« 78分の4。 | トップページ | 第29回フェブラリーS(GI)の出走予定馬について。 »

2012年2月 7日 (火)

スリープレスナイト(2004.2.7)。

スリープレスナイト号が死亡(JRAニュース)

スリープレスナイト 牝 鹿毛 2004.2.7生~2012.2.2没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・橋口弘次郎厩舎

スリープレスナイト(2004.2.7)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.18
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ホワットケイティーディド
鹿毛 1989.3.18
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.75
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25
Nearctic 1954.2.11
Seximee 1966.5.27
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75
ポリック
黒鹿毛 1953.2.14
種付け時活性値:1.75
Brabantia
黒鹿毛 1953
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×3、Nearctic5×4・4>

スリープレスナイト(2004.2.7)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
ポリック
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ポリック
(Katies)
5.75 叔母ヒシアマゾン
(No.7-f)
7番仔?
(2連産目)

*

以下にスリープレスナイトの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、重賞の格付けは施行当時のもので、JRA重賞の「Jpn」は「G」にしています。

Katies 1981.4.22 愛英4勝 愛1000ギニー(GI) コロネーションS(英GII)
|ケイティーズファースト 1987.3.6 英仏4勝
||ゴーステディ 1997.4.10 中央6勝 中山金杯(GIII)3着
||マイケイティーズ 1998.5.18 不出走
|||アドマイヤムーン 2003.2.23 日UAE香10勝 ジャパンカップ(GI) ドバイデューティーフリー(UAEGI) 宝塚記念(GI)含む重賞8勝
|||サブミーカー 2005.1.24 不出走 種牡馬
|ホワットケイティーディド 1989.3.18 英仏独3勝
||スリープレスナイト 2004.2.7 (本馬) スプリンターズS(GI) CBC賞(GIII) 北九州記念(GIII)
|ヒシアリダー 1990.3.30 中央5勝 種牡馬
|ヒシアマゾン 1991.3.26 中央10勝 エリザベス女王杯(GI) 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)含む重賞9勝
|ヒシナイル 1994.4.15 中央2勝 フェアリーS(GIII) フラワーC(GIII)3着
|ヒシピナクル 1996.3.17 中央4勝 ローズS(GII) 秋華賞(GI)3着

*

第42回スプリンターズS(GI)の結果(上位7頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 スリープレスナイト 牝4 55 上村洋行 1:08.0    33.9 494
[-8]
橋口弘次郎 1
2 15 キンシャサノキセキ 牡5 57 岩田康誠 1:08.2 1.1/4 34.0 488
[+2]
堀宣行 2
3 13 ビービーガルダン 牡4 57 安藤勝己 1:08.2 クビ 34.2 492
[-6]
領家政蔵 6
4 11 スズカフェニックス 牡6 57 横山典弘 1:08.3 1/2 33.9 460
[0]
橋田満 4
5 1 アポロドルチェ 牡3 55 勝浦正樹 1:08.3 アタマ 34.3 462
[+4]
堀井雅広 12
6 9 トウショウカレッジ 牡6 57 池添謙一 1:08.4 1/2 33.7 548
[-8]
池添兼雄 9
7 7 カノヤザクラ 牝4 55 小牧太 1:08.4 クビ 33.8 504
[-2]
橋口弘次郎 5

1番人気に応えて5連勝での戴冠。上村洋行騎手にデビュー17年目のGI初勝利をプレゼントしたスリープレスナイト。そしてまた、スプリンターズSが行われた2008年10月5日は、管理された橋口弘次郎調教師の満63歳のお誕生日でした。

この2008年10月5日のスプリンターズSは、私にとっても、忘れ得ないレースです。その日は、勤務していた会社の、創業社長とお会いした最後の日でした。社長のご自宅に伺った時、ちょうど、スプリンターズSの中継が放映されていました。団らんの中でテレビは点いているだけという感じでしたけれど、レースの瞬間だけ、私はその画面に目が行ったものです。前々走のCBC賞で上村騎手に10年ぶりの重賞制覇を贈ってくれたスリープレスナイトが、そのままGI初勝利をも贈ってくれたことが、ただただ、嬉しかった。

ウオッカ(2004.4.4)世代の速い牝馬たち。アストンマーチャン(2004.3.5)、カノヤザクラ(2004.3.31)、そしてスリープレスナイト。ほんの少し前に走っていたのに、彼女たちは、もうすでに虹の橋の向こう側。なにも、馬生まで速く駆けて行かなくてもいいのに……。振り返れば、2008年の夏から秋にかけては、CBC賞、北九州記念、スプリンターズSをスリープレスナイト、アイビスSD(GIII)、セントウルS(GII)をカノヤザクラと、この2頭が短距離戦で大活躍。そんなスリープレスナイトとカノヤザクラは同厩舎。現役当時、よしだみほさんの連載漫画で友情物語として題材に取り上げられていたのを思い出します。

大柄な鹿毛の馬体に、星ひとつ。瞳も美しく、スリープレスナイト。1200m戦では[9-3-0-0]と連対を外さなかった、速さと強さと安定感を兼ね備えた名スプリンター。眠るには本当に早すぎましたけれど、ディープインパクト(2002.3.25)との間に出来た、2011年1月27日生まれの初仔の牝馬、2012年1月23日生まれの2番仔の牡馬が、お母さんの名前を更に高めてくれるよう、走ってくれることを祈るのみです。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 78分の4。 | トップページ | 第29回フェブラリーS(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53920564

この記事へのトラックバック一覧です: スリープレスナイト(2004.2.7)。:

« 78分の4。 | トップページ | 第29回フェブラリーS(GI)の出走予定馬について。 »