« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の参)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の四)。 »

2011年11月12日 (土)

第36回エリザベス女王杯(GI)の出走予定馬について。

第36回エリザベス女王杯(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 アヴェンチュラ
(2008.3.7)
[1-p]
8番仔
(7連産目)
ジャングルポケット サンデーサイレンス El Gran Senor Caro
2 イタリアンレッド
(2006.2.24)
[20-c]
5番仔+
(不受胎後)
ネオユニヴァース Indian Ridge Caerleon Caro
3 ホエールキャプチャ
(2008.2.24)
[12 ビューチフルドリーマー系]
2番仔
(2連産目)
クロフネ サンデーサイレンス Nashwan リマンド
4 アパパネ
(2007.4.20)
[9-f]
3番仔
(3連産目)
キングカメハメハ Salt Lake Spectacular Bid Hard Work
5 ワルキューレ
(2004.4.25)
[14-f]
2番仔
(空胎後)
ステイゴールド ★ジェネラス Apalachee Malicious
6 サンテミリオン
(2007.1.30)
[16-g]
6番仔+
(3連産目)
ゼンノロブロイ ラストタイクーン Garde Royale Sea Break
7 アニメイトバイオ
(2007.4.7)
[19]
初仔 ゼンノロブロイ フレンチデピュティ レインボーアンバー ★ファーストファミリー
8 レーヴディソール
(2008.4.8)
[1-p]
5番仔+
(4連産目)
アグネスタキオン Highest Honor バイアモン ★Green Dancer
9 レインボーダリア
(2007.4.27)
[8-h]
12番仔
(10連産目)
ブライアンズタイム ノーザンテースト Riverman Time Tested
10 フミノイマージン
(2006.3.14)
[7]
4番仔
(3連産目)
マンハッタンカフェ ★Dixieland Band Raise a Man Northfields
11 ブロードストリート
(2006.3.28)
[6-b]
9番仔+
(9連産目+)
アグネスタキオン Cozzene ★Lyphard Gyr
12 シンメイフジ
(2007.2.12)
[4-d]
4番仔
(4連産目)
フジキセキ ティンバーカントリー ★Caerleon ポッセ
13 オールザットジャズ
(2008.2.24)
[1-s]
2番仔
(2連産目)
★タニノギムレット サンデーサイレンス Danzig Speak John
14 ダンシングレイン
(2008.4.24)
[1-t]
7番仔
(7連産目)
Danehill Dancer Indian Ridge Alleged ◆Northern Dancer
15 エリンコート
(2008.3.10)
[1-l]
7番仔
(2連産目)
デュランダル Bluebird Irish River ダンサーズイメージ
16 グルヴェイグ
(2008.5.11)
[8-f]
9番仔
(9連産目)
ディープインパクト トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
17 レディアルバローザ
(2007.4.21)
[12-d]
初仔 キングカメハメハ Tejano Run Lord Gaylord Sauce Boat
18 スノーフェアリー
(2007.2.12)
[1-k]
初仔 Intikhab Charnwood Forest Marju Persian Bold

百花繚乱の様相を呈する第36回エリザベス女王杯。今年も18頭のイイ女が揃いました。

  1. スノーフェアリー
  2. ダンシングレイン
  3. イタリアンレッド
  4. アヴェンチュラ
  5. ホエールキャプチャ
  6. エリンコート
  7. レディアルバローザ

上位3頭は母父に非Eclipse(1764.4.1)系を持つ3頭としました。本命はライアン・ムーア騎手騎乗時には4戦4勝の防衛王者、スノーフェアリー。対抗と単穴に「母父Indian Ridge」の2頭、ダンシングレインとイタリアンレッド。4番手は秋華賞(GI)馬アヴェンチュラとして、5、6番手はエリザベス女王にちなんだ馬を。ホエールキャプチャは曾祖母タレンティドガール(1984.4.27)がエリザベス女王杯の勝ち馬、エリンコートはエリザベス女王が今年初めてアイルランドに出向かれたということで(^_^;)。最後は、隠れ武豊原理主義者ゆえに、非SS+母の初仔というレディアルバローザを。そんな訳で、アパパネとレーヴディソールは、来たらゴメンナサイで。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の参)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の四)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53220543

この記事へのトラックバック一覧です: 第36回エリザベス女王杯(GI)の出走予定馬について。:

« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の参)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の四)。 »