« 第72回桜花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | メジロライアン(1987.4.11)。 »

2012年4月 8日 (日)

第72回桜花賞(GI)の勝ち馬。

ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma's Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50
リファーズスペシャル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00
ジュニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4・5、Lyphard4×4>

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Bertolini
(Danzig系)
リファーズスペシャル
(Lyphard系)
ジュニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リファーズスペシャル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No.16-f)
2番仔
(2連産目)

*

以下にごくごく簡単なジェンティルドンナの近親牝系図を示しておきます。

June Darling 1983.4.18 不出走
|Cal Norma's Lady 1988.5.7 英3勝
||Magical 1995.5.11 米英5勝 ウィルロジャースH(米GIII)
||ドナブリーニ 2003.3.27 英4勝 チェヴァリーパークS(GI) チェリーヒントンS(GIII) ヨークサマーS(GIII)2着
|||ドナウブルー 2008.2.9 現役 京都牝馬S(GIII)
|||ジェンティルドンナ 2009.2.20 (本馬) 桜花賞(GI) シンザン記念(GIII)

*

第72回桜花賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 ジェンティルドンナ 牝3 55 岩田康誠 1:34.6    34.3 456
[-4]
石坂正 2
2 15 ヴィルシーナ 牝3 55 内田博幸 1:34.7 1/2 35.1 434
[-4]
友道康夫 4
3 11 アイムユアーズ 牝3 55 N.ピンナ 1:34.8 1/2 34.9 450
[0]
手塚貴久 3
4 13 サウンドオブハート 牝3 55 松岡正海 1:35.1 1 3/4 35.0 448
[-4]
松山康久 5
5 7 メイショウスザンナ 牝3 55 武豊 1:35.1 クビ 34.9 448
[+8]
高橋義忠 11

百花繚乱の混戦となった第72回桜花賞。勝ったのは、一刀両断とばかりにメンバー最速の上がり3ハロン34秒3の鋭脚を繰り出して、ジェンティルドンナ。頂上を目指した大魔神の持ち馬を、貴婦人が最後に2分の1馬身だけ差し切ったところが決勝点。ジェンティルドンナ、男馬を相手にシンザン記念(GIII)勝ちを収めていた能力は伊達ではありませんでした。熱発が響いたチューリップ賞(GIII)でも小差4着と踏ん張っていた底力。大一番で軽視してごめんなさいm(__)m

軽快な母系だけに果たしてとも思いますが、3歳春の牝馬どうしの争いならば距離もどうにかなるのでしょう。桜冠を手にした貴婦人の向かう先に幸多からんことを。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第72回桜花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | メジロライアン(1987.4.11)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54421484

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回桜花賞(GI)の勝ち馬。:

« 第72回桜花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | メジロライアン(1987.4.11)。 »