« 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の壱)-スエヒロジョウオー(1990.4.16)-。 »

2011年12月 6日 (火)

第12回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。

トランセンド 牡 鹿毛 2006.3.9生 新冠・ノースヒルズマネジメント生産 馬主・前田幸治氏 栗東・安田隆行厩舎

トランセンド(2006.3.9)の4代血統表
ワイルドラッシュ
鹿毛 1994.4.15
種付け時活性値:0.75
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
Icecapade
芦毛 1969.4.4
Nearctic 1954.2.11
Shenanigans 1963.3.17
Bushel-n-Peck
黒鹿毛 1958.3.21
Khaled 1943
Dama 1950
Rose Park
鹿毛 1986.2.7
★Plugged Nickle
鹿毛 1977.3.1
Key to the Mint 1969.3.9
Toll Booth 1971.5.17
Hardship
芦毛 1977.4.26
Drone 1966.4.1
Hard and Fast 1968.4.30
シネマスコープ
栗毛 1993.5.2
仔受胎時活性値:1.00
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
ブルーハワイ
鹿毛 1989.5.31
仔受胎時活性値:0.75
スリルショー
鹿毛 1983.1.27
種付け時活性値:1.25
Northern Baby 1976.4.1
Splendid Girl 1976.3.18
サニースワップス
鹿毛 1975.4.27
仔受胎時活性値:1.25
Hawaii
鹿毛 1964
種付け時活性値:0.50
アイアンエイジ
黒鹿毛 1962.6.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Khaled4×5、Hyperion5×5>

トランセンド(2006.3.9)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ワイルドラッシュ
(Nearctic系)
トニービン
(ゼダーン系)
スリルショー
(Northern Dancer系)
Hawaii
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
スリルショー
(ブルーハワイ)
4.00 半姉サンドリオン
(No.A4)
6番仔
(空胎後)

*

では、以下にトランセンドのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

サニースワップス 1975.4.27 不出走
|ダイナスワップス 1979.6.13 中央3勝
||ダンディコマンド 1993.4.12 中央5勝 北九州記念(GIII) クロッカスS(OP)
|サクラサニーオー 1982.4.5 中央6勝 アルゼンチン共和国杯(GII) 京成杯(GIII)ほか
|ブルーハワイ 1989.5.31 不出走
||シネマスコープ 1993.5.2 中央4勝
|||サンドリオン 2003.5.15 中央3勝 紫苑S(OP)
|||トランセンド 2006.3.9 (本馬) ジャパンカップダート(GI)2回 フェブラリーS(GI) マイルCS南部杯(JpnI)ほか現GIII2勝
||パルスビート 1994.6.12 中央3勝 白百合S(OP) 京都新聞杯(GII)2着 北九州記念2着ほか
||ゲヴァルト 2000.3.5 中央4勝 ラジオたんぱ杯2歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S、GIII)3着

このアメリカンファミリーの牝系は、ややもすると「GIでは入着まで」というような印象があったのです。けれど、トランセンド、その名の通りに超越した存在となりました。

*

第12回ジャパンカップダート(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 トランセンド 牡5 57 藤田伸二 1:50.6    37.4 520
[-1]
安田隆行 1
2 9 ワンダーアキュート 牡5 57 和田竜二 1:50.9 2 36.8 518
[+14]
佐藤正雄 5
3 6 エスポワールシチー 牡6 57 佐藤哲三 1:50.9 ハナ 37.6 500
[+2]
安達昭夫 2
4 4 ラヴェリータ 牝5 55 武豊 1:51.0 1/2 37.5 516
[+1]
松元茂樹 10
5 13 ダノンカモン 牡5 57 福永祐一 1:51.1 クビ 37.5 528
[+2]
池江泰寿 4

大外16番枠ものかは、逃げの形に持ち込んで、「来るなら来い」の受けて立つ競馬。そうして、終わってみれば2着馬に2馬身差の完勝。やはり強いものは強かった、トランセンド。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の壱)-スエヒロジョウオー(1990.4.16)-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

ようやく出てきたGI馬はかなり強いですね。
Swaps全妹の仔を輸入した甲斐がありました。

投稿: much_better | 2011年12月 6日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53421007

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。:

« 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 初めて意識をして見たクラシック世代を辿る(其の壱)-スエヒロジョウオー(1990.4.16)-。 »