« 第125回仏1000ギニー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 »

2012年5月16日 (水)

カンファーベスト(1999.5.16)。

春を迎えると、日々、馬の誕生日を思ってしまうオオハシでございます。という訳で、その日に生まれた馬を辿る企画を、今年は毎週水曜日にお届けしたいと思います。その11回目はアンバーシャダイ(1977.3.10)産駒最後のJRA重賞勝ち馬を。

カンファーベスト 牡 黒鹿毛 1999.5.16生 静内・片岡牧場生産 馬主・奥村清晴氏 美浦・佐藤吉勝厩舎

カンファーベスト(1999.5.16)の4代血統表
アンバーシャダイ
鹿毛 1977.3.10
種付け時活性値:1.25
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
クリアアンバー
黒鹿毛 1967.5.8
★Ambiopoise
鹿毛 1958.5.6
Ambiorix 1946
Bull Poise 1948
One Clear Call
鹿毛 1960.5.21
Gallant Man 1954
Europa 1949
カタリナラビット
鹿毛 1986.4.6
仔受胎時活性値:1.00

シンザン
鹿毛 1961.4.2
種付け時活性値:0.00
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
Bois Roussel 1935
Sonibai 1939
ハヤノボリ
栗毛 1949.6.4
ハヤタケ 1939
第五バッカナムビューチー 1941.4.16
タニノグレースフル
黒鹿毛 1973.2.23
仔受胎時活性値:1.00
ヴェンチア
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:1.75
Relic 1945
Rose o'Lynn 1944
タニノソブリン
黒鹿毛 1967.4.10
仔受胎時活性値:1.25
Martial
栗毛 1957
種付け時活性値:0.25
ウエルシユソヴリン
芦毛 1961
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Lady Angela(♀)4×5(父方)、Bull Lea5×5(父方)>

カンファーベスト(1999.5.16)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アンバーシャダイ
(Northern Dancer系)
シンザン
(Bois Roussel系)
ヴェンチア
(Relic系)
Martial
(Bull Lea系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヴェンチア
(タニノグレースフル)
4.50
(No.10-a)
8番仔
(8連産目)

「父アンバーシャダイ×母父シンザン」という泣かせる組み合わせ。カンファーベストはアンバーシャダイ直仔の最後のJRA重賞勝ち馬であると同時に、母父にシンザンを持つ馬としても最後のJRA重賞勝ち馬でした。また、母カタリナラビットは、フィギュアスケート選手であるカタリナ・ビットが名前の由来なのでしょう(^^ゞ

*

第41回関屋記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 カンファーベスト 牡7 56 江田照男 1:32.5    32.9 466
[-4]
佐藤吉勝 14
2 11 ダイワバンディット 牡5 56 小野次郎 1:32.6 3/4 33.6 492
[+2]
増沢末夫 8
3 3 テレグノシス 牡7 58 横山典弘 1:32.8 1.1/2 33.1 474
[0]
杉浦宏昭 1
4 8 ローエングリン 牡7 59 田中勝春 1:32.9 1/2 32.9 492
[+4]
伊藤正徳 12
5 2 ワディラム 牝5 54 中舘英二 1:32.9 クビ 33.3 436
[+4]
松田博資 4

↑オオハシさん、絶叫です(笑)。会心の馬券だったんですねぇ。アンバーシャダイ産駒最後のJRA重賞勝ちは、芝1600m初挑戦となったカンファーベストの激走により、もたらされました。

アンバーシャダイの仔は、芝1600mのレースでガツンと走る印象があったのですが、アンバーシャダイ自身も実は現役時代芝1600m3戦3勝だったのです。今年2012年の誕生日馬の記事で、先に紹介したメジロライアン(1987.4.11)も芝1600m2戦2勝、2週間後に紹介するカミノクレッセ(1987.5.30)も天皇賞・春(GI)2着から安田記念(GI)2着と、根幹距離であるマイル戦での強さはアンバーシャダイらしさの現れでもありました。ええ、カンファーベストも2006年の関屋記念の後は、京成杯AH(GIII)2年連続2着が目立ちましたものね(^^)

現在は土佐黒潮牧場で余生を過ごすカンファーベスト。その黒鹿毛の美しさは忘れ難く、いつまでも、元気にいて欲しいと願います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

<Web Resource>

|

« 第125回仏1000ギニー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54726499

この記事へのトラックバック一覧です: カンファーベスト(1999.5.16)。:

« 第125回仏1000ギニー(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第73回オークス(GI)の出走予定馬について。 »