« 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の九)-ネーハイシーザー(1990.4.27)-。 | トップページ | 第145回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 »

2012年4月28日 (土)

第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。

第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ビートブラック
(2007.5.23)
[22-a]
4番仔
(3連産目)
ミスキャスト ブライアンズタイム Rainbow Quest General Assembly
2 トウカイトリック
(2002.2.26)
[5-g]
5番仔
(5連産目)
エルコンドルパサー Silver Hawk Explodent Bolero
3 ナムラクレセント
(2005.4.22)
[16-a スワンズウッドグローヴ系]
12番仔
(10連産目)
ヤマニンセラフィム サクラショウリ ダンディルート ★フィダルゴ
4 モンテクリスエス
(2005.2.21)
[10-a]
9番仔
(9連産目)
シンボリクリスエス ラストタイクーン Auction Ring Prince John
5 ジャガーメイル
(2004.5.8)
[1-w]
7番仔
(4連産目)
ジャングルポケット サンデーサイレンス ノーザンテースト ★First Landing
6 ゴールデンハインド
(2006.3.19)
[10-a]
4番仔
(4連産目)
クロフネ Seeking the Gold Chief's Crown ★Riva Ridge
7 ユニバーサルバンク
(2008.4.16)
[2-u]
7番仔
(2連産目)
ネオユニヴァース ドクターデヴィアス Luthier Sir Ribot
8 ギュスターヴクライ
(2008.3.21)
[3-e]
9番仔
(2連産目)
ハーツクライ ★Fabulous Dancer Kaldoun Carvin
9 コスモロビン
(2008.5.28)
[19]
2番仔
(2連産目)
ゼンノロブロイ ジェイドロバリー Silver Hawk Overskate
10 ケイアイドウソジン
(2006.4.12)
[8-f]
11番仔+
(不受胎後)
キングカメハメハ Cutlass Barachois Speak John
11 ウインバリアシオン
(2008.4.10)
[19-c]
8番仔
(3連産目)
ハーツクライ Storm Bird Time for a Change Dancing Count
12 クレスコグランド
(2008.1.31)
[16-c]
3番仔
(3連産目)
タニノギムレット サンデーサイレンス Law Society Luciano
13 フェイトフルウォー
(2008.1.11)
[2-n]
2番仔
(2連産目)
ステイゴールド メジロマックイーン ★Nijinsky Riva Ridge
14 ローズキングダム
(2007.5.10)
[1-w]
3番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Shirley Heights Lyphard
15 ヒルノダムール
(2007.5.20)
[4-i]
2番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ ラムタラ L'Emigrant Brigadier Gerard
16 トーセンジョーダン
(2006.2.4)
[9-a]
5番仔
(5連産目)
ジャングルポケット ノーザンテースト Crafty Prospector ★Secretariat
17 トウカイパラダイス
(2007.4.12)
[7-c アストニシメント系]
12番仔
(不受胎後)
ゴールドアリュール マルゼンスキー ファラモンド ネヴァービート
18 オルフェーヴル
(2008.5.14)
[8-c]
5番仔
(5連産目)
ステイゴールド メジロマックイーン ◆ノーザンテースト Lt.Stevens

精鋭18頭が栄光の天皇盾を目指して淀芝3200mで競います、第145回天皇賞・春。

  1. オルフェーヴル
  2. トーセンジョーダン
  3. ギュスターヴクライ
  4. ヒルノダムール
  5. ウインバリアシオン
  6. ナムラクレセント

負けてはいけない一戦だと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の九)-ネーハイシーザー(1990.4.27)-。 | トップページ | 第145回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

オルフェーヴルが三冠を取ったときから、このレースを楽しみにしていました。
無事に出走してきてくれたことに感謝です。
小生ドーセンジョーダンに一票を投じて、スタートを待ちます。

投稿: ゴリ | 2012年4月29日 (日) 15時20分

お世話になっております。府中市つのだです。早速ですが、ビートブラックには驚かされました。ブルー0の馬もそうですが、直父グリーン0の馬も劇的な変わり身があるイメージですね。オルフェーヴルはこの後どうなるのでしょう?故障も心配です。

投稿: つのだ | 2012年4月29日 (日) 16時28分

◎ご両名
いつもお世話になっております。

○ゴリ様
トーセンジョーダン、2着に頑張りましたね。サスガは昨秋の天皇賞馬というところでした。
しかし、同厩舎の3冠馬は……。生き物の難しさを思いました。

○つのだ様
ビートブラック、激走でした。中島理論的な観点からすると、
血統はメンバーでも最右翼になるような馬でしたが、サスガに近走成績や相手関係から
推すことは出来ませんでした(^^ゞ

ではでは、わざわざのコメント、誠に有り難うございました。

投稿: オオハシ | 2012年4月30日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/54578710

この記事へのトラックバック一覧です: 第145回天皇賞・春(GI)の出走予定馬について。:

« 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の九)-ネーハイシーザー(1990.4.27)-。 | トップページ | 第145回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。 »