« 第72回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2011年版)-其の弐-。 »

2011年10月23日 (日)

第72回菊花賞(GI)の勝ち馬。

オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

オルフェーヴル(2008.5.14)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト
栗毛 1971
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961
Lady Victoria 1962
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

オルフェーヴル(2008.5.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Djebel系)
◆ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Lt.Stevens
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lt.Stevens
(エレクトロアート)
5.00 or 3.00 全兄ドリームジャーニー
(No.8-C)
5番仔
(5連産目)

*

以下にオルフェーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 中央9勝 有馬記念(GI) 宝塚記念(GI) 朝日杯FS(現GI)含む重賞7勝
|||オルフェーヴル 2008.5.14 (本馬) 日本ダービー(GI) 菊花賞(GI) 皐月賞(GI) 神戸新聞杯(GII) スプリングS(GII)

シュペルノーヴァの甥っ仔たちがこんなに強いなんて。現時点で兄弟でGI6勝。尊ぶべきは賢母オリエンタルアート。

*

第72回菊花賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 オルフェーヴル 牡3 57 池添謙一 3:02.8    34.6 466
[+6]
池江泰寿 1
2 13 ウインバリアシオン 牡3 57 安藤勝己 3:03.2 2 1/2 34.3 516
[+2]
松永昌博 2
3 1 トーセンラー 牡3 57 蛯名正義 3:03.5 1 3/4 35.2 436
[+8]
藤原英昭 3
4 12 ハーバーコマンド 牡3 57 木村健 3:03.6 クビ 35.5 466
[-10]
加用正 14
5 11 サダムパテック 牡3 57 岩田康誠 3:03.8 1 1/2 35.9 502
[-4]
西園正都 7

JRA史上7頭目の牡馬3冠、成る。最後の直線、抜け出した時には、「お見事」と繰り返すしかありませんでした。金色の3冠馬オルフェーヴルと池添謙一騎手。文句なし。

3冠達成に湧く中、勝ち時計が如何ほどのものか思っていたところ、アナウンサーが伝えてくれた「3分2秒8」。3歳馬だけの菊花賞らしく出入りの激しい展開で、5ハロンずつのラップが60秒6、62秒1、60秒1。底力勝負の競馬で、決勝点手前で「おいでおいで」と流していても、菊花賞レコードまで0秒1差の史上2位の好時計。恐るべしは、オルフェーヴル。ゴール後、向こう流しでジョッキーを振り落としたのは、ご愛嬌。馬が若い。

そんな若さが残る中での3冠達成。それは「オルフェーヴルにはまだまだ伸び代がある」ということの証左なのかも知れません。皐月賞では「苦手なのでは?」と思われた左回りニモマケズ、日本ダービーでは降りしきる雨と不良馬場ニモマケズ、そして菊花賞では自身の折り合いにも時計勝負ニモマケズ。難題をことごとく跳ね返したオルフェーヴル。ただただ、素晴らしい。

また、「父ステイゴールド×母父メジロマックイーン」という池江厩舎ゆかりの血統で達成したということも、ファンの琴線に触れたのではないでしょうか。走っている姿を知っている馬の仔、孫が3冠馬に成ったということ。競馬が点から線へとなった時。そんな時、競馬者は優しくなれるものです。目を閉じれば、気難しい小柄の黒鹿毛の天皇賞・春(GI)2着や日経新春杯(GII)で58.5kgのトップハンデに負けなかった姿が、白さの増した大柄の芦毛が淀芝2400mを2分22秒7で悠然と駆けた姿が、まぶたの裏に蘇ります。

2011年10月23日日曜日は、忘れられない日となりました。有り難うございました。社台コーポレーション白老ファーム、サンデーレーシング、池江泰寿厩舎、池添謙一騎手、そしてオルフェーヴル。皆さん、本当におめでとうございました。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「見事」と「お見事」を繰り返すだけの語彙の少ないオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第72回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2011年版)-其の弐-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

小生◎ベルシャザールでしたが、真っ向勝負で玉砕しました。後藤騎手らしい騎乗でしたが、一方で今後にダメージが残らないか心配です。
スリーロールスが勝っているように、父がSSかどうか、というのは、3歳秋の時点でもまだ相対的なんだろうなぁ、と思っていましたが、それにしても強かったですね。
次はJCでしょうか。これからがオルフェーブルにとっては正念場だと思います。

投稿: ゴリ | 2011年10月23日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/53064521

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回菊花賞(GI)の勝ち馬。:

« 第72回菊花賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2011年版)-其の弐-。 »