« 第31回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 »

2011年11月27日 (日)

第31回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スペシャルウィーク
(Halo系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Lord Gayle
(Sir Gaylord系)
Luciano
(Owen Tudor系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caerleon 4.00 母が阪神3歳牝馬Sの勝ち馬
(No.16-c)
6番仔
(3連産目)

*

では、以下にブエナビスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、JRA重賞の「Jpn」は「G」にしています。

アグサン 1985.3.23 英0勝
|ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
|ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)含む重賞3勝
||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(GI)2着
||アドマイヤオーラ 2004.2.19 中央4勝 京都記念(GII) 弥生賞(GII) シンザン記念(GIII) 日本ダービー(GI)3着
||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) ジャパンカップ(GI) 天皇賞・秋(GI) オークス(GI) 桜花賞(GI) ヴィクトリアマイル(GI) 阪神JF 京都記念 チューリップ賞(GIII)
||トーセンレーヴ 2008.3.21 現役 アイルランドT(OP) プリンシパルS(OP) 青葉賞(GII)3着 毎日杯(GIII)3着

*

第31回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 ブエナビスタ 牝5 55 岩田康誠 2:24.2    33.9 464
[+2]
松田博資 2
2 16 トーセンジョーダン 牡5 57 C.ウィリアムズ 2:24.2 クビ 34.3 478
[0]
池江泰寿 6
3 1 ジャガーメイル 牡7 57 四位洋文 2:24.5 1 3/4 34.0 484
[-6]
堀宣行 14
4 5 トレイルブレイザー 牡4 57 武豊 2:24.6 1/2 34.6 488
[-2]
池江泰寿 11
5 12 ウインバリアシオン 牡3 55 安藤勝己 2:24.7 3/4 35.0 512
[-4]
松永昌博 7

父と同じように「凱旋門賞馬が1番人気、自身が2番人気」で挑んだジャパンカップ。見事に昨年の忘れ物を取り戻しました、ブエナビスタ。久しぶりに見えた勝利の絶景。ゴールで待っていたのは、今度こその、史上2組目の「ジャパンカップ父仔制覇」。女王、衰えるところ微塵もなし。ただただ、お見事でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「ブエナビスタ!!」と叫び拍手をするオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第31回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53348388

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回ジャパンカップ(GI)の勝ち馬。:

« 第31回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 第12回ジャパンカップダート(GI)の出走予定馬について。 »