« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の壱)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の弐)。 »

2011年11月 8日 (火)

第36回エリザベス女王杯(GI)に出走予定の外国馬を確認(其の壱)。

ダンシングレイン 牝 栗毛 2008.4.24生 愛国・スウェッテナムスタッド生産 馬主・L.テイラー氏ほか 英国・W.ハガス厩舎

ダンシングレイン(2008.4.24)の4代血統表
Danehill Dancer
鹿毛 1993.1.30
種付け時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Mira Adonde
黒鹿毛 1986.4.19
★Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Lettre d'Amour
黒鹿毛 1979.4.23
Caro 1967.4.11
Lianga 1971
Rain Flower
栗毛 1997.5.11
仔受胎時活性値:0.50
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.75
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
▲Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Hillbrow
栗毛 1975
Swing Easy 1968
Golden City 1970
Rose of Jericho
鹿毛 1984.3.14
仔受胎時活性値:1.00
Alleged
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:0.25
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Rose Red
栗毛 1979.4.28
仔受胎時活性値:1.00
Northern Dancer
鹿毛 1961
種付け時活性値:0.25
Cambrienne
鹿毛 1969.2.28
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Natalma(♀)5・5×5>

ダンシングレイン(2008.4.24)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Danehill Dancer
(Danzig系)
Indian Ridge
(Ahonoora系)
Alleged
(Ribot系)
◆Northern Dancer
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Danehill Dancer
(Razyana)
2.75 伯父ドクターデヴィアス
(No.1-T)
7番仔
(7連産目)

*

以下にダンシングレインのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Rose Red 1979.4.28 愛1勝
|Rose of Jericho 1984.3.14 不出走
||Archway 1988.2.23 愛英仏3勝 グリーンランズS(愛GIII)ほか
||ドクターデヴィアス 1989.3.10 英愛仏米6勝 英ダービー(GI) 愛チャンピオンS(GI) デューハーストS(英GI)ほか
||シンコウキング 1991.4.24 中央香港8勝 高松宮杯(現高松宮記念、GI) 富士S(当時OP) クリスマスS(OP)
||ローズオブスズカ 1992.4.18 不出走
|||スズカフェニックス 2002.3.29 中央8勝 高松宮記念 阪神C(GII) 東京新聞杯(GIII)ほか
||Royal Court 1993.4.12 英3勝 オーモンドS(GIII)ほか
||Rain Flower 1997.5.11 不出走
|||ダンシングレイン 2008.4.24 (本馬) 英オークス(GI) 独オークス(GI) ブリティッシュチャンピオンズフィリーズ&メアズS(英GII)

伯父や伯母、従兄にカタカナ馬が見えるように、日本に縁のある牝系です。近親を思えば、日本の芝をこなしても全くおかしくないですね。

*

えー、春に書いた記事をそのまま活かす、つまりは焼き直しというパターンでして(^_^;)

そんな訳で、ダンシングレインが勝利を収めた重賞3レースの動画をどうぞ。

  

  

ダンシングレイン、血統構成や牝系や勝ってきたレースを見ると、好勝負してくれそうな感じが致します。エプソム12F10ヤードでは伯父に続いて英クラシック勝ち、右回りの芝2200mのディアナ賞こと独オークスは重馬場で58kgを背負っての勝利、そして前走のアスコット12Fでは2分27秒2の好時計勝ち。芝の晴雨兼用馬、日本の軽い芝でピューッと先行して、そのまま我慢しそうな予感。やはり怖い1頭ですね。

という訳で、また明後日は、ディフェンディングチャンピオンであるスノーフェアリー(2007.2.12)を確認してみようと思います。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の壱)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の弐)。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53195454

この記事へのトラックバック一覧です: 第36回エリザベス女王杯(GI)に出走予定の外国馬を確認(其の壱)。:

« ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の壱)。 | トップページ | ジャパンカップ(GI)の30年を辿る(其の弐)。 »