイシンフラッシュ
(2007.3.27)
[8-a]
3番仔
(3連産目)
King's Best プラティニ Sure Blade Konigsstuhl
13 ダークシャドウ
(2007.2.17)
[A4]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Private Account Danzig Sir Ivor
14 トランスワープ
(2005.3.7)
[8-f]
8番仔
(6連産目)
ファルブラヴ リアルシャダイ ノーザンテースト ★エルセンタウロ
15 トーセンジョーダン
(2006.2.4)
[9-a]
5番仔
(5連産目)
ジャングルポケット ノーザンテースト Crafty Prospector ★Secretariat
16 カレンブラックヒル
(2009.2.19)
[25]
5番仔+
(3番仔)
ダイワメジャー Grindstone Storm Cat Great Nephew
17 マイネルスターリー
(2005.3.29)
[11-c クレイグダーロッチ系]
5番仔
(5連産目)
★スターオブコジーン サンデーサイレンス マルゼンスキー アローエクスプレス
18 トゥザグローリー
(2007.2.16)
[9-f]
4番仔
(2連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス ◆Nureyev ★Sharpen Up

天皇皇后両陛下がご覧になる中で行われます、第146回天皇賞・秋。

  1. ルーラーシップ
  2. カレンブラックヒル
  3. フェノーメノ
  4. ナカヤマナイト
  5. トーセンジョーダン
  6. エイシンフラッシュ

プリンシパルS(OP)を制した時から、「府中芝2000mのGIに挑む時はこの馬から」と決めていましたので。母が制してから15年、先日逝った姉への手向け、ルーラーシップ。あとは、勝ちっぱなしの3歳馬カレンブラックヒル、府中適性を見込まれた3歳最強格の1頭フェノーメノ、中山でないといけない訳ではないナカヤマナイトという、前走GII勝ちの3頭。そして、昨年の勝ち馬トーセンジョーダン、最後は迷った末にエイシンフラッシュ。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

第73回菊花賞(GI)の勝ち馬。

ゴールドシップ 牡 芦毛 2009.3.6生 門別・出口牧場生産 馬主・小林英一氏 栗東・須貝尚介厩舎

ゴールドシップ(2009.3.6)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
ポイントフラッグ
芦毛 1998.3.23
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.50
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
パストラリズム
黒鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:0.50
プルラリズム
鹿毛 1980.4.9
種付け時活性値:1.50
The Minstrel 1974.3.11
Cambretta 1975.5.8
トクノエイティー
黒鹿毛 1978.3.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
トライバルチーフ
鹿毛 1967.2.27
種付け時活性値:0.50
アイアンルビー
青毛 1972.2.11
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Princely Gift5×5、Northern Dancer5×5>

ゴールドシップ(2009.3.6)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Milesian系)
プルラリズム
(Northern Dancer系)
トライバルチーフ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ステイゴールド 4.25 or 2.25 母がGIII2着馬
(No.16-h 星旗系)
5番仔
(流産後)

*

では、以下にゴールドシップのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

トクノエイティー 1978.3.2 中央2勝
|パストラリズム 1987.5.15 中央2勝
||ポイントフラッグ 1998.3.23 中央1勝 チューリップ賞(GIII)2着 エルフィンS(OP)2着 紅梅S(OP)2着
|||ゴールドシップ 2009.3.6 (本馬) 菊花賞(GI) 皐月賞(GI) 神戸新聞杯(GII) 共同通信杯(GIII)

ゴールドシップの牝系は、16号族星旗(1924)系。星旗は星友(1923)、星若(1924)等と共に1931年に米国から輸入された、いわゆる「御料の基礎繁殖牝馬」です。星旗が輸入された際に受胎していた仔が、繁殖名「月城」ことクレオパトラトマス(1932.3.22)。同牝馬は通算28戦16勝。現在の天皇賞に相当する帝室御賞典を勝利しています。この帝室御賞典がデビュー15日後のいきなりの勝利だったというから驚きです。その月城の仔に桜花賞馬ハマカゼ(1945.2.19)。同牝馬は繁殖名「梅城」と言い、ゴールドシップの6代母となります。そして月城の孫に、名馬ハクチカラ(1953.4.20)。同馬は第23回日本ダービー(現GI)、天皇賞・秋(現GI)、有馬記念(現GI)など中央重賞9勝を挙げました。そして、満5歳になって米国遠征を決行し、満6歳時の1959年2月23日、ワシントン・バースデイHという重賞競走に勝利するという快挙を遂げました。「父トビサクラ、母昇城」という父母日本産馬による米国重賞制覇でした。また、月城の半弟がクモハタ(1936.3.4)。同馬は第8回日本ダービーを勝ち、1952年から1957年まで6年連続首位種牡馬となり、クモハタ記念(旧重賞)に名を残した名馬でした。

*

第73回菊花賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ゴールドシップ 牡3 57 内田博幸 3:02.9    35.9 500
[+2]
須貝尚介 1
2 16 スカイディグニティ 牡3 57 I.メンディザバル 3:03.2 1 3/4 36.1 486
[+2]
友道康夫 5
3 15 ユウキソルジャー 牡3 57 秋山真一郎 3:03.5 2 36.0 436
[0]
服部利之 7
4 3 ベールドインパクト 牡3 57 四位洋文 3:03.5 アタマ 36.2 488
[-4]
大久保龍志 10
5 4 ラニカイツヨシ 牡3 57 佐藤哲三 3:03.6 1/2 36.4 478
[-10]
山内研二 11

皐月賞馬が堂々と2冠達成。スタートは良かったものの、二の足のダッシュがつかずに道中は最後方。そして、淡々とした流れを断ち切るかのように、向こう正面、3角から4角にかけて進出。直線の入り口では先頭に立って、後は追撃を許さずに押し切りました。いつもはゴール前で叫ぶオオハシさんが、思わず、黙ってしまいました。

終わってみれば、菊花賞史上3位の勝ち時計3分2秒9。向こう正面から他馬を潰しにかかって、18頭中唯一の上り3ハロン35秒台でまとめているのですから、なんという息の長い末脚。これは強い。

クラシック牡馬2冠を遂げたゴールドシップ。馬産地日高の夢も乗せて、黄金の船の航海はまだまだ続きます。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

第73回菊花賞(GI)の出走予定馬について。

第73回菊花賞(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ゴールドシップ
(2009.3.6)
[16-h 星旗系]
5番仔
(流産後)
ステイゴールド メジロマックイーン プルラリズム トライバルチーフ
2 フェデラルホール
(2009.3.7)
[19 レデイチヤツター系]
5番仔
(不受胎後)
ステイゴールド ドクターデヴィアス ◆ノーザンテースト ガーサント
3 ベールドインパクト
(2009.5.14)
[4-r]
7番仔
(3連産目)
ディープインパクト ドクターデヴィアス ★Mr.Prospector Bold Reason
4 ラニカイツヨシ
(2009.3.17)
[1-o キーンドラー系]
6番仔
(不受胎後)
タヤスツヨシ ヘクタープロテクター ヤマニンスキー シルバーシャーク
5 アーデント
(2009.1.20)
[1-p]
7番仔+
(7連産目+)
ディープインパクト Kaldoun Simply Great Luthier
6 ロードアクレイム
(2009.5.11)
[1-l]
3番仔
(3連産目)
ディープインパクト トニービン Blushing Groom Dr.Fager
7 エタンダール
(2009.2.24)
[9-f]
2番仔
(2連産目)
ディープインパクト Montjeu ハイエステイト Thatching
8 ニューダイナスティ
(2009.2.16)
[20-c]
3番仔+
(3連産目+)
ディープインパクト Dynaformer Danzig Sir Gaylord
9 フジマサエンペラー
(2009.3.14)
[4-m]
4番仔
(4連産目)
シンボリクリスエス サンデーサイレンス Kris ◆Seattle Slew
10 マウントシャスタ
(2009.3.1)
[4-n]
3番仔
(3連産目)
ディープインパクト フレンチデピュティ Caerleon Desert Wine
11 ビービージャパン
(2009.3.11)
[3-l フロリースカップ系]
4番仔
(2連産目)
アドマイヤジャパン ★トニービン プリンスオブバーズ サンプリンス
12 コスモオオゾラ
(2009.2.17)
[11-e]
2番仔
(2連産目)
ロージズインメイ コマンダーインチーフ Machiavellian Lomond
13 ダノンジェラート
(2009.2.22)
[21-a]
2番仔+
(不受胎後)
ディープインパクト ★Pivotal Common Grounds Shareef Dancer
14 ミルドリーム
(2009.5.25)
[22-d]
2番仔
(2連産目)
シンボリクリスエス サンデーサイレンス Le Fabuleux In Reality
15 ユウキソルジャー
(2009.4.8)
[16-b]
2番仔
(2連産目)
トーセンダンス ★オースミタイクーン Theatrical Tom Rolfe
16 スカイディグニティ
(2009.3.10)
[2-c]
8番仔
(4連産目)
ブライアンズタイム ノーザンテースト Alleged Bold Bidder
17 タガノビッグバン
(2009.5.2)
[9-f ファンシミン系]
8番仔
(2連産目)
フジキセキ リアルシャダイ ノーザンテースト シーホーク
18 トリップ
(2009.4.18)
[9-f]
4番仔
(4連産目)
クロフネ サンデーサイレンス Nureyev ★Sharpen Up

京阪電鉄でひらパーの大菊人形も一緒に見に行きたい、秋の淀、第73回菊花賞。

  1. ゴールドシップ
  2. フェデラルホール
  3. ベールドインパクト
  4. ラニカイツヨシ
  5. スカイディグニティ
  6. タガノビッグバン

1枠、2枠、8枠に入った馬たちを内から順に並べただけです(笑)。それでも、それっぽいシルシ。SS系種牡馬×Tourbillon(1928)系牝馬の仔が内から3頭並び、タヤスツヨシ(1992.4.26)の0交配馬、唯一のHalo(1969.2.7)フリー馬、フジキセキ(1992.4.15)の0交配にして母父リアルシャダイ(1979.5.27)馬。

特に1枠の2頭は、父ステイゴールド(1994.3.24)、母父Tourbillon系、母が前年産駒無し後の仔、前走芝2400m以上の距離勝ちと好走しそうな要素が揃っています。かたや今年の3歳牡馬の筆頭、ゴールドシップ。下総御料牧場の16号族星旗(1924)系から現れた大物。前走の神戸新聞杯(GII)を見る限りにおいて、2冠は当確ではないでしょうか。こなた別路線からの挑戦者、フェデラルホール。先週の秋華賞(GI)で3着に入ったアロマティコ(2009.5.17)と「いとこ」ということで、レデイチヤツター(1959)系の血の勢いもあり、京都の馬場に合う血とも思います。伯父インティライミ(2002.4.6)が京都大賞典(GII)、京都新聞杯(GII)と淀の芝外回りのGIIを2勝していますので、ね。

そんな訳で、大方のファンの予想と同じく、ステイゴールドの仔2頭の決着かなぁ、と(^^;)

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月16日 (火)

アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)。

アドマイヤグルーヴ急死(netkeiba.com)

アドマイヤグルーヴ 牝 鹿毛 2000.4.30生~2012.10.15没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・橋田満厩舎

アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
仔受胎時活性値:1.50
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
カンパラ
鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:1.75
パロクサイド
栗毛 1959
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
トニービン
(ゼダーン系)
★ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
ガーサント
(Hermit系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ガーサント
(ダイナカール)
5.25 母GI2勝馬&祖母オークス馬
(No.8-f パロクサイド系)
初仔

*

では、以下にアドマイヤグルーヴのごく簡単でも豪華な近親牝系図を示しておきます。

ダイナカール 1980.5.10 中央5勝 オークス(現GI) ターコイズS(OP) 3歳牝馬S(OP)ほか
|カーリーエンジェル 1990.6.1 中央0勝
||エガオヲミセテ 1995.5.27 中央4勝 マイラーズC(GII) 阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)ほか
||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||ウォータクティクス 2005.2.6 中央6勝 アンタレスS(GIII) アルデバランS(OP)
|||キタサンアミーゴ 2006.3.10 中央5勝 小倉記念(GIII)2着 ダイヤモンドS(GIII)3着
||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII) キャピタルS(OP)ほか
||エノク 2004.4.16 中央7勝 太秦S(OP)2回 カペラS(GIII)3着
||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)3着
|セシルカット 1992.4.4 中央5勝
||オーバルカット 2000.2.8 不出走
|||ホワイトピルグリム 2005.5.4 現役 金鯱賞(GII)3着
||セシルブルース 2003.3.4 中央0勝
|||アイムユアーズ 2009.1.15 現役 フィリーズレビュー(GII) クイーンS(GIII) ファンタジーS(GIII)ほか
|エアグルーヴ 1993.4.6 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス 札幌記念(GII)2回 大阪杯(GII) マーメイドS(GIII) チューリップ賞(GIII)ほか
||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 (本馬) 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回 阪神牝馬S ローズS(GII) マーメイドSほか
|||アドマイヤセプター 2008.3.14 現役 札幌2歳S(GIII)3着 フェアリーS(GIII)3着
||ポルトフィーノ 2005.3.14 中央3勝 エルフィンS(OP)
||フォゲッタブル 2006.4.3 現役 ステイヤーズS(GII) ダイヤモンドS 菊花賞(GI)2着ほか
||ルーラーシップ 2007.5.15 現役 クイーンエリザベスII世C(香GI) 日経新春杯(GII) AJCC(GII) 金鯱賞 鳴尾記念(GIII)ほか
||グルヴェイグ 2008.5.11 中央5勝 マーメイドS
|カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+UAE0勝 ヒヤシンスS(OP) UAEダービー(GII)3着
|モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 若駒S(OP) ポートアイランドS(OP)

実に4頭の重賞勝ち馬の母となった名牝エアグルーヴ、その初仔がアドマイヤグルーヴでした。

*

第48回阪神牝馬S(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 アドマイヤグルーヴ 牝5 57 武豊 1:34.5    35.0 478
[+8]
橋田満 2
2 3 マイネサマンサ 牝5 55 安藤勝己 1:34.6 1/2 35.0 486
[+2]
中村均 4
3 10 レクレドール 牝4 55 O.ペリエ 1:34.6 クビ 34.8 456
[+4]
池江泰郎 3
4 2 ラインクラフト 牝3 56 福永祐一 1:35.1 3 36.3 466
[+2]
瀬戸口勉 1
5 9 スナークスズラン 牝6 55 安藤光彰 1:35.2 1/2 35.7 514
[+10]
佐藤吉勝 9

ラストランが鮮やかでした。4コーナー手前から脚色よく進出し、直線で2歳年下のGI馬を外から交わすと、決勝点まで頑張りきりました。最後までヒロインでした。

名家のお嬢さんは大変だったろうに、お母さん、お祖母さんに負けずに、よく頑張ったものです。思えば、やっぱり、いちばん好きなSS牝馬でした。どうぞ安らかに。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

第17回秋華賞(GI)の勝ち馬。

ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma's Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50
リファーズスペシャル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00
ジュニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4・5、Lyphard4×4>

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Bertolini
(Danzig系)
リファーズスペシャル
(Lyphard系)
ジュニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リファーズスペシャル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No.16-f)
2番仔
(2連産目)

*

以下にごくごく簡単なジェンティルドンナの近親牝系図を示しておきます。

June Darling 1983.4.18 不出走
|Cal Norma's Lady 1988.5.7 英3勝
||Magical 1995.5.11 米英5勝 ウィルロジャースH(米GIII)
||ドナブリーニ 2003.3.27 英4勝 チェヴァリーパークS(GI) チェリーヒントンS(GIII) ヨークサマーS(GIII)2着
|||ドナウブルー 2008.2.9 現役 関屋記念(GIII) 京都牝馬S(GIII) ヴィクトリアマイル(GI)2着 府中牝馬S(GII)3着
|||ジェンティルドンナ 2009.2.20 (本馬) オークス(GI) 桜花賞(GI) 秋華賞(GI) ローズS(GII) シンザン記念(GIII)

*

第17回秋華賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ジェンティルドンナ 牝3 55 岩田康誠 2:00.4    33.1 474
[+2]
石坂正 1
2 1 ヴィルシーナ 牝3 55 内田博幸 2:00.4 ハナ 33.9 450
[0]
友道康夫 2
3 2 アロマティコ 牝3 55 佐藤哲三 2:00.6 1 1/2 33.1 458
[0]
佐々木晶三 6
4 3 ブリッジクライム 牝3 55 大野拓弥 2:00.7 1/2 33.0 446
[0]
鈴木康弘 11
5 6 チェリーメドゥーサ 牝3 55 小牧太 2:00.7 ハナ 35.5 436
[0]
小西一男 15

史上4頭目の牝馬3冠、成る。史上初めての父娘3冠馬、成る。最後の最後、決勝点では、わずかにハナ差先んじて、ジェンティルドンナ。その天賦の才で以てして、力付くで、牝馬3冠をもぎ取りました。そして、平成のカツラシュウホウ(1955.3.19)と言うべきなのか、ヴィルシーナ(2009.3.5)は牝馬3冠すべてで銀メダル。ディープインパクトの娘どうしの争いは、残酷な明暗の色合いをにじませながら、ひとまずの決着を見せました。あとは、やっぱりチェリーメドゥーサ(2009.2.27)のマクリ。動かない競馬を動かした、小牧太騎手の勝負騎乗でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「きわどい競馬になった!!」と叫ぶ、オオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第46回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。

ロードカナロア 牡 鹿毛 2008.3.11生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・(株)ロードホースクラブ 栗東・安田隆行厩舎

ロードカナロア(2008.3.11)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
仔受胎時活性値:0.75
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.00
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
仔受胎時活性値:1.50
Cormorant
鹿毛 1974.4.21
種付け時活性値:1.50
His Majesty 1968.4.15
Song Sparrow 1967.2.23
Super Luna
鹿毛 1982.4.5
仔受胎時活性値:1.50
In Reality
鹿毛 1964.3.1
種付け時活性値:0.25
Alada
鹿毛 1976.3.27
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5・5×4、Secretariat=Syrian Sea(♀)4×5(母方)>

ロードカナロア(2008.3.11)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr.Prospector系)
Storm Cat
(Northern Dancer系)
Cormorant
(Ribot系)
In Reality
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ 5.00 祖母が米GI2勝馬
(No.2-s)
6番仔
(6連産目)

*

以下にロードカナロアのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Super Luna 1982.4.5 不出走
|サラトガデュー 1989.4.3 米8勝 ベルデイムS(GI) ガゼルH(GI) カムリーS(GII) アラバマS(GI)2着
||レディブラッサム 1996.3.4 中央5勝
|||ロードバリオス 2005.2.21 現役 六甲S(OP)
|||ロードカナロア 2008.3.11 (本馬) スプリンターズS(GI) 京阪杯(GIII) シルクロードS(GIII)ほか
||アルカザン 2005.4.27 中央2勝 京都2歳S(OP)

祖母サラトガデューは上述のGI2勝もあり、1992年の米最優秀3歳牝馬に選出されました。

*

第46回スプリンターズS(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 ロードカナロア 牡4 57 岩田康誠 1:06.7 コース
レコード
33.4 494
[-6]
安田隆行 2
2 14 カレンチャン 牝5 55 池添謙一 1:06.8 3/4 33.7 492
[-12]
安田隆行 1
3 3 ドリームバレンチノ 牡5 57 松山弘平 1:06.9 クビ 33.5 484
[-2]
加用正 9
4 15 エピセアローム 牝3 53 武豊 1:07.0 3/4 33.7 480
[+2]
石坂正 3
5 5 ラッキーナイン せん5 57 B.プレブル 1:07.0 ハナ 33.4 482
[0]
C.ファウンズ 8

終わってみれば、安田隆行厩舎の2頭。電撃の6ハロン戦で刻まれたラップは「12.0-10.1-10.6-11.2-11.3-11.5」、勝ち時計は1分6秒7のコースレコードタイム。先んじたのは、このところ3戦続けて苦杯を嘗めていた、ロードカナロア。スプリントGI3連勝に挑んだカレンチャン(2007.3.31)は惜しくも2着でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「なんにせよ安田厩舎ということで」と、最後にツイートする、オオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »