« 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | タマモクロス(1984.5.23)。 »

2012年5月20日 (日)

第73回オークス(GI)の勝ち馬。

ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma's Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50
リファーズスペシャル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00
ジュニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4・5、Lyphard4×4>

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Bertolini
(Danzig系)
リファーズスペシャル
(Lyphard系)
ジュニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リファーズスペシャル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No.16-f)
2番仔
(2連産目)

*

以下にごくごく簡単なジェンティルドンナの近親牝系図を示しておきます。

June Darling 1983.4.18 不出走
|Cal Norma's Lady 1988.5.7 英3勝
||Magical 1995.5.11 米英5勝 ウィルロジャースH(米GIII)
||ドナブリーニ 2003.3.27 英4勝 チェヴァリーパークS(GI) チェリーヒントンS(GIII) ヨークサマーS(GIII)2着
|||ドナウブルー 2008.2.9 現役 京都牝馬S(GIII) ヴィクトリアマイル(GI)2着
|||ジェンティルドンナ 2009.2.20 (本馬) オークス(GI) 桜花賞(GI) シンザン記念(GIII)

同一牝系の連動する活躍。前週のヴィクトリアマイルで2着に入ったドナウブルー、そして牝馬2冠を達成したジェンティルドンナ。賢姉賢妹。そして、尊ぶべきは母ドナブリーニ。

*

第73回オークス(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ジェンティルドンナ 牝3 55 川田将雅 2:23.6 レース
レコード
34.2 460
[+4]
石坂正 3
2 9 ヴィルシーナ 牝3 55 内田博幸 2:24.4 5 35.3 432
[-2]
友道康夫 2
3 3 アイスフォーリス 牝3 55 松岡正海 2:24.5 3/4 35.6 458
[0]
相沢郁 9
4 1 アイムユアーズ 牝3 55 C.ウィリアムズ 2:24.5 ハナ 35.9 444
[-6]
手塚貴久 4
5 15 サンキューアスク 牝3 55 北村宏司 2:24.7 1 35.5 480
[-4]
伊藤正徳 17

桜花賞に続いて牝馬2冠を達成したジェンティルドンナは、ただ1頭だけ上がり3ハロン34秒台の脚を繰り出して5馬身差の圧勝。そして勝ち時計2分23秒6はオークスのレースレコード。ジェンティルドンナ、恐れ入谷の鬼子母神でしたm(__)m

終わってみれば桜花賞の1着、2着がそのままオークスでも1着、2着。そして、ディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ。春季のオークスで同一種牡馬のワンツーフィニッシュは過去2003年の1回だけだったのになぁ。むぅ、サスガはディープインパクト(^^ゞ

ケタ違いの勝ち方で牝馬2冠を達成したジェンティルドンナ。これは秋が楽しみになりました。トリッキーな京都芝内回り2000mとはいえ、姉も自身も重賞を制している、牝系得意の淀の舞台。貴婦人が、JRA史上4頭目の牝馬3冠を見せてくれるのか。ひと夏越えた後を、待ちわびると致します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「恐れ入りました!!」と繰り返し叫ぶオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | タマモクロス(1984.5.23)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。府中市つのだです。私、JRAのCMにヒントがあるとの思い込みが強すぎて、アイムユアーズ4着に茫然としたオークスでした。…そして今週、JRAのCMはウイニングチケット。そうです。弥生賞勝ち→皐月賞4着からダービーに向かう、鞍上は柴田騎手の馬を本命にしたいと思います。

投稿: つのだ | 2012年5月23日 (水) 19時12分

◎つのだ様
いつもお世話になっております。

アイムユアーズ、距離云々を戦前に危惧されましたが、頑張っての4着でした。
まま、桜花賞馬も危惧されていたのですが、杞憂に終わったというオークスでしたね(^^ゞ

ウイニングチケット。おお、コスモオオゾラ、まさに戦歴を追うような格好になっていますね。鞍上も柴田騎手。
余談ですが、今日5月27日はウイニングチケットの母パワフルレディの誕生日だったりします(^^)

ではでは、わざわざのコメント、誠に有り難うございました。

投稿: オオハシ | 2012年5月27日 (日) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54756254

この記事へのトラックバック一覧です: 第73回オークス(GI)の勝ち馬。:

« 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | タマモクロス(1984.5.23)。 »