« 第56回有馬記念(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の四)-ベガ(1990.3.8)-。 »

2011年12月31日 (土)

第57回東京大賞典(GI)の勝ち馬。

スマートファルコン 牡 栗毛 2005.4.4生 静内・岡田スタッド生産 馬主・大川徹氏 栗東・小崎憲厩舎

スマートファルコン(2005.4.4)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
(スマートファルコンは初年度産駒)
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
リラクタントゲスト
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
ケイシュウハーブ
芦毛 1988.3.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

ミシシッピアン
鹿毛 1971.5.16
種付け時活性値:0.00(2.00)
Vaguely Noble
鹿毛 1965.5.15
ヴィエナ 1957
Noble Lassie 1956
Gazala
鹿毛 1964
Dark Star 1950
Bell Angevine 1957
キョウエイシラユキ
芦毛 1980.4.17
仔受胎時活性値:1.75
クラウンドプリンス
栗毛 1969.1.31
種付け時活性値:0.50
Raise a Native 1961.4.18
Gay Hostess 1957.4.9
アリアーン
芦毛 1968
仔受胎時活性値:0.75
シルバーシャーク
芦毛 1963
種付け時活性値:1.00
Nucciolina
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Vaguely Noble5×3>

スマートファルコン(2005.4.4)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
ミシシッピアン
(Vaguely Noble系)
クラウンドプリンス
(Raise a Native系)
シルバーシャーク
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール 5.00 or 3.00 半兄ワールドクリーク
(No.9-c)
10番仔
(5連産目)

*

以下にゴールドアリュールのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

アリアーン 1968 不出走
|キョウエイシラユキ 1980.4.17 中央3勝
||ケイシュウハーブ 1988.3.6 地方2勝
|||ワールドクリーク 1995.4.25 中央7勝+地方7勝 東京大賞典(現GI) トパーズS(OP)
|||スマートファルコン 2005.4.4 (本馬) 東京大賞典2回 JBCクラシック(JpnI)2回 帝王賞(JpnI)含む重賞18勝
||キョウエイコロナ 1991.5.18 中央3勝 フェニックス賞(OP) 小倉3歳S(現小倉2歳S、GIII)2着
|インターネイテイブ 1982.5.5 中央8勝 道新杯(OP)

半兄ワールドクリークは満4歳時に5連勝で東京大賞典までぶち抜きました。翌5歳時にはドバイWC(UAEGI)に挑戦してDubai Millennium(1996.3.20)の6着と頑張りました。

*

第57回東京大賞典(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 スマートファルコン 牡6 57 武豊 2:01.8    38.2 513
[+3]
小崎憲 1
2 4 ワンダーアキュート 牡5 57 和田竜二 2:01.8 ハナ 38.0 508
[-10]
佐藤正雄 3
3 11 テスタマッタ 牡5 57 岩田康誠 2:02.2 2 38.4 496
[-4]
村山明 4
4 2 シビルウォー 牡6 57 吉田豊 2:02.8 3 37.7 474
[0]
戸田博文 5
5 10 メダリアビート 牡5 57 藤田伸二 2:02.8 アタマ 37.7 473
[+9]
岡田稲男 8

国際GIに認定された初回の東京大賞典。JRAのジーワン勝利については「23年連続」で記録が途絶えてしまったユタカさんでしたけれど、3.5センチ差の辛勝とはいえ、年末の大一番を勝ち切られたところが、紅白歌合戦の締めに回る演歌歌手のようでした。なんだ言いながら、僅差でも退ける技。かの第一人者の矜持を見せられた思いが致しました。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。今年2011年もお世話になりました。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

|

« 第56回有馬記念(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の四)-ベガ(1990.3.8)-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53614240

この記事へのトラックバック一覧です: 第57回東京大賞典(GI)の勝ち馬。:

« 第56回有馬記念(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の四)-ベガ(1990.3.8)-。 »