« 第7回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | カンファーベスト(1999.5.16)。 »

2012年5月15日 (火)

第125回仏1000ギニー(GI)の勝ち馬。

Beauty Parlour 牝 鹿毛 2009.2.28生 英国・Dayton Investments Ltd生産 馬主・Ecurie Wildenstein 仏国・E.ルルーシュ厩舎

Beauty Parlour(2009.2.28)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
バステット
鹿毛 2002.3.15
仔受胎時活性値:1.50
Giant's Causeway
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:1.00
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah's Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Benediction
鹿毛 1985.4.5
仔受胎時活性値:2.00
Day is Done
栗毛 1979.5.9
種付け時活性値:1.25
アーテイアス 1974.2.26
Headin' Home 1971
Cathedra
鹿毛 1976.3.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ソーブレスド
青鹿毛 1965
種付け時活性値:0.50
Collyria
黒鹿毛 1956
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Beauty Parlour(2009.2.28)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Giant's Causeway
(Storm Cat系)
Day is Done
(Round Table系)
ソーブレスド
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 6.25 or 4.25 伯父Might and Power
(No.6-e)
2番仔
(2連産目)

*

では、以下にBeauty Parlourのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Benediction 1985.4.5 愛英1勝
|Miss Priority 1991.9.23 豪1勝
||Miss Power Bird 1997.9.9 豪5勝 ユークレイスS(GII)2着 マネリズムS(GIII)3着
||Lucky Owners 1999.9.27 香8勝 香港マイル(GI) 香港ダービー
|Might and Power 1993.10.6 豪15勝 メルボルンC(GI) コックスプレート(GI)含むGI7勝 GII3勝 GIII1勝
|Matter of Honour 1996.11.22 豪米7勝 VRCチャタムS(豪GIII)
|バステット 2002.3.15 仏2勝 アレフランス賞(GIII)2着 フロール賞(GIII)3着
||Barocci 2008.3.8 現役 プランスドランジュ賞(仏GIII)2着
||Beauty Parlour 2009.2.28 (本馬) 仏1000ギニー(GI) グロット賞(仏GIII)

伯父に豪州年度代表馬Might and Power、従兄に香港マイルの勝ち馬Lucky Owners、半兄に仏GIII2着の白老産馬Barocci、そして母バステットが仏GIII2着1回、3着1回と近親に活躍馬が見える、活力ある6号族です。

*

父ディープインパクトが「3着敗退、後に失格」の辛酸を嘗めたロンシャンの地で、娘がその無念を晴らしました。鹿毛に白のシャドーロール、ヴィルデンシュタイン家のロイヤルブルーの勝負服も鮮やかに、Beauty Parlour。4戦4勝のキャリアでのGI勝利は、父の皐月賞(GI)制覇時と同じ。

このまま無事に駆けて、秋には日本調教馬との凱旋門賞(仏GI)での対決となれば、それは痛快。是非とも父の名を高めるべく、これからも勝利を積み重ねて欲しいものですね(^^)

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第7回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | カンファーベスト(1999.5.16)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54720008

この記事へのトラックバック一覧です: 第125回仏1000ギニー(GI)の勝ち馬。:

« 第7回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。 | トップページ | カンファーベスト(1999.5.16)。 »