« 第72回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | パーシャンボーイ(1982.4.18)。 »

2012年4月15日 (日)

第72回皐月賞(GI)の勝ち馬。

ゴールドシップ 牡 芦毛 2009.3.6生 門別・出口牧場生産 馬主・小林英一氏 栗東・須貝尚介厩舎

ゴールドシップ(2009.3.6)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
ポイントフラッグ
芦毛 1998.3.23
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.50
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
パストラリズム
黒鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:0.50
プルラリズム
鹿毛 1980.4.9
種付け時活性値:1.50
The Minstrel 1974.3.11
Cambretta 1975.5.8
トクノエイティー
黒鹿毛 1978.3.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
トライバルチーフ
鹿毛 1967.2.27
種付け時活性値:0.50
アイアンルビー
青毛 1972.2.11
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Princely Gift5×5、Northern Dancer5×5>

ゴールドシップ(2009.3.6)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Milesian系)
プルラリズム
(Northern Dancer系)
トライバルチーフ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ステイゴールド 4.25 or 2.25 母がGIII2着馬
(No.16-h 星旗系)
5番仔
(流産後)

*

では、以下にゴールドシップのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

トクノエイティー 1978.3.2 中央2勝
|パストラリズム 1987.5.15 中央2勝
||ポイントフラッグ 1998.3.23 中央1勝 チューリップ賞(GIII)2着 エルフィンS(OP)2着 紅梅S(OP)2着
|||ゴールドシップ 2009.3.6 (本馬) 皐月賞(GI) 共同通信杯(GIII)

ゴールドシップの牝系は、16号族星旗(1924)系。星旗は星友(1923)、星若(1924)等と共に1931年に米国から輸入された、いわゆる「御料の基礎繁殖牝馬」です。星旗が輸入された際に受胎していた仔が、繁殖名「月城」ことクレオパトラトマス(1932.3.22)。同牝馬は通算28戦16勝。現在の天皇賞に相当する帝室御賞典を勝利しています。この帝室御賞典がデビュー15日後のいきなりの勝利だったというから驚きです。その月城の仔に桜花賞馬ハマカゼ(1945.2.19)。同牝馬は繁殖名「梅城」と言い、ゴールドシップの6代母となります。そして月城の孫に、名馬ハクチカラ(1953.4.20)。同馬は第23回日本ダービー(現GI)、天皇賞・秋(現GI)、有馬記念(現GI)など中央重賞9勝を挙げました。そして、満5歳になって米国遠征を決行し、満6歳時の1959年2月23日、ワシントン・バースデイHという重賞競走に勝利するという快挙を遂げました。「父トビサクラ、母昇城」という父母日本産馬による米国重賞制覇でした。また、月城の半弟がクモハタ(1936.3.4)。同馬は第8回日本ダービーを勝ち、1952年から1957年まで6年連続首位種牡馬となり、クモハタ記念(旧重賞)に名を残した名馬でした。

*

第72回皐月賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ゴールドシップ 牡3 57 内田博幸 2:01.3    34.6 498
[-8]
須貝尚介 4
2 9 ワールドエース 牡3 57 福永祐一 2:01.7 2 1/2 34.9 446
[0]
池江泰寿 2
3 6 ディープブリランテ 牡3 57 岩田康誠 2:01.8 3/4 36.7 502
[0]
矢作芳人 3
4 15 コスモオオゾラ 牡3 57 柴田大知 2:01.8 ハナ 36.4 476
[+2]
高橋義博 6
5 18 グランデッツァ 牡3 57 M.デムーロ 2:02.0 1 1/4 35.4 484
[-6]
平田修 1

ブンブン飛ばした2頭、メイショウカドマツ(2009.4.25)とゼロス(2009.4.13)のつくったペースは1000m通過が59秒1と、水をしっかり含んだ稍重としてはハイペース。ゴールドシップと内田博幸騎手、道中は最後方待機。レースが動いた3コーナーから4コーナー、どの馬も外へ外へと持ち出す中、ゴールドシップと内田騎手だけが、ポッカリと空いた内を突きました。馬場の良い所と悪い所、ぎりぎりの境い目を見極めた内田騎手の手綱に応えて、ゴールドシップ。メンバー随一の上り3ハロン34秒6の鋭脚を繰り出して、大外を追い込んだ2着のワールドエース(2009.2.22)に2と2分の1馬身差の快勝。芦毛が鮮やかに跳ねて、ゴールドシップ。ただただ、見事な勝利でした。

それにしても、恐るべしは「ステイゴールド×メジロマックイーン牝馬」の相性の良さ。ドリームジャーニー(2004.2.24)&オルフェーヴル(2008.5.14)兄弟に続いて、ゴールドシップが3頭目のGI勝ち馬となります。素晴らしい。やはり血統構成因子として「Herod~Tourbillon系」は大切にしないといけない。改めて、そう思いました。

共同通信杯1着で、すでに東京も経験済みのゴールドシップ。第一関門をくぐり抜けて、勇躍行かん、競馬の祭典。芦毛の皐月賞馬の、さらなる活躍を期待したいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「ステイゴールド×メジロマックイーンの恐ろしさ」と叫ぶ、血統好きなオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第72回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | パーシャンボーイ(1982.4.18)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

生産者が出口牧場さん。netkeibaで過去の生産馬をみるとレジェンドテイオーの名がありました。
暗いニュースが続く日高の生産地ですが、個人経営の牧場でもクラシックホースは出せるのです。
どうか後に続いて頑張ってほしいものです。

投稿: ゴリ | 2012年4月15日 (日) 23時09分

横ヤリ入れてすみません。
形相の遺伝についてですが、毛色(芦毛)から考えて
ステイゴールド(誕生日から考えて1.0?)に対してプルラリズムが優性で、
母の形相を遺伝したということはないですかね?
中島理論初心者なので見当違いな指摘でしたらすみません。

投稿: 初心者 | 2012年4月19日 (木) 14時45分

◎皆様
お世話になります。


○ゴリ様
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20120415-OHT1T00233.htm によると、生産者さん曰く

「なかなか血の入れ替えができない小さい牧場としては、古い血統で勝てたのがうれしい。
日高(の馬産)は大変な時期ですが、少しでも元気になってくれれば」

とのこと。まさに、ですね。このまま、東京優駿も頑張ってほしいものです。


○初心者様
形相の遺伝について、純然と、故・中島国治氏の著作を引用すると
「もし、マグニテュードの精子の活性値よりも母の先祖の種牡馬の精子の活性値の最高数値のほうが高くても、
差が0.25より小さかったなら、ミホノブルボンはマグニテュードの"形""相"を遺伝したことになる」
とあります。教科書通りの解釈で恐縮ですが。

芦毛の毛色については、芦毛遺伝子が、ほかの毛色遺伝子より優性に働いた結果の発現。
中島理論的な活性値判断では、残念ながらフォローできません……。


ではでは、コメント、誠に有り難うございました。

投稿: オオハシ | 2012年4月19日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54478051

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回皐月賞(GI)の勝ち馬。:

« 第72回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | パーシャンボーイ(1982.4.18)。 »