« 第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第38回クイーンエリザベスII世カップ(香GI)の勝ち馬。 »

2012年4月30日 (月)

第145回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。

ビートブラック 牡 青毛 2007.5.23生 新冠・ノースヒルズマネジメント生産 馬主・前田幸治氏 栗東・中村均厩舎

ビートブラック(2007.5.23)の4代血統表

ミスキャスト
鹿毛 1998.5.23
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ノースフライト
鹿毛 1990.4.12
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
シャダイフライト
鹿毛 1973.2.19
ヒッティングアウェー 1958.4.9
フォーワードフライト 1967.4.10
アラームコール
黒鹿毛 1996.4.19
仔受胎時活性値:0.50
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:0.50
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
インワンズジョイ
黒鹿毛 1990.1.17
仔受胎時活性値:1.25
★Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.00(2.00)
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Kaweah Maid
黒鹿毛 1982.4.17
仔受胎時活性値:1.75
General Assembly
栗毛 1976.4.30
種付け時活性値:1.25
Janina
鹿毛 1965
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4>

ビートブラック(2007.5.23)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミスキャスト
(Halo系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
General Assembly
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
General Assembly
(Exclusive Dancer)
5.50 or 3.50
(No.22-a)
4番仔
(3連産目)

*

では、以下にビートブラックのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Kaweah Maid 1982.4.17 英0勝
|インワンズジョイ 1990.1.17 不出走
||アラームコール 1996.4.19 中央5勝
|||ビートブラック 2007.5.23 (本馬) 天皇賞・春(GI) 大阪―ハンブルクカップ(OP) 京都大賞典(GII)2着 菊花賞(GI)3着

4代母Janinaからの別分枝には仔にデューハーストS(英GI)の勝ち馬Monteverdi(1977.4.10)-エイシンプレストン(1997.4.9)の母父-、孫にドンH(米GI)、ガルフストリームパークH(米GI)の勝ち馬ジェイドハンター(1984.2.22)等が見えます。

*

第145回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ビートブラック 牡5 58 石橋脩 3:13.8    36.5 512
[-2]
中村均 14
2 16 トーセンジョーダン 牡6 58 岩田康誠 3:14.5 4 34.0 478
[-4]
池江泰寿 3
3 11 ウインバリアシオン 牡4 58 武豊 3:14.8 2 33.5 512
[-2]
松永昌博 2
4 5 ジャガーメイル 牡8 58 四位洋文 3:14.9 クビ 33.6 476
[-4]
堀宣行 9
5 8 ギュスターヴクライ 牡4 58 蛯名正義 3:15.1 1 1/2 34.4 494
[-4]
荒川義之 4

開幕2週目でも高速馬場に変わりなく、天皇賞・春の他のレースでも、前が止まらない展開が多く見られました。そんな中で行われた、2012年4月29日日曜日、昭和の日の第145回天皇賞・春。14番人気馬ビートブラック、スタート直後に舌を出している姿が気になりましたが、道中は先行2番手の積極策。そして3コーナーから4コーナーにかけて攻めてハナを奪い取ると、我慢強く脚を伸ばし続けて、見事に1着ゴールイン。勝ち時計3分13秒8は、ディープインパクト(2002.3.25)が持つ世界レコード3分13秒4に0秒4差の史上2位の好タイム。鞍上の男前、石橋脩騎手は嬉しいGI初勝利となりました。レースは、4馬身差で2着トーセンジョーダン(2006.2.4)がようやく続き、更に2馬身差で3着ウインバリアシオン(2008.4.10)。単勝1.3倍の圧倒的1番人気を集めたオルフェーヴル(2008.5.14)は11着同着と惨敗を喫してしまいました。

しかし、生き物が織り成す競走というのは、それそのものが生き物ですね。なかなかに人間の思惑通りにいかないもの。とは言うものの、中島理論的には現在飽和血脈となりつつあるSS系の0遺伝馬が1着、SSフリー馬が2着と古馬頂点に立つに相応しい血統馬の1着、2着ではあったのです。なおのこと、ビートブラックは、父ミスキャストの主な勝ち鞍「プリンシパルS(OP)」というマイナー種牡馬が送り出した、現代のチャンスブレッドでした。ついで思えば、昨年2011年も、1着ヒルノダムール(2007.5.20)がSS系の0遺伝馬、2着エイシンフラッシュ(2007.3.27)がSSフリー馬という、同じ組み合わせの決着。歯替わりが終わった後の戦いは、自身の内なる血との戦いということなのでしょうか……。

そして、天皇賞・春における人気薄の先行逃げ切りというと、2004年のイングランディーレ(1999.5.21)を思い出します。彼も父ホワイトマズル(1990.3.21)の満8歳時の0遺伝を受けた5歳馬でした。

*

ともあれ、ビートブラックが能力を発揮して高速馬場での淀芝3200mを勝ち切ったのは紛れも無い事実。驚きとともに迎えられた勝利ではありましたが、伊達や酔狂で天皇賞・春を史上2位のタイムで1着にはなれないもの。レース後のオーナーサイドの談話によると、アーネストリー(2005.5.17)、トレイルブレイザー(2007.3.15)と共に凱旋門賞(仏GI)の登録をされるそうです。凱旋門賞を走るミスキャストの仔、それは取りも直さず、「フーちゃんの孫」が凱旋門賞を走るということ。むぅ、そうなれば痛快。今はただただ、ビートブラックがこのまま無事に行ってくれることを祈るのみです。

そしてまた、歯車が噛み合わず、色んなことが白紙になってしまった金色の3冠馬も、また元気に走る姿を見せて欲しいと願います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「前が止まらん!!」「おぅら、逃げ切った、ミスキャストの仔が逃げ切った!!」と叫ぶオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第38回クイーンエリザベスII世カップ(香GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54594171

この記事へのトラックバック一覧です: 第145回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。:

« 第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第38回クイーンエリザベスII世カップ(香GI)の勝ち馬。 »