« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の勝ち馬。 »

2011年6月23日 (木)

第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について。

第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ナムラクレセント
(2005.4.22)
[16-A スワンズウッドグロ-ヴ系]
12番仔
(10連産目)
ヤマニンセラフィム サクラショウリ ダンディルート ★フィダルゴ
2 アーネストリー
(2005.5.17)
[3-N]
4番仔
(3連産目)
グラスワンダー トニービン ノーザンテースト ★エルセンタウロ
3 ルーラーシップ
(2007.5.15)
[8-F パロクサイド系]
8番仔
(8連産目)
キングカメハメハ トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
4 エイシンフラッシュ
(2007.3.27)
[8-A]
3番仔
(3連産目)
King's Best プラティニ Sure Blade Konigsstuhl
5 フォゲッタブル
(2006.4.3)
[8-F パロクサイド系]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク トニービン ★ノーザンテースト ガーサント
6 アサクサキングス
(2004.3.23)
[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
7 ハートビートソング
(2007.4.17)
[4-G]
4番仔
(3連産目)
ゼンノロブロイ トニービン Conquistador Cielo Halo
8 ブエナビスタ
(2006.3.14)
[16-C]
6番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Caerleon Lord Gayle Luciano
9 ローズキングダム
(2007.5.10)
[1-W]
3番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Shirley Heights Lyphard
10 ドリームジャーニー
(2004.2.24)
[8-C]
初仔 ステイゴールド メジロマックイーン ◆ノーザンテースト Lt. Stevens
11 ダノンヨーヨー
(2006.4.7)
[18]
2番仔
(2連産目)
ダンスインザダーク フォーティナイナー Affirmed Never Bend
12 シンゲン
(2003.2.20)
[16-G]
初仔 ホワイトマズル サンデーサイレンス Raise a Native Vigors
13 トーセンジョーダン
(2006.2.4)
[9-A]
5番仔
(5連産目)
ジャングルポケット ノーザンテースト Crafty Prospector ★Secretariat
14 トゥザグローリー
(2007.2.16)
[9-F]
4番仔
(2連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス ◆Nureyev ★Sharpen Up
15 トレイルブレイザー
(2007.3.15)
[22-B]
7番仔
(4連産目)
ゼンノロブロイ フォーティナイナー Nijinsky Riverman
16 ビートブラック
(2007.5.23)
[22-A]
4番仔
(3連産目)
ミスキャスト ブライアンズタイム Rainbow Quest General Assembly

52回目の春のグランプリ、宝塚記念。初夏の仁川に16頭の精鋭が揃いました。しかし、池江泰寿厩舎、メイショウドトウ(1996.3.25)、いや怒涛の5頭出しですか(*^_^*)

今回はまったく難しく考えず、紅一点であるブエナビスタを争うSSフリーの牡馬と戦いと見ます。SSフリーの牡馬は内からアーネストリールーラーシップエイシンフラッシュトーセンジョーダンの4頭。4頭のうち、4代血統構成に非Phalaris(1913)系を組み込んでいるのは、ルーラーシップとエイシンフラッシュの2枠2頭。はは、非常に単純なボス牡馬候補の選出です(^^;)。気の早い話ですが、この2頭はいずれ種牡馬になった時に重宝されるでしょうね。

ルーラーシップか、エイシンフラッシュか。まま、今回は紅一点の母がビワハイジ(1993.3.7)ということで、「母仔2代の争い」に重きを置いて、エアグルーヴ(1993.4.6)の息子ルーラーシップを本命とします。ビワハイジとエアグルーヴ。1995年の阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)、1996年のチューリップ賞(GIII)でワンツーを決めた2頭。1勝1敗で終わった母どうしの勝負、仔の代では、果たして。

あとは、疑似SSフリー(=SSの0遺伝持ち)の牡馬であるビートブラック。彼は阪神芝[3-0-1-0]と密かにコースを得意としていますので、鞍上のユタカさん込みで一発を期待します。

という訳で、まとめると、◎ルーラーシップ、○エイシンフラッシュ、▲ブエナビスタ、△アーネストリー、×トーセンジョーダン、注ビートブラックとしておきます。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#追記。ビワハイジの仔とエアグルーヴの仔の争い。まさに忘れがちなフォゲッタブル。忘れている訳ではないのですが、ね(^^;)

|

« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の勝ち馬。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。府中市つのだです。オオハシさんの宝塚記念の見解、大変参考になります。ところで、今回出走馬中、勢いは一番といえるルーラーシップですが、勝利した金鯱賞のレース、不良馬場での超絶パフォーマンスだったことが引っかかっております。中島御大はタップダンスシチーのJC9馬身圧勝後の有馬凡走を不良馬場で好走したことが原因と結論づけていらっしゃったような・・・。オオハシさんのご意見はいかがでしょう?
・・・書き忘れてました。私の夢はエイシンです。

投稿: つのだ | 2011年6月24日 (金) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/52025540

この記事へのトラックバック一覧です: 第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について。:

« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の勝ち馬。 »